Menu Close

2.4. XML スキーマの単純型

概要

メッセージ部分が単純型になる場合は、その型定義を作成する必要はありません。ただし、コントラクトで定義されたインターフェースが使用する複合型は、単純型を使用して定義されます。

単純型の入力

XML スキーマの単純型は、主にコントラクトの types セクションで使用される element 要素に配置されます。これらの要素は、restriction 要素および extension 要素の base 属性でも使用されます。

単純型は、常に xsd プレフィックスを使用して入力されます。たとえば、要素が int 型であることを指定するには、例2.2「単純型での要素の定義」 に示されるように type 属性に xsd:int を入力します。

例2.2 単純型での要素の定義

<element name="simpleInt" type="xsd:int" />

サポートされる XSD 単純型

Apache CXF は、以下の XML スキーマの単純型をサポートします。

  • xsd:string
  • xsd:normalizedString
  • xsd:int
  • xsd:unsignedInt
  • xsd:long
  • xsd:unsignedLong
  • xsd:short
  • xsd:unsignedShort
  • xsd:float
  • xsd:double
  • xsd:boolean
  • xsd:byte
  • xsd:unsignedByte
  • xsd:integer
  • xsd:positiveInteger
  • xsd:negativeInteger
  • xsd:nonPositiveInteger
  • xsd:nonNegativeInteger
  • xsd:decimal
  • xsd:dateTime
  • xsd:time
  • xsd:date
  • xsd:QName
  • xsd:base64Binary
  • xsd:hexBinary
  • xsd:ID
  • xsd:token
  • xsd:language
  • xsd:Name
  • xsd:NCName
  • xsd:NMTOKEN
  • xsd:anySimpleType
  • xsd:anyURI
  • xsd:gYear
  • xsd:gMonth
  • xsd:gDay
  • xsd:gYearMonth
  • xsd:gMonthDay