Menu Close

19.3. デフォルトのロギング設定ファイル

19.3.1. ロギング設定の概要

デフォルトのログ設定ファイル logging.properties は、InstallDir/etc ディレクトリーにあります。コンソールに WARNING レベルのメッセージを出力するように Apache CXF ロガーを設定します。このレベルのロギングがアプリケーションに適した場合は、使用する前にファイルに変更を加える必要はありません。ただし、ログメッセージの詳細レベルを変更することができます。たとえば、ログメッセージがコンソールまたはファイルのいずれかに送信されるか、または両方に送信されるかを変更できます。さらに、個々のパッケージレベルでロギングを指定できます。

注記

このセクションでは、デフォルトの logging.properties ファイルに表示される設定プロパティーについて説明します。ただし、設定できる java.util.logging 設定プロパティーは他にもたくさんあります。java.util.logging API についての詳細は、http://download.oracle.com/javase/1.5/docs/api/java/util/logging/package-summary.htmljava.util.logging javadoc を参照してください。