Menu Close

第6章 Fuse Console のセキュア化

スタンドアロンデプロイメントで Fuse コンテナーを保護するために、次のセキュリティ機能を実装する方法については、『Managing Fuse』を参照してください。

  • 必要なプロトコルとして HTTPS を設定
  • 公開鍵を使用して応答をセキュアにする
  • SSL/TLS セキュリティーを有効にする
  • ユーザーのアクセスを制御する

デフォルトでは、Fuse Console はリモートでアクセスできません。Fuse Console にリモートでアクセスする方法の詳細は、『Managing Fuse』の「Fuse Console のアンロック」を参照してください。