Menu Close

43.2. 論理ハンドラーの実装

概要

論理ハンドラーは javax.xml.ws.handler.LogicalHandler インターフェースを実装します。例43.1「LogicalHandler の概要」に示した LogicalHandler インターフェースは、LogicalMessageContext オブジェクトを handleMessage() メソッドと handleFault() メソッドに渡します。コンテキストオブジェクトは、メッセージの ボディー およびメッセージ変換のコンテキストに設定された任意のプロパティーへのアクセスを提供します。

例43.1 LogicalHandler の概要

public interface LogicalHandler extends Handler
{
  boolean handleMessage(LogicalMessageContext context);
  boolean handleFault(LogicalMessageContext context);
  void close(LogicalMessageContext context);
}

手順

論理ハンドラーを実装するには、以下を行います。

  1. ハンドラーで必要な「ハンドラーの初期化」ロジックを実装します。
  2. 「論理ハンドラーでのメッセージの処理」ロジックを実装します。
  3. 「障害メッセージの処理」ロジックを実装します。
  4. 終了時にハンドラーの「ハンドラーの終了」を行うロジックを実装します。
  5. 破棄される前にハンドラーのリソースの「ハンドラーのリリース」を行うロジックを実装します。