Menu Close

2.5.3. OpenShift 環境変数

アプリケーションの Prometheus インスタンスを設定するには、表2.2「Prometheus 環境変数」 にリストされている OpenShift 環境変数を設定します。

表2.2 Prometheus 環境変数

環境変数説明デフォルト

AB_PROMETHEUS_HOST

バインドするホストアドレス。

0.0.0.0

AB_PROMETHEUS_OFF

設定されている場合、Prometheus のアクティベートを無効にします (空の値をエコーします)。

Prometheus が有効。

AB_PROMETHEUS_PORT

使用するポート。

9779

AB_JMX_EXPORTER_CONFIG

ファイル (パスを含む) を Prometheus 設定ファイルとして使用します。

Camel メトリクスが含まれる /opt/prometheus/prometheus-config.yml ファイル。

AB_JMX_EXPORTER_OPTS

JMX エクスポーター設定に追加する追加オプション。

該当なし

その他のリソース

Pod の環境変数の設定に関する詳細は、『OpenShift 開発者ガイド』 (https://access.redhat.com/documentation/ja-jp/openshift_container_platform/3.11/html/developer_guide/index) を参照してください。