Menu Close

Apache Karaf コンソールリファレンス

Red Hat Fuse 7.9

Apache Karaf シェルコマンドのリファレンス

概要

コンテナーを管理する主なインターフェースは、コマンドコンソールです。このリファレンスは、コマンド、構文、およびオプションを簡単に確認する方法を説明します。

多様性を受け入れるオープンソースの強化

Red Hat では、コード、ドキュメント、Web プロパティーにおける配慮に欠ける用語の置き換えに取り組んでいます。まずは、マスター (master)、スレーブ (slave)、ブラックリスト (blacklist)、ホワイトリスト (whitelist) の 4 つの用語の置き換えから始めます。この取り組みは膨大な作業を要するため、今後の複数のリリースで段階的に用語の置き換えを実施して参ります。詳細は、CTO である Chris Wright のメッセージ をご覧ください。

第1章 bundle

1.1. bundle:capabilities

1.1.1. 説明

指定のバンドルの OSGi 機能を表示します。

1.1.2. 構文

bundle:capabilities [options] [ids]

1.1.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--namespace

 

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.2. bundle:classes

1.2.1. 説明

バンドルに含まれるクラス/リソースのリストを表示します。

1.2.2. 構文

bundle:classes [options] [ids]

1.2.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-a, --display-all-files

バンドルのすべてのクラスおよびファイルをリストします。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.3. bundle:diag

1.3.1. 説明

バンドルが Active ではない理由の診断情報を表示します。

1.3.2. 構文

bundle:diag [options] [ids]

1.3.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.4. bundle:dynamic-import

1.4.1. 説明

特定のバンドルの動的インポートを有効/無効にします。

1.4.2. 構文

bundle:dynamic-import [options] id

1.4.3. 引数

名前説明

id

バンドル ID または名前または名前/バージョン

1.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.5. bundle:find-class

1.5.1. 説明

デプロイされたバンドルで指定のクラスを見つます。

1.5.2. 構文

bundle:find-class [options] className

1.5.3. 引数

名前説明

className

検出されるクラス名または部分的なクラス名。

1.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

1.6. bundle:headers

1.6.1. 説明

指定のバンドルの OSGi ヘッダーを表示します。

1.6.2. 構文

bundle:headers [options] [ids]

1.6.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-uses

Export-Package が使用するセクションを印刷するかどうか。

--indent

インデント方式

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.7. bundle:id

1.7.1. 説明

バンドル ID を取得します。

1.7.2. 構文

bundle:id [options] id

1.7.3. 引数

名前説明

id

バンドル ID または名前または名前/バージョン

1.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.8. bundle:info

1.8.1. 説明

指定のバンドルの詳細情報を表示します。

1.8.2. 構文

bundle:info [options] [ids]

1.8.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.9. bundle:install

1.9.1. 説明

1 つ以上のバンドルをインストールします。

1.9.2. 構文

bundle:install [options] urls

1.9.3. 引数

名前説明

urls

空白で区切られた URL をバンドルします。

1.9.4. オプション

名前説明

-l, --start-level

バンドルの開始レベルを設定します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--force, -f

コマンドの実行を強制します

--r3-bundles

OSGi R3 バンドルを許可します。

-s, --start

インストール後にバンドルを開始します

1.10. bundle:list

1.10.1. 説明

インストールされたバンドルをすべて一覧表示します。

1.10.2. 構文

bundle:list [options] [ids]

1.10.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.10.4. オプション

名前説明

-name, -n

バンドル名を表示します

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-u

更新場所を表示します。

-r

バンドルのリビジョンを表示します。

--no-ellipsis

 

-l

場所を表示します。

-s

シンボリック名を表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

-t

バンドルのしきい値を指定します。開始レベルがこの値よりも小さいバンドルは出力されません。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

1.11. bundle:load-test

1.11.1. 説明

テストバンドルのライフサイクルをロードします。

1.11.2. 構文

bundle:load-test [options]

1.11.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--refresh

バンドルの更新と再起動の割合。

--excludes

除外するバンドル (ids またはシンボリック名) の一覧

--iterations

スレッドごとの反復数

--delay

アクション間の最大遅延

--threads

同時スレッドの数

1.12. bundle:refresh

1.12.1. 説明

バンドルを更新します。

1.12.2. 構文

bundle:refresh [options] [ids]

1.12.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.12.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.13. bundle:requirements

1.13.1. 説明

指定のバンドルの OSGi 要件を表示します。

1.13.2. 構文

bundle:requirements [options] [ids]

1.13.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.13.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--namespace

 

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.14. bundle:resolve

1.14.1. 説明

バンドルを解決します。

1.14.2. 構文

bundle:resolve [options] [ids]

1.14.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.14.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.15. bundle:restart

1.15.1. 説明

バンドルを再起動します。

1.15.2. 構文

bundle:restart [options] [ids]

1.15.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.15.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.16. bundle:services

1.16.1. 説明

バンドルごとの OSGi サービスをリストします。

1.16.2. 構文

bundle:services [options] [ids]

1.16.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.16.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p

サービスのプロパティーを表示します。

-u

各バンドルが使用するサービスを表示します。(デフォルトでは、提供されるサービスが表示されます)

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

-a

すべてのサービスを表示します。(Karaf コマンドおよびコンプリーターはデフォルトで非表示)

1.17. bundle:start-level

1.17.1. 説明

バンドルの開始レベルを取得または設定します。

1.17.2. 構文

bundle:start-level [options] id [startLevel]

1.17.3. 引数

名前説明

id

バンドル ID または名前または名前/バージョン

startLevel

バンドルの新しい開始レベル

1.17.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.18. bundle:start

1.18.1. 説明

バンドルを開始します。

1.18.2. 構文

bundle:start [options] [ids]

1.18.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.18.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-t, --transient

バンドルを自動開始として保持します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.19. bundle:status

1.19.1. 説明

バンドルの現在の状態を取得します。

1.19.2. 構文

bundle:status [options] id

1.19.3. 引数

名前説明

id

バンドル ID または名前または名前/バージョン

1.19.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.20. bundle:stop

1.20.1. 説明

バンドルを停止します。

1.20.2. 構文

bundle:stop [options] [ids]

1.20.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.20.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-t, --transient

バンドルを自動開始として保持します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.21. bundle:tree-show

1.21.1. 説明

ワイヤリング情報に基づいてバンドルのツリーを表示します。

1.21.2. 構文

bundle:tree-show [options] id

1.21.3. 引数

名前説明

id

バンドル ID または名前または名前/バージョン

1.21.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --version

バンドルバージョンを表示します

--context

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.22. bundle:uninstall

1.22.1. 説明

バンドルをアンインストールします。

1.22.2. 構文

bundle:uninstall [options] [ids]

1.22.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドルのリスト(ID または名前または名前/バージョンで識別)

1.22.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context, -c

指定のバンドルコンテキストを使用します。

1.23. bundle:update

1.23.1. 説明

バンドルを更新します。

1.23.2. 構文

bundle:update [options] id [location]

1.23.3. 引数

名前説明

id

バンドル ID または名前または名前/バージョン

location

バンドル更新の場所

1.23.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--context

指定のバンドルコンテキストを使用します。

--raw

バンドルの Bundle-UpdateLocation マニフェストヘッダーを更新しません。

-r, --refresh

バンドルの更新後に更新を実行します。

1.24. bundle:watch

1.24.1. 説明

バンドルを監視および更新します。

1.24.2. 構文

bundle:watch [options] [urls]

1.24.3. 引数

名前説明

urls

バンドル ID または URL

1.24.4. オプション

名前説明

-i

監視間隔

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--stop

すべてのバンドルの監視を停止します。

--remove

ウォッチリストからバンドルを削除します。

--start

選択したバンドルの監視を開始します。

--list

ウォッチリストを表示します。

1.24.5. 詳細

スナップショット jar の変更と変更された jar の再デプロイに対して、ローカル maven リポジトリーを監視します。

第2章 camel

2.1. camel:component-list

2.1.1. 説明

Karaf で使用されるすべての Camel コンポーネントを一覧表示します。

2.1.2. 構文

camel:component-list [options] name

2.1.3. 引数

名前説明

name

コンポーネントを検索する Camel コンテキスト名。

2.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--verbose, -v

より多くの情報を示す詳細な出力。

2.2. camel:context-inflight

2.2.1. 説明

インフライトエクスチェンジをリストします。

2.2.2. 構文

camel:context-inflight [options] name [route]

2.2.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID

2.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--limit, -l

表示されるエクスチェンジの数を制限します。

--sort, -s

true = 最長行かんで並び替え、false = エクスチェンジ id で並び替え

2.3. camel:context-info

2.3.1. 説明

Camel コンテキストに関する詳細情報を表示します。

2.3.2. 構文

camel:context-info [options] name

2.3.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキストの名前

2.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--verbose, -v

詳細な出力

2.4. camel:context-list

2.4.1. 説明

Camel コンテキストすべてを一覧表示。

2.4.2. 構文

camel:context-list [options]

2.4.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.5. camel:context-resume

