Menu Close

12.4. Fabric8 Karaf 機能の使用

Fabric8 は Apache Karaf のサポートを提供し、Kubernetes の OSGi アプリケーションの開発を容易にします。

Fabric8 の重要な機能を以下に示します。

  • Blueprint XML ファイルでプレースホルダーを解決するさまざまなストラテジー。
  • 環境変数
  • システムプロパティー
  • サービス
  • Kubernetes の ConfigMap
  • Kubernetes の Secret
  • Kubernetes の設定マップを使用して、OSGi 設定管理を動的に更新します。
  • OSGi サービスの Kubernetes ヘルスチェックを提供します。

12.4.1. Fabric8 Karaf 機能の追加

この機能を追加するには、fabric8-karaf-features 依存関係をプロジェクトの POM フィルに追加します。

手順

  1. プロジェクトの pom.xml ファイルを開き、fabric8-karaf-features 依存関係を追加します。
<dependency>
  <groupId>io.fabric8</groupId>
  <artifactId>fabric8-karaf-features</artifactId>
  <version>${fabric8.version}</version>
  <classifier>features</classifier>
  <type>xml</type>
</dependency>

Fabric8 Karaf 機能が Karaf サーバーにインストールされます。