Menu Close

44.3. java2ws

概要

Java コードから WSDL ドキュメントを生成します。

概要

<plugin>
  <groupId>org.apache.cxf</groupId>
  <artifactId>cxf-java2ws-plugin</artifactId>
  <version>version</version>
  <executions>
    <execution>
      <id>process-classes</id>
      <phase>process-classes</phase>
      <configuration>
        <className>className</className>
        <option>...</option>
         ...
      </configuration>
      <goals>
        <goal>java2ws</goal>
      </goals>
    </execution>
  </executions>
</plugin>

説明

java2ws タスクはサービスエンドポイント実装 (SEI) を受け取り、Web サービスの実装に使用されるサポートファイルを生成します。以下を生成することができます。

  • WSDL ドキュメント
  • サービスを POJO としてデプロイするのに必要なサーバーコード
  • サービスにアクセスするためのクライアントコード
  • ラッパーおよび障害 Bean

必要な設定

プラグインに className 設定要素が存在する必要があります。要素の値は、処理する SEI の完全修飾名です。

任意設定

以下の表に記載されている設定要素を使用して、WSDL の生成を微調整できます。

要素説明

frontend

SEI の処理およびサポートクラスの生成に使用するフロントエンドを指定します。jaxws がデフォルトです。simple もサポートされています。

databinding

SEI の処理およびサポートクラスの生成に使用するデータバインディングを指定します。JAX-WS フロントエンドを使用する場合のデフォルトは jaxb です。単純なフロントエンドを使用する場合のデフォルトは aegis です。

genWsdl

true に設定した場合、WSDL ドキュメントを生成するようツールに指示します。

genWrapperbean

true に設定した場合、ラッパー Bean および障害 Bean を生成するようツールに指示します。

genClient

true に設定した場合、クライアントコードを生成するようツールに指示します。

genServer

true に設定した場合、サーバーコードを生成するようツールに指示します。

outputFile

生成された WSDL ファイルの名前を指定します。

classpath

SEI の処理時に検索されるクラスパスを指定します。

soap12

true に設定した場合、生成される WSDL ドキュメントに SOAP 1.2 バインディングが含まれることを指定します。

targetNamespace

生成された WSDL ファイルで使用するターゲット namespace を指定します。

serviceName

生成された service 要素の name 属性の値を指定します。