Menu Close

第57章 インターセプターが呼び出されるタイミングの判別

概要

インターセプターはフェーズに編成されます。インターセプターが実行されるフェーズによって、メッセージデータのどの部分にアクセスできるかが決まります。インターセプターは、同じフェーズで他のインターセプターとの関係でその場所を決定できます。インターセプターフェーズとそのフェーズ内の場所は、インターセプターのコンストラクターロジックの一部として設定されます。

57.1. インターセプターの場所の指定

カスタムインターセプターを開発する場合、最初に考慮すべきことは、メッセージ処理チェーンのインターセプターが属する場所です。開発者は、以下の 2 つの方法の 1 つでメッセージ処理チェーンのインターセプターの位置を制御できます。

  • インターセプターフェーズの指定
  • フェーズ内のインターセプターの場所に対する制約の指定

通常、インターセプターの場所を指定するコードはインターセプターのコンストラクターに置かれます。これにより、ランタイムがインターセプターをインスタンス化し、アプリケーションレベルのコードで明示的なアクションを行わずに、インターセプターチェーンの適切な場所に配置することができます。