2.5.1. 説明

Camel コンテキストを再開します。

2.5.2. 構文

camel:context-resume [options] context

2.5.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキストの名前。

2.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.6. camel:context-start

2.6.1. 説明

Camel コンテキストを開始します。

2.6.2. 構文

camel:context-start [options] context

2.6.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキストの名前。

2.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.7. camel:context-stop

2.7.1. 説明

Camel コンテキストを停止します。使用できなくなり、再起動できなくなります。

2.7.2. 構文

camel:context-stop [options] context

2.7.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキストの名前。

2.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.8. camel:context-suspend

2.8.1. 説明

Camel コンテキストを一時停止します。

2.8.2. 構文

camel:context-suspend [options] context

2.8.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキストの名前。

2.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.9. camel:eip-explain

2.9.1. 説明

CamelContext で EIP を説明します。

2.9.2. 構文

camel:eip-explain [options] name nameOrId

2.9.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキストの名前

nameOrId

ルートからの特定のノードを参照する EIP またはノード ID の名前

2.9.4. オプション

名前説明

--verbose, -v

すべてのオプションを説明する詳細出力

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.10. camel:endpoint-explain

2.10.1. 説明

CamelContext で利用可能な Camel エンドポイントをすべて説明します。

2.10.2. 構文

camel:endpoint-explain [options] name

2.10.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキストの名前

2.10.4. オプション

名前説明

--verbose, -v

すべてのオプションを説明する詳細出力

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--filter, -f

パターンでエンドポイントを絞り込みます。

2.11. camel:endpoint-list

2.11.1. 説明

Camel エンドポイントをリストします。

2.11.2. 構文

camel:endpoint-list [options] [name]

2.11.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキストまたはワイルドカード式の名前

2.11.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--verbose, -v

表示される URI の長さを制限しない詳細出力、またはすべてのオプションの説明 (説明を選択した場合)

--explain, -e

エンドポイントオプションを説明するかどうか

--decode, -d

人間が判読できるようにエンドポイント URI をデコードするかどうか

2.12. camel:endpoint-stats

2.12.1. 説明

エンドポイントのランタイム統計を表示します。

2.12.2. 構文

camel:endpoint-stats [options] [name]

2.12.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキストの名前 (ワイルドカードがサポートされます)

2.12.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--filter, -f

in,out,static,dynamic でリストを絞り込みます。

--decode, -d

人間が判読できるようにエンドポイント URI をデコードするかどうか

2.13. camel:rest-api-doc

2.13.1. 説明

Camel REST サービス API ドキュメントを一覧表示します (クラスパスに camel-openapi-java が必要です)。

2.13.2. 構文

camel:rest-api-doc [options] name

2.13.3. 引数

名前説明

name

REST サービスを検索する Camel コンテキスト名

2.13.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.14. camel:rest-registry-list

2.14.1. 説明

CamelContext からの REST レジストリーに登録されているすべての Camel REST サービスをリストします。

2.14.2. 構文

camel:rest-registry-list [options] name

2.14.3. 引数

名前説明

name

REST サービスを検索する Camel コンテキスト名

2.14.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--verbose, -v

表示される uri の長さを制限しない詳細出力

--decode, -d

人間が判読できるようにエンドポイント URI をデコードするかどうか

2.15. camel:rest-show

2.15.1. 説明

Camel REST 定義を XML で表示します。

2.15.2. 構文

camel:rest-show [options] name

2.15.3. 引数

名前説明

name

Camel コンテキストの名前

2.15.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.16. camel:route-info

2.16.1. 説明

Camel ルートに関する情報を表示します。

2.16.2. 構文

camel:route-info [options] context route

2.16.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.16.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.17. camel:route-list

2.17.1. 説明

Camel ルートを一覧表示します。

2.17.2. 構文

camel:route-list [options] [name]

2.17.3. 引数

名前説明

name

ルートを検索する Camel コンテキスト名

2.17.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.18. camel:route-profile

2.18.1. 説明

Camel ルートに関するプロファイル情報を表示します。

2.18.2. 構文

camel:route-profile [options] context route

2.18.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.18.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.19. camel:route-reset-stats

2.19.1. 説明

CamelContext からのルートパフォーマンス統計をリセットします。

2.19.2. 構文

camel:route-reset-stats [options] context

2.19.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキストの名前。

2.19.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.20. camel:route-resume

2.20.1. 説明

Camel ルートを再開します。

2.20.2. 構文

camel:route-resume [options] context route

2.20.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.20.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.21. camel:route-show

2.21.1. 説明

XML で Camel ルート定義を表示します。

2.21.2. 構文

camel:route-show [options] context route

2.21.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.21.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.22. camel:route-start

2.22.1. 説明

Camel ルートを開始します。

2.22.2. 構文

camel:route-start [options] context route

2.22.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.22.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.23. camel:route-stop

2.23.1. 説明

Camel ルートを停止します。

2.23.2. 構文

camel:route-stop [options] context route

2.23.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.23.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

2.24. camel:route-suspend

2.24.1. 説明

Camel ルートを一時停止します。

2.24.2. 構文

camel:route-suspend [options] context route

2.24.3. 引数

名前説明

context

Camel コンテキスト名。

route

Camel ルート ID またはワイルドカード表現。

2.24.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第3章 config

3.1. config:cancel

3.1.1. 説明

編集する設定への変更をキャンセルします。

3.1.2. 構文

config:cancel [options]

3.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

3.2. config:delete

3.2.1. 説明

設定を削除します。

3.2.2. 構文

config:delete [options] pid

3.2.3. 引数

名前説明

pid

設定の PID

3.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--force

別の設定が編集中であっても、この設定の編集を強制します。

3.3. config:edit

3.3.1. 説明

設定を作成または編集します。

3.3.2. 構文

config:edit [options] pid

3.3.3. 引数

名前説明

pid

--factory が指定されている場合はファクトリーの PID です。PID は ldap クエリーとして指定できます。

3.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--alias

このファクトリー設定に使用されるエイリアスを指定します。

--factory

この設定をファクトリー設定として定義します。更新の呼び出し時に作成されます。

--force

別の設定が編集中であっても、この設定の編集を強制します。

3.3.5. 詳細

classpath:edit.txt

3.4. config:install

3.4.1. 説明

Karaf etc フォルダーに cfg ファイルをインストールします。

3.4.2. 構文

config:install [options] url finalname

3.4.3. 引数

名前説明

url

cfg ファイルの URL。

finalname

cfg ファイルの最終名

3.4.4. オプション

名前説明

-o, --override

ターゲット cfg ファイルを上書きします。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

3.5. config:list

3.5.1. 説明

既存の設定を一覧表示します。

3.5.2. 構文

config:list [options] [query]

3.5.3. 引数

名前説明

query

LDAP 構文のクエリー例: "(service.pid=org.apache.karaf.log)"

3.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

3.6. config:meta

3.6.1. 説明

メタタイプの情報を一覧表示します。

3.6.2. 構文

config:meta [options] pid

3.6.3. 引数

名前説明

pid

設定 pid

3.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-c

メタタイプのデフォルトからそれぞれの設定を作成します

3.7. config:property-append

3.7.1. 説明

指定された値を既存のプロパティーに追加するか、指定の名前と値でプロパティーを作成します。

3.7.2. 構文

config:property-append [options] name value

3.7.3. 引数

名前説明

name

プロパティの名前。

value

プロパティーに追加する値

3.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --pid

設定 pid

3.8. config:property-delete

3.8.1. 説明

編集する設定からプロパティーを削除します。

3.8.2. 構文

config:property-delete [options] property

3.8.3. 引数

名前説明

property

削除するプロパティーの名前

3.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --pid

設定 pid

3.9. config:property-get

3.9.1. 説明

現在編集されている設定のプロパティーの値を取得します。

3.9.2. 構文

config:property-get [options] property

3.9.3. 引数

名前説明

property

値を取得するプロパティーの名前

3.9.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--raw

 

-p, --pid

設定 pid

3.10. config:property-list

3.10.1. 説明

現在編集中の設定のプロパティーを一覧表示します。

3.10.2. 構文

config:property-list [options]

3.10.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--raw

 

-p, --pid

設定 pid

3.11. config:property-set

3.11.1. 説明

現在編集中の設定のプロパティーを設定します。

3.11.2. 構文

config:property-set [options] property value

3.11.3. 引数

名前説明

property

設定するプロパティーの名前。

value

プロパティーの値

3.11.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --pid

設定 pid

3.12. config:update

3.12.1. 説明

編集している設定から変更を保存し、伝達します。

3.12.2. 構文

config:update [options]

3.12.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第4章 cxf

4.1. cxf:list-busses

4.1.1. 説明

すべての CXF バスを一覧表示します。

4.1.2. 構文

cxf:list-busses [options]

4.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

4.2. cxf:list-endpoints

4.2.1. 説明

Bus 上のすべての CXF エンドポイントを一覧表示します。

4.2.2. 構文

cxf:list-endpoints [options] [bus]

