Menu Close

第48章 情報のコンシューマーへの返信

概要

RESTful リクエストでは、少なくとも HTTP 応答コードがコンシューマーに返される必要があります。多くの場合、プレーンな JAXB オブジェクトまたは GenericEntity オブジェクトを返すことで要求を満たすことができます。リソースメソッドが応答エンティティーと共に追加のメタデータを返す必要がある場合、JAX-RS リソースメソッドは必要な HTTP ヘッダーまたは他のメタデータを含む Response オブジェクトを返すことができます。

48.1. 戻り値の型

コンシューマーに返される情報は、リソースメソッドが返すオブジェクトの正確な型を決定します。これは明らかなように思えるかもしれませんが、Java の戻りオブジェクトとRESTful コンシューマに返されるものとの間のマッピングは、一対一ではありません。最低でも RESTful コンシューマーは、レスポンスエンティティーボディーに加えて有効な HTTP 戻りコードを返す必要があります。Java オブジェクト内に含まれるデータの応答エンティティーへのマッピングは、コンシューマーが受け入れられる MIME タイプによって影響されます。

Java オブジェクトから RESTful 応答メッセージへのマッピングに関連する問題に対応するために、リソースメソッドは 4 種類の Java コンストラクトを返すことができます。