Menu Close

48.5.3. 切断されたコネクションの処理

概要

クライアントコネクションが失われた場合に対処するために、コールバックを追加することができます。

ConnectionCallback インターフェース

切断されたコネクションのコールバックを追加するには、以下のように javax.ws.rs.container.ConnectionCallback インターフェースを実装する必要があります。

// Java
package javax.ws.rs.container;

public interface ConnectionCallback {
    public void onDisconnect(AsyncResponse disconnected);
}

コネクションコールバックの登録

接続コールバックを実装したら、registerメソッドの 1 つを呼び出して、現在の AsyncResponse オブジェクトに登録する必要があります。たとえば、型 MyConnectionCallback の接続コールバックを登録するには、次のコマンドを実行します。

asyncResponse.register(new MyConnectionCallback());

コネクションコールバックの一般的なシナリオ

通常、接続コールバックを実装する主な理由は、切断されたクライアントコネクション (解放が必要なリソースを識別するためのキーとして AsyncResponse インスタンスを使える) に関連付けられたリソースを解放することです。