Menu Close

20.3. WS-Addressing の有効化

概要

WS-Addressing を有効にするには、WS-Addressing インターセプタをインバウンドおよびアウトバウンドインターセプタチェーンに追加する必要があります。これは、以下のいずれかの方法で行います。

  • Apache CXF の機能
  • RMAssertion および WS-Policy フレームワーク
  • WS-Addressing 機能での Policy Assertion の使用

WS-Addressing の機能としての追加

WS-Addressing を有効にするには、それぞれ 例20.1「client.xml およびクライアント設定への WS-Addressing 機能の追加」および 例20.2「server.xml およびサーバー設定への WS-Addressing 機能の追加」に示すように、WS-Addressing 機能をクライアントおよびサーバー設定に追加します。

例20.1 client.xml およびクライアント設定への WS-Addressing 機能の追加

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xmlns:jaxws="http://cxf.apache.org/jaxws"
       xmlns:wsa="http://cxf.apache.org/ws/addressing"
       xsi:schemaLocation="
          http://www.springframework.org/schema/beans
          http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd
          http://cxf.apache.org/ws/addressing
          http://cxf.apache.org/schemas/ws-addr-conf.xsd">

    <jaxws:client ...>
        <jaxws:features>
            <wsa:addressing/>
        </jaxws:features>
    </jaxws:client>
</beans>

例20.2 server.xml およびサーバー設定への WS-Addressing 機能の追加

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xmlns:jaxws="http://cxf.apache.org/jaxws"
       xmlns:wsa="http://cxf.apache.org/ws/addressing"
       xsi:schemaLocation="
http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans.xsd">

    <jaxws:endpoint ...>
        <jaxws:features>
            <wsa:addressing/>
        </jaxws:features>
    </jaxws:endpoint>
</beans>