Menu Close

2.3. コントラクトへのデータユニットの追加

概要

WSDL コントラクトの作成方法の選択に応じて、新しいデータ定義の作成には、さまざまな知識が必要です。Apache CXF GUI ツールは、XML スキーマを使用してデータ型を記述するための支援を提供します。他の XML エディターは異なるレベルのサポートを提供します。選択したエディターに関係なく、結果として生じるコントラクトの内容を把握しておくと良いでしょう。

手順

WSDL コントラクトで使用されるデータを定義するには、以下の手順を行います。

  1. コントラクトで説明しているインターフェースで使用されるすべてのデータユニットを決定します。
  2. コントラクトに types 要素を作成します。
  3. 例2.1「WSDL コントラクトのスキーマエントリー」 のように、type 要素の子として schema 要素を作成します。

    targetNamespace 属性は、新しいデータ型が定義される namespace を指定します。ベストプラクティスでは、ターゲット namespace へのアクセスを提供する namespace も定義します。残りのエントリーは変更しないでください。

    例2.1 WSDL コントラクトのスキーマエントリー

    <schema targetNamespace="http://schemas.iona.com/bank.idl"
            xmlns="http://www.w3.org/2001/XMLSchema"
            xmlns:xsd1="http://schemas.iona.com/bank.idl"
            xmlns:wsdl="http://schemas.xmlsoap.org/wsdl/">
  4. 要素のコレクションである複合型ごとに、complexType 要素を使用してデータ型を定義します。「データ構造の定義」 を参照してください。
  5. 配列ごとに、complexType 要素を使用してデータ型を定義します。「配列の定義」 を参照してください。
  6. 単純型から派生する複合型ごとに、simpleType 要素を使用してデータ型を定義します。「制限による型の定義」 を参照してください。
  7. 列挙型ごとに、simpleType 要素を使用してデータ型を定義します。「列挙型の定義」 を参照してください。
  8. 要素ごとに、element 要素を使用して定義します。「要素の定義」 を参照してください。