Menu Close

第22章 高可用性の有効化

概要

本章では、Apache CXF ランタイムで高可用性を有効化および設定する方法を説明します。

22.1. 高可用性について

概要

拡張性が高く信頼性の高いアプリケーションでは、分散システムで単一障害点を避けるために高可用性が必要です。以下を使用して、システムを単一障害点から保護できます。 レプリケートされたサービス

レプリケートされたサービスは、同じサービスの複数のインスタンスまたは レプリカ で構成されています。これらは 1 つの論理サービスとして機能します。クライアントがレプリケートされたサービスでリクエストを呼び出すと、Apache CXF はリクエストをメンバーレプリカの 1 つに配信します。クライアントがレプリカへのルーティングを意識することはありません。

静的フェイルオーバーによる HA

Apache CXF は、サービス WSDL ファイルでレプリカの詳細がエンコードされる静的フェイルオーバーにより高可用性 (HA) をサポートします。WSDL ファイルには複数のポートが含まれ、同じサービスについて複数のホストを含めることができます。WSDL ファイルが変更されない限り、クラスター内のレプリカ数は一定のままです。クラスターサイズを変更するには、WSDL ファイルを編集する必要があります。