4.2.3. 引数

名前説明

bus

エンドポイントを検索する CXF バス名

4.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --fulladdress

エンドポイントの完全なアドレスを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

4.3. cxf:start-endpoint

4.3.1. 説明

バス上で CXF エンドポイントを開始します。

4.3.2. 構文

cxf:start-endpoint [options] bus endpoint

4.3.3. 引数

名前説明

bus

エンドポイントを検索する CXF バス名

endpoint

開始するエンドポイント名

4.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

4.4. cxf:stop-endpoint

4.4.1. 説明

Bus で CXF エンドポイントを停止します。

4.4.2. 構文

cxf:stop-endpoint [options] bus endpoint

4.4.3. 引数

名前説明

bus

エンドポイントを検索する CXF バス名

endpoint

停止するエンドポイント名

4.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第5章 dev

5.1. dev:dump-create

5.1.1. 説明

診断情報を使用して zip アーカイブを作成します。

5.1.2. 構文

dev:dump-create [options] [name]

5.1.3. 引数

名前説明

name

作成された zip またはディレクトリーの名前

5.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-heap-dump

ヒープダンプを ZIP アーカイブに含めるかどうか。

--no-thread-dump

スレッドダンプを ZIP アーカイブに含めるかどうか。

-d, --directory

ZIP アーカイブの代わりにディレクトリーにダンプを作成します。

第6章 feature

6.1. feature:export-bundles

6.1.1. 説明

指定された機能を構成するバンドルをすべてファイルシステムのディレクトリーにエクスポートします。

6.1.2. 構文

feature:export-bundles [options] featureName exportLocation

6.1.3. 引数

名前説明

featureName

バンドルをエクスポートする機能の名前

exportLocation

バンドルのエクスポート先

6.1.4. オプション

名前説明

-d, --dependencies-only

このフラグは、依存関係としてマーク付けされたバンドルのみがエクスポートされることを示します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --version

バンドルをエクスポートする機能のバージョン。デフォルトは latest です。

6.2. feature:info

6.2.1. 説明

選択した機能に関する情報を表示します。

6.2.2. 構文

feature:info [options] name [version]

6.2.3. 引数

名前説明

name

機能の名前

version

機能のバージョン

6.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-d, --dependency

依存関係情報を表示します。

-b, --bundle

バンドル情報を表示します。

-t, --tree

機能ツリーを表示します。

-c, --configuration

設定情報を表示します。

-x, --xml

機能 XML を表示します。

--conditional

条件情報を表示します。

--color

出力を色付けします (`always'、`never'、または `auto')

6.3. feature:install

6.3.1. 説明

指定された名前とバージョンで機能をインストールします。

6.3.2. 構文

feature:install [options] features

6.3.3. 引数

名前説明

features

インストールする機能の名前およびバージョン。機能 ID は name/version のようになります。バージョンはオプションです。

6.3.4. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--features-wiring

機能間のワイヤリングを出力します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

--all-wiring

完全なワイヤリングを出力します。

--store

解決を特定のファイルに保存し、オフライン分析の結果に保存します。

-u, --upgrade

以前のバージョンがインストールされている場合は機能のアップグレードを実行するか、インストールします。

-r, --no-auto-refresh

バンドルの自動更新を行いません。

-s, --no-auto-start

バンドルを開始しません。

-m, --no-auto-manage

バンドルを自動的に管理しません。

-g, --region

インストール先のリージョン

6.4. feature:list

6.4.1. 説明

定義されたリポジトリーから利用可能なすべての既存機能を一覧表示します。

6.4.2. 構文

feature:list [options]

6.4.3. オプション

名前説明

-i, --installed

インストールされている全機能のリストのみを表示します。

-s, --show-hidden

非表示機能を表示します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-o, --ordered

アルファベット順でリストを表示します。

-b, --show-blacklisted

ブラックリストに指定された機能を表示します。

-r, --required

必要なすべての機能のリストを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

6.5. feature:regions

6.5.1. 説明

リージョン有向グラフに関する情報を出力します。

6.5.2. 構文

feature:regions [options] [regions]

6.5.3. 引数

名前説明

regions

詳細情報を提供するリージョン。

6.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-n, --namespaces

各フィルターで namespace を表示します。

-f, --filters

フィルターを表示します。

-v, --verbose

すべての情報を表示します。

-b, --bundles

各リージョンのバンドルを表示します。

6.6. feature:refresh

6.6.1. 説明

機能処理命令をリロードし、既存の機能を再プロビジョニングします。

6.6.2. 構文

feature:refresh [options]

6.6.3. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--features-wiring

機能間のワイヤリングを出力します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

--all-wiring

完全なワイヤリングを出力します。

6.7. feature:repo-add

6.7.1. 説明

features リポジトリーを追加します。

6.7.2. 構文

feature:repo-add [options] name/url [version]

6.7.3. 引数

名前説明

name/url

features リポジトリーのショートカット名または完全な URL。

version

features リポジトリー名を最初の引数として使用する場合の features リポジトリーのバージョン。URL を使用する場合は空である必要があります。

6.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-i, --install

features リポジトリーに含まれるすべての機能をインストールします。

6.8. feature:repo-list

6.8.1. 説明

定義されたすべてのリポジトリーの一覧を表示します。

6.8.2. 構文

feature:repo-list [options]

6.8.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-r

すべての機能 URL をリロードします。

-b, --show-blacklisted

ブラックリストに指定したリポジトリーも表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

6.9. feature:repo-refresh

6.9.1. 説明

features リポジトリーを更新します。

6.9.2. 構文

feature:repo-refresh [options] [repository] [Feature version]

6.9.3. 引数

名前説明

repository

feature リポジトリーのショートカット名または完全な URI。

機能バージョン

機能名を使用する場合の機能のバージョン。URI を使用する場合は空である必要があります。

6.9.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

6.10. feature:repo-remove

6.10.1. 説明

指定したリポジトリー機能サービスを削除します。

6.10.2. 構文

feature:repo-remove [options] repository [Feature version]

6.10.3. 引数

名前説明

repository

feature リポジトリーのショートカット名または完全な URI。

機能バージョン

機能名を使用する場合の機能のバージョン。URI を使用する場合は空である必要があります。

6.10.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-u, --uninstall-all

リポジトリーからすべての機能をアンインストールします。

6.11. feature:requirement-add

6.11.1. 説明

プロビジョニング要件を追加します。

6.11.2. 構文

feature:requirement-add [options] requirements

6.11.3. 引数

名前説明

requirements

 

6.11.4. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--features-wiring

機能間のワイヤリングを出力します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

--all-wiring

完全なワイヤリングを出力します。

--store

解決を特定のファイルに保存し、オフライン分析の結果に保存します。

-r, --no-auto-refresh

バンドルの自動更新を行いません。

-s, --no-auto-start

バンドルを開始しません。

-m, --no-auto-manage

バンドルを自動的に管理しません。

-g, --region

インストール先のリージョン

6.12. feature:requirement-list

6.12.1. 説明

プロビジョニングの要件を一覧表示します。

6.12.2. 構文

feature:requirement-list [options]

6.12.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

6.13. feature:requirement-remove

6.13.1. 説明

プロビジョニング要件を削除します。

6.13.2. 構文

feature:requirement-remove [options] requirements

6.13.3. 引数

名前説明

requirements

 

6.13.4. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--features-wiring

機能間のワイヤリングを出力します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-g, --region

適用するリージョン

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

--all-wiring

完全なワイヤリングを出力します。

--store

解決を特定のファイルに保存し、オフライン分析の結果に保存します。

-r, --no-auto-refresh

バンドルの自動更新を行いません。

-s, --no-auto-start

バンドルを開始しません。

-m, --no-auto-manage

バンドルを自動的に管理しません。

6.14. feature:start

6.14.1. 説明

指定した名前およびバージョンで機能を開始します。

6.14.2. 構文

feature:start [options] feature

6.14.3. 引数

名前説明

feature

起動する機能の名前およびバージョン。機能 ID は name/version のようになります。

6.14.4. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-g, --region

適用するリージョン

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

6.15. feature:stop

6.15.1. 説明

指定した名前およびバージョンで機能を停止します。

6.15.2. 構文

feature:stop [options] feature

6.15.3. 引数

名前説明

feature

停止する機能の名前とバージョン。機能 ID は name/version のようになります。

6.15.4. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-g, --region

適用するリージョン

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

6.16. feature:uninstall

6.16.1. 説明

指定された名前とバージョンで機能をアンインストールします。

6.16.2. 構文

feature:uninstall [options] features

6.16.3. 引数

名前説明

features

アンインストールする機能の名前およびバージョン。機能 ID は name/version のようになります。バージョンはオプションです。

6.16.4. オプション

名前説明

-t, --simulate

シミュレーションのみを実行します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --verbose

何が行われたかを説明します。

-r, --no-auto-refresh

バンドルの自動更新を行いません。

-g, --region

インストール先のリージョン

6.17. feature:version-list

6.17.1. 説明

現在利用可能なリポジトリーで利用可能な機能の全バージョンを一覧表示します。

6.17.2. 構文

feature:version-list [options] feature

6.17.3. 引数

名前説明

feature

機能の名前。

6.17.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

第7章 http

7.1. http:list

7.1.1. 説明

サーブレットの詳細を一覧表示します。

7.1.2. 構文

http:list [options]

