Menu Close

12.2.3. WSDL の使用

namespace

HTTP コンシューマーエンドポイントの設定に使用される WSDL エクステンション要素は namespace http://cxf.apache.org/transports/http/configuration で定義されます。通常、プレフィックス http-conf を使用して参照されます。HTTP 設定要素を使用するには、例12.7「HTTP コンシューマー WSDL 要素の namespace」 にある行をエンドポイントの WSDL ドキュメントの definitions 要素に追加する必要があります。

例12.7 HTTP コンシューマー WSDL 要素の namespace

<definitions ...
       xmlns:http-conf="http://cxf.apache.org/transports/http/configuration"

Undertow ランタイムまたは Netty ランタイム

http-conf namespace の要素を使用して、Undertow ランタイムまたは Netty ランタイムを設定できます。

client 要素

http-conf:client 要素は、WSDL ドキュメントで HTTP コンシューマーのコネクションプロパティーを指定するために使用されます。http-conf:client 要素は WSDL port 要素の子です。設定ファイルで使用される client 要素と同じ属性があります。属性は 表12.2「HTTP コンシューマー設定属性」 に記載されています。

例12.8「HTTP コンシューマーエンドポイントを設定する WSDL」 は、HTTP コンシューマーエンドポイントがキャッシュと対話しないよう指定する WSDL フラグメントを示しています。

例12.8 HTTP コンシューマーエンドポイントを設定する WSDL

<service ... >
  <port ... >
    <soap:address ... />
    <http-conf:client CacheControl="no-cache" />
  </port>
</service>