Menu Close

第27章 トップダウンのサービス開発

概要

サービスプロバイダー開発のトップダウン手法では、サービスプロバイダーが実装する操作およびメソッドを定義する WSDL ドキュメントから作業を始めます。WSDL ドキュメントを使用して、サービスプロバイダーの開始点コードを生成します。生成されたコードへのビジネスロジックの追加は、通常の Java プログラミング API を使用して行われます。

27.1. JAX-WS サービスプロバイダー開発の概要

WSDL ドキュメントを作成したら、JAX-WS サービスプロバイダーを開発するプロセスは以下のようになります。

  1. 開始点コードの「開始点コードの生成」を行う。
  2. サービスプロバイダーの操作を 実装する
  3. 実装されたサービスの「31章サービスの公開」を行う。