Menu Close

第19章 Apache CXF ロギング

概要

本章では、Apache CXF ランタイムでロギングを設定する方法を説明します。

19.1. Apache CXF ロギングの概要

概要

Apache CXF は Java ロギングユーティリティー java.util.logging を使用します。ロギングは、標準の java.util.Properties 形式を使用して記述されるロギング設定ファイルで設定されます。アプリケーションでロギングを実行するには、ロギングをプログラムで指定するか、アプリケーションの起動時にロギング設定ファイルをポイントするコマンドでプロパティーを定義します。

デフォルトのプロパティーファイル

Apache CXF には、InstallDir/etc ディレクトリーにデフォルトの logging.properties ファイルが含まれています。このファイルは、ログメッセージの出力先とパブリッシュされるメッセージレベルの両方を設定します。デフォルト設定では、ロガーは WARNING レベルのフラグが付いたメッセージをコンソールに出力するように設定されます。構成設定を変更せずにデフォルトのファイルを使用することも、特定のアプリケーションに合わせて構成設定を変更することもできます。

ロギング機能

Apache CXF には、クライアントまたはサービスにプラグインできるロギング機能が含まれ、ロギングを有効にすることができます。例19.1「ロギングを有効にする設定」に、ロギング機能を有効にする設定を示します。

例19.1 ロギングを有効にする設定

<jaxws:endpoint...>
  <jaxws:features>
    <bean class="org.apache.cxf.feature.LoggingFeature"/>
  </jaxws:features>
</jaxws:endpoint>

詳細は、「メッセージコンテンツのロギング」を参照してください。

まず始めに

単純なロギングの例を実行するには、「ロギング使用の単純な例」に記載の手順に従います。

Apache CXF でのロギングがどのように機能するかについての詳細は、本章全体を参照してください。

java.util.logging の詳細情報

java.util.logging ユーティリティーは、もっとも広く使用されている Java ロギングフレームワークの 1 つです。オンラインで、このフレームワークの使用方法や拡張方法を説明する情報が多くあります。ただし、手始めとしては、以下のドキュメントに java.util.logging の概要が説明されています。