Menu Close

第58章 インターセプター処理ロジックの実装

概要

インターセプターは実装が簡単です。処理ロジックの大部分は handleMessage() メソッドにあります。このメソッドは、必要に応じてメッセージデータを受け取り、操作します。開発者は、障害処理のケースを処理するために特別なロジックを追加することもできます。

58.1. インターセプターフロー

図58.1「インターセプター経由のフロー」 は、インターセプターを経由するプロセスフローを示しています。

図58.1 インターセプター経由のフロー

interceptor1

通常のメッセージ処理では、handleMessage() メソッドのみが呼び出されます。handleMessage() メソッドは、インターセプターのメッセージ処理ロジックを配置する場所です。

インターセプターまたはインターセプターチェーン内の後続のインターセプターの handleMessage() メソッドでエラーが発生した場合、handleFault() メソッドが呼び出されます。handleFault() メソッドは、エラーが発生した際にインターセプターの後にクリーンアップする場合に便利です。障害メッセージの変更にも使用できます。