Menu Close

9.2. Spring Boot Narayana リカバリーコントローラー

Spring Boot Narayana リカバリーコントローラーは、終了前に保留中のトランザクションをクリーンアップして、StatefulSet のスケールダウンフェーズを正常に処理できるようにします。スケールダウン操作が実行されても、終了後に Pod がクリーンアップされない場合は、以前のレプリカが復元されるため、スケールダウン操作が効果的にキャンセルされます。

StatefulSet のすべての Pod は、StetefulSet に属する各 Pod の終了状態を保存するために使用される共有ボリュームにアクセスできる必要があります。StatefulSet の pod-0 は状態を定期的にチェックし、StatefulSet のサイズが合わない場合に適切なサイズにスケーリングします。

リカバリーコントローラーが動作するには、現在の namespace のパーミッションを編集する必要があります (ロールバインディングは OpenShift に公開されたリソースセットに含まれています)。リカバリーコントローラーを無効にするには、CLUSTER_RECOVERY_ENABLED 環境変数を使用します。この場合、サービスアカウントに特別なパーミッションは必要ありませんが、スケールダウン操作によって、保留中のトランザクションが通知のないまま終了された Pod に残される可能性があります。