Menu Close

24.3.4.19. プロパティーの追加

@EndpointProperty アノテーション

@EndpointProperty アノテーションは、org.apache.cxf.annotations.EndpointProperty インターフェースによって定義されます。これは SEI に配置されます。

このアノテーションにより、Apache CXF 固有の設定がエンドポイントに追加されます。エンドポイントプロパティーは、Spring 設定ファイルでも指定できます。たとえば、エンドポイントに WS-Security を設定するには、以下のように Spring 設定ファイルの jaxws:properties 要素を使用してエンドポイントプロパティーを追加できます。

<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
   xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
   xmlns:jaxws="http://cxf.apache.org/jaxws"
   ... >

   <jaxws:endpoint
      id="MyService"
      address="https://localhost:9001/MyService"
      serviceName="interop:MyService"
      endpointName="interop:MyServiceEndpoint"
      implementor="com.foo.MyService">

      <jaxws:properties>
         <entry key="ws-security.callback-handler" value="interop.client.UTPasswordCallback"/>
         <entry key="ws-security.signature.properties" value="etc/keystore.properties"/>
         <entry key="ws-security.encryption.properties" value="etc/truststore.properties"/>
         <entry key="ws-security.encryption.username" value="useReqSigCert"/>
      </jaxws:properties>

   </jaxws:endpoint>
</beans>

あるいは、「@EndpointProperty アノテーションを使用した WS-Security の設定」に示すように、@EndpointProperty アノテーションを SEI に追加して、Java で前述の設定を指定できます。