Menu Close

第15章 Fuse on OpenShift のパッチ適用

以下のタスクを 1 つ以上実行して、Fuse on OpenShift 製品を最新のパッチレベルにする必要がある場合があります。

Fuse on OpenShift イメージのパッチ適用
OpenShift サーバーの Fuse on OpenShift イメージを更新し、新しいアプリケーションのビルドが Fuse ベースイメージのパッチが適用されたバージョンをベースにするようにします。
BOM を使用したアプリケーション依存関係のパッチ適用
プロジェクト POM ファイルの依存関係を更新し、アプリケーションがパッチが適用されたバージョンの Maven アーティファクトを使用するようにします。
Fuse on OpenShift テンプレートのパッチ適用
OpenShift サーバーの Fuse on OpenShift テンプレートを更新し、Fuse on OpenShift テンプレートで作成された新しいプロジェクトがパッチが適用されたバージョンの Maven アーティファクトを使用するようにします。

15.1. BOM および Maven 依存関係に関する重要事項

Fuse on OpenShift のコンテキストでは、アプリケーションはすべて Red Hat Maven リポジトリーからダウンロードした Maven アーティファクトを使用してビルドされます。そのため、アプリケーションコードにパッチを適用するには、プロジェクトの POM ファイルを編集し、Maven 依存関係を変更して適切な Fuse on OpenShift パッチバージョンを使用することのみが必要となります。

Fuse on OpenShift の Maven 依存関係をすべて一緒にアップグレードし、すべて同じパッチバージョンの依存関係をプロジェクトが使用することが重要になります。Fuse on OpenShift は、一緒にビルドおよびテストされた、Maven アーティファクトのセットで構成されます。Fuse on OpenShift の異なるパッチレベルの Maven アーティファクトを一緒に使用すると、Red Hat がテストおよびサポートしていない信頼できない設定になる可能性があります。このような状況を回避する最も簡単な方法は、Fuse on OpenShift でサポートされる Maven アーティファクトのバージョンをすべて定義する BOM (Bill of Materials) ファイルを Maven で使用することです。BOM ファイルのバージョンを更新すると、プロジェクトの POM にあるすべての Fuse on OpenShift Maven アーティファクトのバージョンが自動的に更新されます。

Fuse on OpenShift Maven archetype または Fuse on OpenShift テンプレートによって生成された POM ファイルには、BOM ファイルを使用する標準レイアウトがあり、必要な特定のプラグインのバージョンを定義します。標準レイアウトはアプリケーションの依存関係のパッチ適用やアップグレードを大変容易にするため、独自のアプリケーションでこの標準レイアウトを使用することが推奨されます。