Menu Close

1.2. WSDL 要素

WSDL ドキュメントは、以下の要素で構成されています。

  • definitions - WSDL ドキュメントのルート要素。この要素の属性は、WSDL ドキュメントの名前、ドキュメントのターゲット namespace、および WSDL ドキュメントで参照される namespace の短縮定義を指定します。
  • types - サービスで使用されるメッセージのビルディングブロックを形成するデータユニットの XML スキーマ定義。データ型の定義に関する情報は、2章論理データユニットの定義 を参照してください。
  • message - サービス操作の呼び出し中に交換されるメッセージの説明。これらの要素は、サービスを構成する操作の引数を定義します。メッセージの定義に関する詳細は、3章サービスで使用される論理メッセージの定義 を参照してください。
  • portType - サービスの論理インターフェースを記述する operation 要素のコレクション。ポート型の定義に関する詳細は、4章論理インターフェースの定義 を参照してください。
  • operation - サービスによって実行されるアクションの説明。操作は、操作が呼び出される際に 2 つのエンドポイント間で渡されるメッセージによって定義されます。操作の定義に関する情報は、「操作」 を参照してください。
  • binding - エンドポイントの具体的なデータ形式の仕様。binding 要素は、抽象メッセージがエンドポイントによって使用される具体的なデータフォーマットにマップされる方法を定義します。この要素は、パラメーター順序や戻り値などの詳細が指定される場所です。
  • service - 関連する port 要素のコレクション。これらの要素は、エンドポイント定義を整理するためのリポジトリーです。
  • port - バインディングおよび物理アドレスによって定義されるエンドポイント。これらの要素は、トランスポート詳細の定義と組み合わされた抽象定義をすべてまとめ、サービスが公開される物理エンドポイントを定義します。