7.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

7.2. http:proxies

7.2.1. 説明

HTTP プロキシーを一覧表示します。

7.2.2. 構文

http:proxies [options]

7.2.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

7.3. http:proxy-add

7.3.1. 説明

新しい HTTP プロキシーの追加

7.3.2. 構文

http:proxy-add [options] url proxyTo

7.3.3. 引数

名前説明

url

HTTP プロキシー URL

proxyTo

プレフィックスでプロキシーする HTTP の場所

7.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

7.4. http:proxy-remove

7.4.1. 説明

既存の HTTP プロキシーを削除します。

7.4.2. 構文

http:proxy-remove [options] prefix

7.4.3. 引数

名前説明

prefix

HTTP プロキシープレフィックス

7.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第8章 jaas

8.1. jaas:cancel

8.1.1. 説明

JAAS レルムの変更をキャンセルします。

8.1.2. 構文

jaas:cancel [options]

8.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.2. jaas:group-add

8.2.1. 説明

ユーザーをグループの一部にします。

8.2.2. 構文

jaas:group-add [options] username group

8.2.3. 引数

名前説明

username

ユーザー名

group

グループ

8.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.3. jaas:group-create

8.3.1. 説明

レルムでグループを作成します。

8.3.2. 構文

jaas:group-create [options] group

8.3.3. 引数

名前説明

group

グループ

8.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.4. jaas:group-delete

8.4.1. 説明

グループからユーザーを削除します。

8.4.2. 構文

jaas:group-delete [options] username group

8.4.3. 引数

名前説明

username

ユーザー名

group

グループ

8.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.5. jaas:group-list

8.5.1. 説明

レルムのグループをリストします。

8.5.2. 構文

jaas:group-list [options]

8.5.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.6. jaas:group-role-add

8.6.1. 説明

グループにロールを追加します。

8.6.2. 構文

jaas:group-role-add [options] group role

8.6.3. 引数

名前説明

group

グループ

role

ロール

8.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.7. jaas:group-role-delete

8.7.1. 説明

グループからロールを削除します。

8.7.2. 構文

jaas:group-role-delete [options] group role

8.7.3. 引数

名前説明

group

グループ

role

ロール

8.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.8. jaas:pending-list

8.8.1. 説明

アクティブな JAAS Realm/Login モジュールでの保留中の変更を一覧表示します。

8.8.2. 構文

jaas:pending-list [options]

8.8.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.9. jaas:realm-list

8.9.1. 説明

JAAS レルムを一覧表示します。

8.9.2. 構文

jaas:realm-list [options]

8.9.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-h, --hidden

非表示レルムを表示します

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

8.10. jaas:realm-manage

8.10.1. 説明

JAAS レルムのユーザーとロールを管理します。

8.10.2. 構文

jaas:realm-manage [options]

8.10.3. オプション

名前説明

-h, --hidden

非表示のレルムを管理します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--realm

JAAS レルム

-f, --force

別のレルムが管理されていたとしても、このレルムの管理を強制します。

--index

レルムインデックス

--module

JAAS ログインモジュールクラス名

8.11. jaas:role-add

8.11.1. 説明

ユーザーにロールを追加します。

8.11.2. 構文

jaas:role-add [options] username role

8.11.3. 引数

名前説明

username

ユーザー名

role

ロール

8.11.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.12. jaas:role-delete

8.12.1. 説明

ユーザーからロールを削除します。

8.12.2. 構文

jaas:role-delete [options] username role

8.12.3. 引数

名前説明

username

ユーザー名

role

ロール

8.12.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.13. jaas:su

8.13.1. 説明

ユーザーのアイデンティティーを置き換えます。

8.13.2. 構文

jaas:su [options] [user]

8.13.3. 引数

名前説明

user

置き換えるユーザーの名前 (デフォルトは karaf)

8.13.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--realm

 

8.14. jaas:sudo

8.14.1. 説明

別のユーザーとしてコマンドを実行します。

8.14.2. 構文

jaas:sudo [options] [command]

8.14.3. 引数

名前説明

command

 

8.14.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--realm

 

--user

 

8.15. jaas:update

8.15.1. 説明

編集された JAAS レルムに保留中の変更を適用します。

8.15.2. 構文

jaas:update [options]

8.15.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.16. jaas:user-add

8.16.1. 説明

ユーザーを追加します。

8.16.2. 構文

jaas:user-add [options] username password

8.16.3. 引数

名前説明

username

ユーザー名

password

パスワード

8.16.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.17. jaas:user-delete

8.17.1. 説明

ユーザーを削除します。

8.17.2. 構文

jaas:user-delete [options] username

8.17.3. 引数

名前説明

username

ユーザー名

8.17.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

8.18. jaas:user-list

8.18.1. 説明

選択した JAAS realm/login モジュールのユーザーを一覧表示します。

8.18.2. 構文

jaas:user-list [options]

8.18.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

8.19. jaas:whoami

8.19.1. 説明

JAAS にしたがって現在アクティブなプリンシパルを一覧表示します。

8.19.2. 構文

jaas:whoami [options]

8.19.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

-g, --groups

ユーザーの代わりにグループを表示します。

-a, --all

タイプに関係なくすべての JAAS プリンシパルを表示します。

-r, --roles

ユーザーの代わりにロールを表示します。

第9章 jdbc

9.1. jdbc:ds-create

9.1.1. 説明

DataSourceFactory から pax-jdbc-config の JDBC データソース設定を作成します。

9.1.2. 構文

jdbc:ds-create [options] name

9.1.3. 引数

名前説明

name

JDBC データソース名

9.1.4. オプション

名前説明

-p, --password

データベースパスワード

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-dt, --databaseType

データベースタイプ (ConnectionPoolDataSource、XADataSource、または DataSource)

-dbName

使用するデータベース名

-dn, --driverName

DataSourceFactory の org.osgi.driver.name プロパティー

-url

使用する JDBC URL

-dc, --driverClass

DataSourceFactory の org.osgi.driver.class プロパティー

-u, --username

データベースユーザー名

9.2. jdbc:ds-delete

9.2.1. 説明

JDBC データソースを削除します

9.2.2. 構文

jdbc:ds-delete [options] name

9.2.3. 引数

名前説明

name

JDBC データソース名 (作成時に使用されたもの)

9.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

9.3. jdbc:ds-factories

9.3.1. 説明

JDBCDataSourceFactories を一覧表示します

9.3.2. 構文

jdbc:ds-factories [options]

9.3.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

9.4. jdbc:ds-info

9.4.1. 説明

JDBC データソースに関する詳細を表示します。

9.4.2. 構文

jdbc:ds-info [options] datasource

9.4.3. 引数

名前説明

datasource

JDBC データソース名

9.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

9.5. jdbc:ds-list

9.5.1. 説明

JDBC データソースを一覧表示します。

9.5.2. 構文

jdbc:ds-list [options]

9.5.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

9.6. jdbc:execute

9.6.1. 説明

指定の JDBC データソースで SQL コマンドを実行します。

9.6.2. 構文

jdbc:execute [options] datasource command

9.6.3. 引数

名前説明

datasource

JDBC データソース

command

実行する SQL コマンド

9.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

9.7. jdbc:query

9.7.1. 説明

JDBC データソースで SQL クエリーを実行します。

9.7.2. 構文

jdbc:query [options] datasource query

9.7.3. 引数

名前説明

datasource

使用する JDBC データソース

query

実行する SQL クエリー

9.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

9.8. jdbc:tables

9.8.1. 説明

指定の JDBC データソースのテーブルを一覧表示します。

9.8.2. 構文

jdbc:tables [options] datasource

9.8.3. 引数

名前説明

datasource

使用する JDBC データソース

9.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第10章 jms

10.1. jms:browse

10.1.1. 説明

JMS キューを参照します。

10.1.2. 構文

jms:browse [options] connectionFactory queue

10.1.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

queue

参照する JMS キュー

10.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --verbose

JMS プロパティーを表示します。

-s, --selector

閲覧するメッセージを選択するセレクター

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.2. jms:connectionfactories

10.2.1. 説明

JMS 接続ファクトリーを一覧表示します。

10.2.2. 構文

jms:connectionfactories [options]

10.2.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

10.3. jms:consume

10.3.1. 説明

JMS キューからメッセージを消費します。

10.3.2. 構文

jms:consume [options] connectionFactory queue

10.3.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

queue

メッセージを消費する JMS キュー

10.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-s, --selector

消費するメッセージの選択に使用するセレクター

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.4. jms:count

10.4.1. 説明

JMS キュー上のメッセージの数を数えます。

10.4.2. 構文

jms:count [options] connectionFactory queue

10.4.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

queue

JMS キュー名

10.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.5. jms:create

10.5.1. 説明

JMS 接続ファクトリーを作成します。

10.5.2. 構文

jms:create [options] name

10.5.3. 引数

名前説明

name

JMS 接続ファクトリー名

10.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-t, --type

JMS 接続ファクトリータイプ (ActiveMQ、Artemis、または WebsphereMQ)

