Menu Close

43.6. ハンドラーの初期化

概要

ランタイムがハンドラーのインスタンスを作成すると、ハンドラーがメッセージを処理するのに必要とするすべてのリソースを作成します。これを実行するすべてのロジックをハンドラーのコンストラクターに配置できますが、最も適切な場所ではない場合があります。ハンドラーフレームワークは、ハンドラーをインスタンス化する時に、多くの任意のステップを実行します。任意のステップで実行される、リソースの注入やその他の初期化ロジックを追加できます。

ハンドラーの初期化メソッドを指定する必要はありません。

初期化の順序

Apache CXF ランタイムは、以下のようにハンドラーを初期化します。

  1. ハンドラーのコンストラクターが呼び出されれる。
  2. @Resource アノテーションで指定されたリソースが注入される。
  3. @PostConstruct アノテーションが付けられたメソッドあれば、そのメソッドが呼び出される。

    注記

    @PostConstruct アノテーションが付けられたメソッドは、void の戻り値型を持ち、パラメーターを持ってはいけません。

  4. ハンドラーは Ready 状態に配置されます。