Menu Close

54.5. リバースプロキシー経由での OpenAPI へのアクセス

リバースプロキシーを介して OpenAPI JSON ドキュメントまたは OpenAPI UI にアクセスする場合は、以下のオプションを設定します。

  • CXFServlet use-x-forwarded-headers init パラメーターを true に設定します。

    • Spring Boot で、パラメーター名に cxf.servlet.init を付けます。

      cxf.servlet.init.use-x-forwarded-headers=true
    • Karaf で、以下の行を installDir/etc/org.apache.cxf.osgi.cfg 設定ファイルに追加します。

      cxf.servlet.init.use-x-forwarded-headers=true

      注記: etc ディレクトリーに org.apache.cxf.osgi.cfg ファイルがない場合は、作成できます。

  • OpenApiFeature basePath オプションの値を指定し、OpenAPI が basePath 値をキャッシュしないようにする場合は、OpenApiFeature usePathBasedConfig オプションを TRUE に設定します。

    <bean class="org.apache.cxf.jaxrs.openapi.OpenApiFeature">
        <property name="usePathBasedConfig" value="TRUE" />
    </bean>