--url

JMS ブローカーの URL。WebsphereMQ タイプの場合、URL は hostname/port/queuemanager/channel です。

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.6. jms:delete

10.6.1. 説明

JMS 接続ファクトリーを削除します。

10.6.2. 構文

jms:delete [options] name

10.6.3. 引数

名前説明

name

JMS 接続ファクトリー名

10.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

10.7. jms:info

10.7.1. 説明

JMS 接続ファクトリーの詳細を提供します。

10.7.2. 構文

jms:info [options] connectionFactory

10.7.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

10.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.8. jms:move

10.8.1. 説明

メッセージを 1 つの JMS キューから別の JMS キューに移動します。

10.8.2. 構文

jms:move [options] connectionFactory source destination

10.8.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

source

ソース JMS キュー

destination

宛先 JMS キュー

10.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-s, --selector

一部のメッセージのみを移動するセレクター

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.9. jms:queues

10.9.1. 説明

JMS キューを一覧表示します。

10.9.2. 構文

jms:queues [options] connectionFactory

10.9.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

10.9.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.10. jms:send

10.10.1. 説明

メッセージの送信

10.10.2. 構文

jms:send [options] connectionFactory queue message

10.10.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

queue

JMS キュー名

message

JMS メッセージコンテンツ

10.10.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-r, --replyTo

メッセージ ReplyTo を設定します。

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

10.11. jms:topics

10.11.1. 説明

JMS トピックを一覧表示します。

10.11.2. 構文

jms:topics [options] connectionFactory

10.11.3. 引数

名前説明

connectionFactory

JMS 接続ファクトリー名

10.11.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --password

JMS ブローカーに接続するためのパスワード

-u, --username

JMS ブローカーに接続するためのユーザー名

第11章 jndi

11.1. jndi:alias

11.1.1. 説明

指定の名前に JNDI エイリアスを作成します。

11.1.2. 構文

jndi:alias [options] name alias

11.1.3. 引数

名前説明

name

JNDI 名

alias

JNDI エイリアス

11.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

11.2. jndi:bind

11.2.1. 説明

JNDI コンテキストで OSGi サービスをバインドします。

11.2.2. 構文

jndi:bind [options] service name

11.2.3. 引数

名前説明

service

バインドする OSGi サービスの ID

name

OSGi サービスをバインドする JNDI 名

11.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

11.3. jndi:contexts

11.3.1. 説明

JNDI サブコンテキストを一覧表示します。

11.3.2. 構文

jndi:contexts [options] [context]

11.3.3. 引数

名前説明

context

ベース JNDI コンテキスト

11.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

11.4. jndi:create

11.4.1. 説明

新しい JNDI サブコンテキストを作成します。

11.4.2. 構文

jndi:create [options] context

11.4.3. 引数

名前説明

context

JNDI サブコンテキスト名

11.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

11.5. jndi:delete

11.5.1. 説明

JNDI サブコンテキストを削除します。

11.5.2. 構文

jndi:delete [options] context

11.5.3. 引数

名前説明

context

JNDI サブコンテキスト名

11.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

11.6. jndi:names

11.6.1. 説明

JNDI 名をリストします。

11.6.2. 構文

jndi:names [options] [context]

11.6.3. 引数

名前説明

context

名前を表示する JNDI コンテキスト

11.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

11.7. jndi:unbind

11.7.1. 説明

JNDI 名のバインドを解除します。

11.7.2. 構文

jndi:unbind [options] name

11.7.3. 引数

名前説明

name

バインド解除する JNDI 名

11.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第12章 kar

12.1. kar:create

12.1.1. 説明

機能リポジトリーの一覧用の kar ファイルを作成します。

12.1.2. 構文

kar:create [options] repoName [features]

12.1.3. 引数

名前説明

repoName

リポジトリー名。kar にはデフォルトで名前付きリポジトリーのすべての機能が含まれます。

features

含める機能の名前。設定された場合、これらの機能のみが追加されます。

12.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

12.2. kar:install

12.2.1. 説明

KAR ファイルをインストールします。

12.2.2. 構文

kar:install [options] url

12.2.3. 引数

名前説明

url

インストールする KAR ファイルの URL。

12.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-start

バンドルを自動的に起動しません。

12.3. kar:list

12.3.1. 説明

インストール済みの KAR ファイルを一覧表示します。

12.3.2. 構文

kar:list [options]

12.3.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

12.4. kar:uninstall

12.4.1. 説明

KAR ファイルをアンインストールします。

12.4.2. 構文

kar:uninstall [options] name

12.4.3. 引数

名前説明

name

アンインストールする KAR ファイルの名前。

12.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第13章 log

13.1. log:clear

13.1.1. 説明

ログエントリーを消去します。

13.1.2. 構文

log:clear [options]

13.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

13.2. log:display

13.2.1. 説明

ログエントリーを表示します。

13.2.2. 構文

log:display [options] [logger]

13.2.3. 引数

名前説明

logger

ロガーの名前。これには ROOT、ALL、または org.ops4j.pax.logger.cfg ファイルに指定されたロガーの名前を指定できます。

13.2.4. オプション

名前説明

-p

出力をフォーマットするためのパターン。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-color

ログイベントの構文の色付けを無効にします。

-n

表示するエントリーの数

-l, --level

表示する最小ログレベル。

13.3. log:exception-display

13.3.1. 説明

ログから最後に発生した例外を表示します。

13.3.2. 構文

log:exception-display [options] [logger]

13.3.3. 引数

名前説明

logger

ロガーの名前。これには ROOT、ALL、または org.ops4j.pax.logger.cfg ファイルに指定されたロガーの名前を指定できます。

13.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

13.4. log:get

13.4.1. 説明

現在設定されているログレベルを表示します。

13.4.2. 構文

log:get [options] [logger]

13.4.3. 引数

名前説明

logger

ロガーの名前または ALL (デフォルト)

13.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

13.5. log:load-test

13.5.1. 説明

テストログを読み込みます。

13.5.2. 構文

log:load-test [options]

13.5.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--messaged

 

--threads

 

13.6. log:log

13.6.1. 説明

メッセージをログに記録します。

13.6.2. 構文

log:log [options] message

13.6.3. 引数

名前説明

message

ログに記録するメッセージ

13.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--level, -l

メッセージがログに記録されるレベル

13.7. log:set

13.7.1. 説明

ログレベルを設定します。

13.7.2. 構文

log:set [options] level [logger]

13.7.3. 引数

名前説明

level

設定するログレベル (TRACE、DEBUG、INFO、WARN、ERROR) または設定を解除する DEFAULT

logger

ロガー名または ROOT (デフォルト)

13.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

13.8. log:tail

13.8.1. 説明

ログエントリーを継続的に表示します。ctrl-c を使用してこのコマンドを終了します。

13.8.2. 構文

log:tail [options] [logger]

13.8.3. 引数

名前説明

logger

ロガーの名前。これには ROOT、ALL、または org.ops4j.pax.logger.cfg ファイルに指定されたロガーの名前を指定できます。

13.8.4. オプション

名前説明

-p

出力をフォーマットするためのパターン。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-color

ログイベントの構文の色付けを無効にします。

-n

表示するエントリーの数

-l, --level

表示する最小ログレベル。

第14章 maven

14.1. maven:http-proxy-list

14.1.1. 説明

Maven リモートリポジトリーの HTTP プロキシー設定を一覧表示します。

14.1.2. 構文

maven:http-proxy-list [options]

14.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

14.2. maven:http-proxy

14.2.1. 説明

Maven リモートリポジトリーの HTTP プロキシー設定を管理します。

14.2.2. 構文

maven:http-proxy [options] [hostPort]

14.2.3. 引数

名前説明

hostPort

HTTP プロキシーの host:port

14.2.4. オプション

名前説明

-p, --password

リモートリポジトリーのパスワード (暗号化される可能性あります。「maven:password -ep」を参照してください)。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --force

確認を要求しません。

-id

HTTP プロキシーの識別子

--change

Maven 設定での HTTP プロキシー設定を変更します。

-n, --non-proxy-hosts

非侵害されたホスト(形式 '192.168.*|localhost|…​' 形式)

--remove

Maven 設定から HTTP プロキシー設定を削除します。

--add

HTTP プロキシー設定を Maven 設定に追加します。

-u, --username

リモートリポジトリーのユーザー名

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

14.3. maven:password

14.3.1. 説明

リモートリポジトリーおよびプロキシーのパスワードを管理します。

14.3.2. 構文

maven:password [options]

14.3.3. オプション

名前説明

-emp, --encrypt-master-password

他のパスワードを暗号化/復号化するために使用するマスターパスワードを暗号化します。"mvn -emp" を参照してください。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-ep, --encrypt-password

リモートリポジトリーおよびプロキシーに使用するパスワードを暗号化します。「mvn -ep」を参照してください。

-p, --persist

 

