Menu Close

20.2. WS-Addressing インターセプター

概要

Apache CXF では、WS-Addressing 機能はインターセプターとして実装されます。Apache CXF ランタイムは、インターセプターを使用して送受信されている未処理のメッセージをインターセプトして処理します。トランスポートがメッセージを受信すると、メッセージオブジェクトを作成し、インターセプターチェーンを介してそのメッセージを送信します。WS-Addressing インターセプターがアプリケーションのインターセプターチェーンに追加されると、メッセージに含まれるすべての WS-Addressing 情報が処理されます。

WS-Addressing インターセプター

WS-Addressing の実装は、表20.1「WS-Addressing インターセプター」で説明するように、2 つのインターセプターで構成されます。

表20.1 WS-Addressing インターセプター

インターセプター説明

org.apache.cxf.ws.addressing.MAPAggregator

送信メッセージのメッセージアドレッシングプロパティー (MAP) を集約する論理インターセプター。

org.apache.cxf.ws.addressing.soap.MAPCodec

メッセージアドレッシングプロパティー (MAP) を SOAP ヘッダーとしてエンコードおよびデコードする、プロトコル固有のインターセプター。