Menu Close

21.5. WS-RM の設定

21.5.1. Apache CXF 固有の WS-RM 属性の設定

概要

Apache CXF 固有の属性を設定するには、rmManager Spring Bean を使用します。以下の項目を設定ファイルに追加します。

例21.4「Apache CXF 固有の WS-RM 属性の設定」は、簡単な例を示しています。

例21.4 Apache CXF 固有の WS-RM 属性の設定

<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xmlns:wsrm-mgr="http://cxf.apache.org/ws/rm/manager"
      xsi:schemaLocation="http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd
 http://cxf.apache.org/ws/rm/manager http://cxf.apache.org/schemas/configuration/wsrm-manager.xsd">
...
<wsrm-mgr:rmManager>
<!--
  ...Your configuration goes here
-->
</wsrm-mgr:rmManager>

rmManager Spring Bean の子

表21.2「rmManager Spring Bean の子」に、http://cxf.apache.org/ws/rm/manager namespace で定義された rmManager Spring Bean の子要素を示します。

表21.2 rmManager Spring Bean の子

要素説明

RMAssertion

RMAssertion の要素

deliveryAssurance

適用する配信保証を記述する型 DeliveryAssuranceType の要素

sourcePolicy

RM ソースの詳細を設定できる型 SourcePolicyType の要素

destinationPolicy

RM 宛先の詳細を設定できる型 DestinationPolicyType の要素

例については、「未確認メッセージのしきい値の最大値」を参照してください。