14.4. maven:repository-add

14.4.1. 説明

Mavenリポジトリーを追加します。

14.4.2. 構文

maven:repository-add [options] [uri]

14.4.3. 引数

名前説明

uri

リポジトリー URI。file:// ベース、http(s):// ベースである可能性があり、他の既知のプロトコルやプロパティープレースホルダー(${karaf.base} など) を使用することもあります。

14.4.4. オプション

名前説明

-nr, --no-releases

このリポジトリーでのリリース処理を無効にします。

-p, --password

リモートリポジトリーのパスワード (暗号化される可能性あります。「maven:password -ep」を参照してください)。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --force

確認を要求しません。

-id

リポジトリーの識別子

-idx

新規リポジトリーが挿入されるインデックス (0 ベース)。(デフォルトは last - リポジトリーが追加されます)

-d, --default

リモートではなくデフォルトのリポジトリーを編集します。

-s, --snapshots

リポジトリーでの SNAPSHOT 処理を有効にします。

-cp, --checksum-policy

リポジトリーのチェックサムポリシー (ignore、warn (デフォルト)、fail)

-u, --username

リモートリポジトリーのユーザー名

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

-up, --update-policy

リポジトリーのポリシーを更新します (never、daily (デフォルト)、interval:N、always)

14.5. maven:repository-change

14.5.1. 説明

Maven リポジトリーの設定を変更します。

14.5.2. 構文

maven:repository-change [options] [uri]

14.5.3. 引数

名前説明

uri

リポジトリー URI。file:// ベース、http(s):// ベースである可能性があり、他の既知のプロトコルやプロパティープレースホルダー(${karaf.base} など) を使用することもあります。

14.5.4. オプション

名前説明

-nr, --no-releases

このリポジトリーでのリリース処理を無効にします。

-p, --password

リモートリポジトリーのパスワード (暗号化される可能性あります。「maven:password -ep」を参照してください)。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --force

確認を要求しません。

-id

リポジトリーの識別子

-d, --default

リモートではなくデフォルトのリポジトリーを編集します。

-s, --snapshots

リポジトリーでの SNAPSHOT 処理を有効にします。

-cp, --checksum-policy

リポジトリーのチェックサムポリシー (ignore、warn (デフォルト)、fail)

-u, --username

リモートリポジトリーのユーザー名

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

-up, --update-policy

リポジトリーのポリシーを更新します (never、daily (デフォルト)、interval:N、always)

14.6. maven:repository-list

14.6.1. 説明

Maven リポジトリーの概要。

14.6.2. 構文

maven:repository-list [options]

14.6.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-v, --verbose

追加情報を表示します (ポリシー、ソース)

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

14.7. maven:repository-remove

14.7.1. 説明

Maven リポジトリーを削除します。

14.7.2. 構文

maven:repository-remove [options]

14.7.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --force

確認を要求しません。

-id

リポジトリーの識別子

-d, --default

リモートではなくデフォルトのリポジトリーを編集します。

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

14.8. maven:summary

14.8.1. 説明

Maven 設定の概要。

14.8.2. 構文

maven:summary [options]

14.8.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-p, --property-ids

名前の代わりに PID プロパティー識別子を使用します。

-s, --source

値を設定する場所に関する情報を追加します。

-d, --description

Maven 設定オプションの説明を追加します。

-x, --show-passwords

Maven 暗号化に関連するパスワードを非表示にしません。

第15章 obr

15.1. obr:deploy

15.1.1. 説明

OBR サービスを使用してバンドルの一覧をデプロイします。

15.1.2. 構文

obr:deploy [options] bundle

15.1.3. 引数

名前説明

bundles

デプロイするバンドル名のリスト (スペース区切り) 。バンドルは、symbolic_name,version 構文を使用して特定されます。version はオプションになります。

15.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-d, --deployOptional

オプションのバンドルをデプロイします。

-s, --start

デプロイされたバンドルを開始します。

15.2. obr:find

15.2.1. 説明

指定のフィルターの OBR バンドルを見つけます。

15.2.2. 構文

obr:find [options] requirements

15.2.3. 引数

名前説明

requirements

要件

15.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

15.3. obr:info

15.3.1. 説明

OBR バンドルについての情報を出力します。

15.3.2. 構文

obr:info [options] bundles

15.3.3. 引数

名前説明

bundles

情報についてクエリーするバンドルを指定します (スペース区切り)。バンドルは、symbolic_name,version 構文を使用して特定されます。version はオプションになります。

15.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

15.4. obr:list

15.4.1. 説明

OBR バンドルを一覧表示し、オプションで特定のパッケージを提供します。

15.4.2. 構文

obr:list [options] [packages]

15.4.3. 引数

名前説明

packages

空白文字で区切ったパッケージの一覧

15.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

15.5. obr:resolve

15.5.1. 説明

特定の要件のセットの解決出力を表示します。

15.5.2. 構文

obr:resolve [options] requirements

15.5.3. 引数

名前説明

requirements

要件

15.5.4. オプション

名前説明

-w, --why

リソースが含まれる理由を表示します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-remote

解決中にリモートリソースを無視します。

-l, --no-local

解決中にローカルリソースを無視します。

--deploy

選択したバンドルをデプロイします。

--optional

オプションの依存関係を解決します。

--start

選択したバンドルをデプロイおよび開始します。

15.6. obr:source

15.6.1. 説明

OBR バンドルのソースをダウンロードします。

15.6.2. 構文

obr:source [options] folder bundles

15.6.3. 引数

名前説明

folder

ソースを保存するローカルフォルダー

bundles

ソースをダウンロードするバンドルのリスト。バンドルは、symbolic_name,version 構文を使用して特定されます。version はオプションになります。

15.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-x

アーカイブを抽出します。

15.7. obr:start

15.7.1. 説明

OBR を使用してバンドルの一覧をデプロイし、開始します。

15.7.2. 構文

obr:start [options] bundles

15.7.3. 引数

名前説明

bundles

デプロイするバンドルの一覧 (スペース区切り) 。バンドルは、symbolic_name,version 構文を使用して特定されます。version はオプションになります。

15.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-d, --deployOptional

オプションのバンドルをデプロイします。

15.8. obr:url-add

15.8.1. 説明

リポジトリー URL の一覧を OBR サービスに追加します。

15.8.2. 構文

obr:url-add [options] urls

15.8.3. 引数

名前説明

urls

空白で区切られた OBR サービスに追加するリポジトリー URL

15.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

15.9. obr:url-list

15.9.1. 説明

OBR サービスに関連付けられているリポジトリーの URL を表示します。

15.9.2. 構文

obr:url-list [options]

15.9.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

15.10. obr:url-refresh

15.10.1. 説明

リポジトリーをリロードして、バンドルの新しいリストを取得します。

15.10.2. 構文

obr:url-refresh [options] [ids]

15.10.3. 引数

名前説明

ids

更新するリポジトリー URL (または -i を使用する場合はインデックス) (すべて空のままにする)

15.10.4. オプション

名前説明

-i, --index

インデックスを使用して URL を特定します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

15.11. obr:url-remove

15.11.1. 説明

OBR サービスからリポジトリー URL の一覧を削除します。

15.11.2. 構文

obr:url-remove [options] ids

15.11.3. 引数

名前説明

ids

OBR サービスから削除するリポジトリー URL (または -i を使用している場合はインデックス)

15.11.4. オプション

名前説明

-i, --index

インデックスを使用して URL を特定します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第16章 package

16.1. package:exports

16.1.1. 説明

エクスポートしたパッケージとそれらをエクスポートするバンドルを一覧表示します

16.1.2. 構文

package:exports [options]

16.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-b

指定されたバンドル ID でエクスポートしたパッケージのみを表示します

-d

複数のバンドルによってエクスポートされるパッケージのみを表示します。

--show-name-only

パッケージ名のみを表示します

-p

指定された名前で始まるパッケージのみを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

16.2. package:imports

16.2.1. 説明

インポートされたパッケージとそれらをインポートするバンドルを一覧表示します。

16.2.2. 構文

Package:imports [options]

16.2.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-b

指定のバンドル ID のインポートのみ表示します。

--show-name-only

パッケージ名のみを表示します

--filter

完全なフィルターではなくパッケージのみを表示します。

-p

指定された名前で始まるパッケージのみを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

第17章 profile

17.1. profile:change-parents

17.1.1. 説明

プロファイルの親を指定された親のリストに置き換えます

17.1.2. 構文

profile:change-parents [options] profile parents

17.1.3. 引数

名前説明

profile

プロファイルの名前。

parents

新しい親プロファイルの一覧。

17.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

17.2. profile:copy

17.2.1. 説明

指定したソースプロファイルをコピーします。

17.2.2. 構文

profile:copy [options] source profile target profile

17.2.3. 引数

名前説明

source profile

ソースプロファイルの名前。

target profile

ターゲットプロファイルの名前。

17.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --force

ターゲットプロファイル (存在する場合) のオーバーライドを許可するフラグ。

17.3. profile:create

17.3.1. 説明

指定した名前と親で新しいプロファイルを作成します

17.3.2. 構文

profile:create [options] [profileId]

