Menu Close

C.5.2. ベースイメージを指定するモード

Fuse on OpenShift では、アプリケーションビルドのベースイメージは Java イメージ (Spring Boot アプリケーションの場合) または Karaf イメージ (Karaf アプリケーションの場合) のいずれかになります。Fabric8 Maven プラグインは、ベースイメージの指定に以下のモードをサポートします。

istag

(デフォルト): image stream は、OpenShift イメージストリームからタグ付けされたイメージを選択して動作します。この場合、ベースイメージは以下の形式で指定されます。

<namespace>/<image-stream-name>:<tag>

<namespace> は、イメージストリームが定義される OpenShift プロジェクトの名前に置き換えます (通常は openshift)。<image-stream-name> はイメージストリームの名前に置き換えます。<tag> はストリームの特定のイメージを識別します (またはストリームの最新イメージを追跡します)。

docker

docker モードは、イメージレジストリーから特定の Docker 形式イメージを選択して動作します。ベースイメージは直接リモートレジストリーから取得されるため、イメージストリームは必要ありません。この場合、ベースイメージは以下の形式で指定されます。

[<registry-location-url>/]<image-namespace>/<image-name>:<tag>

イメージ指定子は 任意で リモートイメージレジストリーの URL である <registry-location-url> で始まり、イメージ namespace <image-namespace>、イメージ名 <image-name>、およびタグ <tag> が続きます。

注記

オープンソースコミュニティーバージョンの fabric8-maven-plugin のデフォルト操作は Red Hat の製品化バージョンとは異なります。たとえば、コミュニティーバージョンのデフォルトモードは docker です。

C.5.2.1. istag モードのデフォルト値

デフォルトである istag モードが選択されている場合、Fabric8 Maven プラグインは以下のデフォルトイメージ指定子を使用して Fuse イメージを選択します (形式は <namespace>/<image-stream-name>:<tag> です)。

fuse7/fuse-eap-openshift:1.8
fuse7/fuse-java-openshift:1.8
fuse7/fuse-karaf-openshift:1.8
注記

Fuse イメージストリームでは、個別のイメージに 1.0-11.0-2 などのビルド番号がタグ付けされます。常に最新のイメージを追跡するよう、1.0 タグが設定されます。