Menu Close

18.2.2. jaxrs:client 属性

属性

表18.3「JAX-RS クライアントエンドポイント属性」jaxrs:client 要素で利用可能な属性をまとめます。

表18.3 JAX-RS クライアントエンドポイント属性

属性説明

address

コンシューマーがリクエストを行うエンドポイントの HTTP アドレスを指定します。この値は、コントラクトで設定された値をオーバーライドします。

bindingId

コンシューマーが使用するメッセージバインディングの ID を指定します。有効なバインディング ID のリストは、「23章Apache CXF バインディング ID」で提供されます。

bus

エンドポイントを管理するバスを設定する Spring Bean の ID を指定します。

inheritHeaders

サブリソースプロキシーがこのプロキシーから作成される場合に、このプロキシーに設定されたヘッダーが継承されるかどうかを指定します。デフォルトは false です。

username

単純なユーザー名/パスワード認証に使用されるユーザー名を指定します。

password

単純なユーザー名/パスワード認証に使用されるパスワードを指定します。

modelRef

モデルスキーマをクラスパスリソースとして指定します (例: classpath:/path/to/model.xml 形式の URL)。JAX-RS モデルスキーマの定義方法に関する詳細は、「モデルスキーマを使用した REST サービスの定義」を参照してください。

serviceClass

サービスインターフェースまたはリソースクラス ( @PATH によりアノテーションが付けられる) の名前を指定し、JAX-RS サーバー実装から再利用します。この場合、指定されたクラスは直接 呼び出されません (実際にはサーバークラスです)。指定のクラスは、クライアントプロキシーを動的に構築するために使用されるメタデータにのみ使用されます (Java リフレクションおよび JAX-RS アノテーションを使用して)。

serviceName

JMS トランスポートが使用される特別なケースの JAX-RS エンドポイントのサービス QName を指定します (ns:name の形式を使用)。詳細は、「JMS トランスポートの使用」を参照してください。

threadSafe

クライアントプロキシーがスレッドセーフかどうかを指定します。デフォルトは false です。

transportId

(HTTP の代わりに) 非標準のトランスポート層を選択します。特に、このプロパティーを http://cxf.apache.org/transports/jms に設定すると、JMS トランスポートを選択できます。詳細は、「JMS トランスポートの使用」を参照してください。

abstract

(Spring のみ) Bean が抽象 Bean であるかどうかを指定します。抽象 Bean は具体 Bean 定義の親として機能し、インスタンス化されません。デフォルトは false です。これを true に設定すると、Bean ファクトリーが Bean をインスタンス化しないように指示します。

depends-on

(Spring のみ) インスタンス化する前に、エンドポイントがインスタンス化されることに依存する Bean のリストを指定します。