17.3.3. 引数

名前説明

profileId

 

17.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--parents

必要に応じて、1 つまたは複数の親プロファイルを指定します。複数の親プロファイルを指定するには、このフラグをコマンドラインで複数回指定します。例: --parents foo --parents bar

17.3.5. 詳細

classpath:profileCreate.txt

17.4. profile:delete

17.4.1. 説明

指定したプロファイルを削除します。

17.4.2. 構文

profile:delete [options] profile

17.4.3. 引数

名前説明

profile

削除するプロファイルの名前。

17.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

17.5. profile:display

17.5.1. 説明

指定したプロファイルに関する情報を表示します。

17.5.2. 構文

profile:display [options] profile

17.5.3. 引数

名前説明

profile

プロファイルの名前。

17.5.4. オプション

名前説明

--overlay, -o

オーバーレイプロファイルの設定を表示し、親プロファイルから継承された設定を考慮します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--effective, -e

プロパティーの置換を考慮して効果的なプロファイル設定を表示します。

--display-resources, -r

追加のプロファイルリソースの内容を表示します。

17.6. profile:edit

17.6.1. 説明

指定したプロファイルを編集します。

17.6.2. 構文

profile:edit [options] profile

17.6.3. 引数

名前説明

profile

編集するターゲットプロファイル

17.6.4. オプション

名前説明

--remove

コンマ区切りのリストから値を削除します。これは、システム、設定、および pid オプションでのみ使用できます。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--delete

値を削除します。このオプションを使用して、プロファイルから機能、バンドル、または pid を削除できます。

--append

区切りリストに値を追加します。これは、システム、設定、および pid オプションでのみ使用できます。

-c, --config

karaf コンテナーに影響する Java システムプロパティーを編集します (root コンテナーで etc/config.properties を編集) 。

--delimiter

追加および削除に使用する区切り文字を指定します。

-x, --extension

拡張ライブラリーを編集します。複数のライブラリーを指定するには、このフラグを複数回指定します。

-p, --pid

<PID> /<Property> の形式で指定した OSGi 設定プロパティーを編集します。複数のプロパティーを指定するには、このフラグを複数回指定します。

--resource

編集するプロファイルの下にあるリソースを選択します。このオプションは単独でのみ使用してください。

--set

値を設定または作成します (デフォルトで選択されます) 。

-i, --import-pid

ローカルの OSGi 設定管理から編集された pids をインポートします。

-f, --features

機能を編集します。複数の機能を指定するには、このフラグを複数回指定します。例: --features foo --features bar

-r, --repositories

機能リポジトリーを編集します。複数のリポジトリーを指定するには、このフラグを複数回指定します。

-o, --overrides

上書きを編集します。複数のライブラリーを指定するには、このフラグを複数回指定します。

-s, --system

インストールされたバンドルに影響を与える Java システムプロパティーを編集します (ルートコンテナーでの etc/system.properties の編集と似ています)。

-b, --bundles

バンドルを編集します。複数のバンドルを指定するには、このフラグを複数回指定します。

-n, --endorsed

エンドースされたライブラリーを編集します。複数のライブラリーを指定するには、このフラグを複数回指定します。

-l, --libs

ライブラリーを編集します。複数のライブラリーを指定するには、このフラグを複数回指定します。

17.6.5. 詳細

classpath:profileEdit.txt

17.7. profile:list

17.7.1. 説明

すべてのプロファイルを一覧表示します。

17.7.2. 構文

profile:list [options]

17.7.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--hidden

非表示のプロファイルを表示します。

17.8. profile:rename

17.8.1. 説明

指定したソースプロファイルの名前を変更します。

17.8.2. 構文

profile:rename [options] profile name new profile name

17.8.3. 引数

名前説明

profile name

プロファイルの名前。

new profile name

プロファイルの新しい名前

17.8.4. オプション

名前説明

-f, --force

ターゲットプロファイルの置き換えを許可するフラグ (存在する場合)。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--version

名前を変更するプロファイルバージョン。デフォルトは現在のデフォルトバージョンです。

第18章 scheduler

18.1. scheduler:list

18.1.1. 説明

スケジュールされたジョブを一覧表示します。

18.1.2. 構文

scheduler:list [options]

18.1.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

18.2. scheduler:reschedule

18.2.1. 説明

既存ジョブのスケジュールを更新します。

18.2.2. 構文

scheduler:reschedule [options] name

18.2.3. 引数

名前説明

name

ジョブ名

18.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--period

実行中の時間 (秒単位)

--at

ISO 形式の絶対日付 (例: 2014-05-13T13:56:45)

--times

このジョブを実行する必要がある回数

--concurrent

ジョブを同時に実行すべきか (デフォルトは false)

--cron

cron 式

18.3. scheduler:schedule

18.3.1. 説明

スクリプトの実行をスケジュールします。

18.3.2. 構文

scheduler:schedule [options] script

18.3.3. 引数

名前説明

script

スケジュールを実行するスクリプト

18.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--period

実行中の時間 (秒単位)

--at

ISO 形式の絶対日付 (例: 2014-05-13T13:56:45)

--times

このジョブを実行する必要がある回数

--name

このジョブの名前

--concurrent

ジョブを同時に実行すべきか (デフォルトは false)

--cron

cron 式

18.4. scheduler:trigger

18.4.1. 説明

スケジュール設定したジョブを手動でトリガーします。

18.4.2. 構文

scheduler:trigger [options] name

18.4.3. 引数

名前説明

name

トリガーするジョブの名前

18.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-b, background

トリガーをバックグラウンドでスケジュールします。

18.5. scheduler:unschedule

18.5.1. 説明

ジョブのスケジュールを解除します。

18.5.2. 構文

scheduler:unschedule [options] [name]

18.5.3. 引数

名前説明

name

 

18.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第19章 scr

19.1. scr:activate

19.1.1. 説明

指定された名前のコンポーネントをアクティベートします。

19.1.2. 構文

scr:activate [options] name

19.1.3. 引数

名前説明

name

アクティブにするコンポーネントの名前

19.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-s, --show-hidden

システムコンポーネントを含むすべてのコンポーネントを表示します (デフォルトでは非表示)。

19.2. scr:components

19.2.1. 説明

利用可能なコンポーネントを表示します。

19.2.2. 構文

scr:components [options]

19.2.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-s, --show-hidden

システムコンポーネントを含むすべてのコンポーネントを表示します (デフォルトでは非表示)。

19.3. scr:deactivate

19.3.1. 説明

指定された名前のコンポーネントを非アクティブにします。

19.3.2. 構文

scr:deactivate [options] name

19.3.3. 引数

名前説明

name

非アクティブ化するコンポーネントの名前

19.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-s, --show-hidden

システムコンポーネントを含むすべてのコンポーネントを表示します (デフォルトでは非表示)。

19.4. scr:details

19.4.1. 説明

利用可能なコンポーネントを表示します。

19.4.2. 構文

scr:details [options] name

19.4.3. 引数

名前説明

name

コンポーネント名:

19.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-s, --show-hidden

システムコンポーネントを含むすべてのコンポーネントを表示します (デフォルトでは非表示)。

第20章 service

20.1. service:list

20.1.1. 説明

OSGi サービスを一覧表示します。

20.1.2. 構文

service:list [options] [objectClass]

20.1.3. 引数

名前説明

objectClass

フィルタリングするサービス objectClass の名前

20.1.4. オプション

名前説明

-a

すべてのサービスを表示します。(デフォルトでは Karaf コマンドは非表示)

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-n

サービスクラス名のみを表示します

20.2. service:wait

20.2.1. 説明

特定の OSGi サービスを待ちます。

20.2.2. 構文

service:wait [options] service

20.2.3. 引数

名前説明

service

サービスクラスまたはフィルター

20.2.4. オプション

名前説明

-t, --timeout

サービス待ちのタイムアウト (ミリ秒単位、負の値は待機しない、ゼロは永久に待機する)。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-e, --exception

タイムアウト後にサービスが見つからない場合に例外をスローします。

第21章 shell

21.1. shell:completion

21.1.1. 説明

現在のコンソールセッションで完了モードを表示または変更します。

21.1.2. 構文

shell:completion [options] [mode]

21.1.3. 引数

名前説明

mode

設定する完了モード。有効な完了モードは、global、first、subshell です。

21.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

21.2. shell:exec

21.2.1. 説明

システムプロセスを実行します。

21.2.2. 構文

shell:exec [options] command

21.2.3. 引数

名前説明

command

引数を使用した実行コマンド

21.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

21.3. shell:info

21.3.1. 説明

システム情報を出力します。

21.3.2. 構文

shell:info [options]

21.3.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--memory-pools, -mp

メモリープールに関する詳細情報が含まれます。

21.4. shell:java

21.4.1. 説明

Java 標準アプリケーションを実行します。

21.4.2. 構文

shell:java [options] className [arguments]

