Menu Close

第24章 ボトムアップのサービス開発

概要

サービス指向アプリケーションの一部として公開する機能セットを既に実装している Java コードが存在するインスタンスが多数あります。また、インターフェースを定義するのに WSDL を使用するのを避けたい場合もあります。JAX-WS アノテーションを使用して、Java クラスを有効にするのに必要な情報を追加できます。WSDL コントラクトの代わりに使用できる サービスエンドポイントインターフェース (SEI) を作成することもできます。WSDL コントラクトが必要な場合は、Apache CXF はアノテーション付き Java コードからコントラクトを生成するツールを提供します。

24.1. JAX-WS サービス開発の概要

Java からサービスを作成するには、次の操作を行う必要があります。

  1. サービスとして公開するメソッドを定義するサービスエンドポイントインターフェース (SEI) の「SEI の作成」を行う。

    注記

    Java クラスから直接作業できますが、インターフェイスからの作業が推奨される方法です。インターフェースは、サービスを使用するアプリケーションの開発を担当する開発者との共有に適しています。このインターフェースのサイズは小さく、サービスの実装情報は提供されません。

  2. コードに必要なアノテーションの「コードのアノテーション」を行う。
  3. サービスの WSDL コントラクトの「WSDL の生成」を行う。

    注記

    サービスのコントラクトとして SEI を使用する予定がある場合は、WSDL コントラクトを生成する必要はありません。

  4. サービスプロバイダーとしてサービスの「31章サービスの公開」を行う。