Menu Close

B.2. Karaf Maven プラグインの設定

karaf-maven-plugin は、Maven スコープに関連する 3 つのステージを定義します。プラグイン設定は、インストールされた feature リポジトリーから機能を参照して、これらの要素を使用して機能をインストールする方法を制御します。

  • スタートアップステージ: etc/startup.properties

    このステージでは、etc/startup.properties に含まれるバンドルのリストを準備するためにスタートアップ機能、スタートアッププロファイル、およびスタートアップバンドルが使用されます。この結果、機能バンドルは適切な開始レベルで etc/startup.properties にリストされ、バンドルは system 内部リポジトリーにコピーされます。たとえば、<startupFeature>foo</startupFeature> のように feature_name または feature_name/feature_version 形式を使用できます。

  • ブートステージ: etc/org.apache.karaf.features.cfg

    このステージは、featuresBoot プロパティーで使用できる機能と、featuresRepositories プロパティーのリポジトリーを管理します。この結果、機能名が features サービス設定の boot-features に追加され、機能のすべてのバンドルが system 内部リポジトリーにコピーされます。たとえば、<bootFeature>bar</bootFeature> のように feature_name または feature_name/feature_version 形式を使用できます。

  • インストールステージ:

    このステージは、アーティファクトを ${karaf.home}/${karaf.default.repository} にインストールします。この結果、機能のバンドルすべてが system 内部リポジトリーにインストールされます。そのため、機能は起動時に外部リポジトリーにアクセスしなくてもインストールされることがあります。たとえば、<installedFeature>baz</installedFeature> のように feature_name または feature_name/feature_version 形式を使用できます。

  • ライブラリー

    プラグインは、ライブラリー URL を指定する 1 つ以上の library 子要素を持つ、libraries 要素を受け入れます。

    <libraries>
        <library>mvn:org.postgresql/postgresql/9.3-1102-jdbc41;type:=endorsed</library>
    </libraries>