21.4.3. 引数

名前説明

className

呼び出すクラスの名前

arguments

指定クラスのメソッドに渡す引数

21.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-m, --method

名前付きメソッドを呼び出します。

21.5. shell:logout

21.5.1. 説明

現在のセッションからシェルを切断します。

21.5.2. 構文

shell:logout [options]

21.5.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

21.6. shell:printf

21.6.1. 説明

引数をフォーマットして出力します。

21.6.2. 構文

shell:printf [options] format arguments

21.6.3. 引数

名前説明

format

使用する形式パターン

arguments

指定の形式パターンの引数

21.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

21.7. shell:source

21.7.1. 説明

スクリプトを実行します。

21.7.2. 構文

shell:source [options] script [args]

21.7.3. 引数

名前説明

script

スクリプトを指す URI

args

スクリプトの引数

21.7.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

21.8. shell:stack-traces-print

21.8.1. 説明

コマンドの実行によって例外が発生すると、コンソールで完全なスタックトレースを出力します。

21.8.2. 構文

shell:stack-traces-print [options] [print]

21.8.3. 引数

名前説明

print

スタックトレースを出力するか (デフォルトは true)

21.8.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

21.9. shell:threads

21.9.1. 説明

現在のスレッドを出力します (オプションでスタックトレースを使用)。

21.9.2. 構文

shell:threads [options] [id]

21.9.3. 引数

名前説明

id

この ID でスレッドの詳細を表示します。

21.9.4. オプション

名前説明

--tree

スレッドをツリーとして表示します。

--list

スレッドをリストとして表示する

-e, --empty-groups

空のグループを表示します

--packages

プルーニングされたパッケージ

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--monitors

モニターを表示表示します。

-t, --threshold

スレッドを表示するための関連スタックトレース行の最小数。

--locks

ロックを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

21.10. shell:ttop

21.10.1. 説明

スレッド情報を表示します。

21.10.2. 構文

shell:ttop [options]

21.10.3. オプション

名前説明

--seconds, -s

更新間の遅延 (秒単位)

--order, -o

ソートキーのコンマ区切りリスト

--millis, -m

更新間の遅延 (ミリ秒単位)

--nthreads, -n

NTHREADS スレッドのみを表示する

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--stats, -t

表示する統計のコンマ区切りリスト

21.11. shell:watch

21.11.1. 説明

コマンドの出力を監視および更新します。

21.11.2. 構文

shell:watch [options] command

21.11.3. 引数

名前説明

command

監視/更新するコマンド

21.11.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-n, --interval

コマンドの実行の間隔 (秒単位)

-a, --append

出力は追加する必要があるが、コンソールをクリアしません。

第22章 ssh

22.1. ssh:ssh

22.1.1. 説明

リモート SSH サーバーに接続します。

22.1.2. 構文

ssh:ssh [options] hostname [command]

22.1.3. 引数

名前説明

hostname

SSH 経由で接続するホスト名

command

実行する任意のコマンド

22.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-P, --password

リモートログイン用のパスワード

-p, --port

SSH 接続に使用するポート

-q

quiet モード。確認を要求しません

-r, --retries

接続の確立を再試行します (試行回数まで)。

-l, --username

リモートログインのユーザー名

-k, --keyfile

キーログインを使用する際の秘密鍵ファイルの場所。このフラグを使用して BouncyCastle をセキュリティープロバイダーとして登録する必要があります。

22.2. ssh:sshd

22.2.1. 説明

SSH サーバーを作成します。

22.2.2. 構文

ssh:sshd [options]

22.2.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-b, --background

サービスはバックグラウンドで実行されます。

-p, --port

SSH サーバーを設定するポート

-i, --idle-timeout

セッションアイドルタイムアウト (ミリ秒単位)

-w, --welcome-banner

ログイン時に表示するウェルカムバナー

-n, --nio-workers

使用する NIO ワーカースレッドの数

第23章 subsystem

23.1. subsystem:info

23.1.1. 説明

サブシステムに関する情報を表示します。

23.1.2. 構文

subsystem:info [options] [id]

23.1.3. 引数

名前説明

id

サブシステム名または ID

23.1.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--indent

インデント方式

23.2. subsystem:install

23.2.1. 説明

新しいサブシステムをインストールします。

23.2.2. 構文

subsystem:install [options] [Subsystem to install the new subsystem into] [New subsystem url]

23.2.3. 引数

名前説明

Subsystem to install the new subsystem into

 

New subsystem url

 

23.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

23.3. subsystem:list

23.3.1. 説明

すべてのサブシステムを一覧表示します。

23.3.2. 構文

subsystem:list [options]

23.3.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

23.4. subsystem:start

23.4.1. 説明

指定されたサブシステムを開始します。

23.4.2. 構文

subsystem:start [options] [id]

23.4.3. 引数

名前説明

id

サブシステム名または ID

23.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

23.5. subsystem:stop

23.5.1. 説明

指定されたサブシステムを停止します。

23.5.2. 構文

subsystem:stop [options] [id]

23.5.3. 引数

名前説明

id

サブシステム名または ID

23.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

23.6. subsystem:uninstall

23.6.1. 説明

指定されたサブシステムをアンインストールします。

23.6.2. 構文

subsystem:uninstall [options] [id]

23.6.3. 引数

名前説明

id

サブシステム名または ID

23.6.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第24章 system

24.1. system:framework

24.1.1. 説明

OSGi Framework オプション。

24.1.2. 構文

system:framework [options] [framework]

24.1.3. 引数

名前説明

framework

使用する OSGi フレームワークの名前

24.1.4. オプション

名前説明

-nodebug, --disable-debug

OSGiフレームワークのデバッグを無効にします。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-debug, --enable-debug

OSGiフレームワークのデバッグを有効にします。

24.2. system:name

24.2.1. 説明

Karaf インスタンス名を表示または変更します。

24.2.2. 構文

system:name [options] [name]

24.2.3. 引数

名前説明

name

インスタンスの新しい名前

24.2.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

24.3. system:property

24.3.1. 説明

システムプロパティーを取得または設定します。

24.3.2. 構文

system:property [options] [key] [value]

24.3.3. 引数

名前説明

key

システムプロパティー名。

value

システムプロパティーの新しい値

24.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-f, --file-dump

ファイル内のすべてのシステムプロパティーをダンプします (データフォルダー内)。

-p, --persistent

新しい値を etc/system.properties ファイルに永続化します。

-u, --unset

値が設定されていない未設定の既知のプロパティーを表示します。

24.4. system:shutdown

24.4.1. 説明

Karaf コンテナーをシャットダウンします。

24.4.2. 構文

system:shutdown [options] [time]

24.4.3. 引数

名前説明

time

指定した遅延の後にシャットダウンします。time 引数はさまざまな形式にすることができます。まず、hh:mm の形式の絶対時間にすることができます。ここで、hh は時間 (1 桁または 2 桁)、mm は時間の分 (2 桁) です。次に、m (または +m) の形式にすることができます。ここで、m は待機する期間 (分単位) です。単語は 0 (または +0) のエイリアスです。

24.4.4. オプション

名前説明

-c, --clean, --clean-all, -ca

データディレクトリを削除して、クリーンな再起動を強制します。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

-h, --halt

Karaf コンテナーを停止します。

-cc, --clean-cache, -cc

キャッシュディレクトリを削除して、クリーンな再起動を強制します。

-f, --force

確認メッセージなしでシャットダウンを強制的に実行します。

-r, --reboot

Karaf コンテナーを再起動します。

24.5. system:start-level

24.5.1. 説明

システムの起動プロセスを取得または設定します。

24.5.2. 構文

system:start-level [options] [level]

24.5.3. 引数

名前説明

level

設定する新しいシステム開始レベル

24.5.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

24.6. system:version

24.6.1. 説明

インスタンスのバージョンを表示します。

24.6.2. 構文

system:version [options]

24.6.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

第25章 web

25.1. web:launch

25.1.1. 説明

指定のバンドル ID のブラウザーで Web アプリケーションを起動します。

25.1.2. 構文

web:launch [options] id

25.1.3. 引数

名前説明

id

ブラウザーを起動するためのバンドル ID。

25.1.4. オプション

名前説明

--base

参照するベース URL。それ以外の場合は、デフォルトの localhost:8181 が使用されます。

--help

ヘルプメッセージを表示します。

25.2. web:list

25.2.1. 説明

war バンドルの詳細を一覧表示します。

25.2.2. 構文

web:list [options]

25.2.3. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

--no-format

テーブルレンダリング出力を無効にします。

25.3. web:start

25.3.1. 説明

指定されたバンドルの Web コンテキストを起動します。

25.3.2. 構文

web:start [options] ids

25.3.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドル ID の一覧

25.3.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。

25.4. web:stop

25.4.1. 説明

指定されたバンドルの Web コンテキストを停止します。

25.4.2. 構文

web:stop [options] ids

25.4.3. 引数

名前説明

ids

空白で区切られたバンドル ID の一覧

25.4.4. オプション

名前説明

--help

ヘルプメッセージを表示します。