Menu Close

19.4. コマンドラインでのロギングの有効化

概要

アプリケーションの起動時に java.util.logging.config.file プロパティーを定義することで、アプリケーションでロギングユーティリティーを実行できます。デフォルトの logging.properties ファイルまたは、そのアプリケーションに固有の logging.properties ファイルを指定することができます。

アプリケーションでのログ設定ファイルの指定

start-up

アプリケーションの起動時にロギングを指定するには、アプリケーションの起動時に 例19.8「コマンドラインでロギングを開始するフラグ」に示されるフラグを追加します。

例19.8 コマンドラインでロギングを開始するフラグ

-Djava.util.logging.config.file=myfile