Menu Close

C.4. Fabric8 Maven プラグインのゴールの理解

Fabric8 Maven プラグインは、スムーズな Java 開発環境を提供するゴールのセットをサポートします。ゴールは以下のように分類できます。

  • ビルドゴール は、Docker 形式イメージや S2I ビルドなどの Kubernetes および OpenShift ビルドアーティファクトを作成および管理するために使用されます。
  • 開発ゴール は、リソース記述子を開発クラスターにデプロイするために使用されます。また、開発クラスターのライフサイクルを管理するのにも便利です。

C.4.1. ビルドおよび開発ゴールの理解

Red Hat Fabric Integration Services 製品の Fabric8 Maven プラグインによってサポートされるゴールは次のとおりです。

表C.1 ビルドゴール

ゴール説明

fabric8:build

ビルドイメージ。Fuse on OpenShift では、OpenShift s2i ビルドストラテジーのみがサポートされることに注意してください。docker ビルドストラテジーはサポートされません。

fabric8:resource

Kubernetes または OpenShift リソース記述子を作成します。

fabric8:apply

リソースを実行中のクラスターに適用します。

fabric8:resource-apply

fabric8:resourcefabric8:apply を実行します。

表C.2 開発ゴール

ゴール説明

fabric8:deploy

リソース記述子の作成後にクラスターへデプロイし、アプリケーションをビルドします。バックグラウンドで実行すること以外は fabric8:run と同じです。

fabric8:undeploy

クラスターからリソース記述子をアンデプロイおよび削除します。

fabric8:start

以前デプロイされたアプリケーションを開始します。

fabric8:stop

以前デプロイされたアプリケーションを停止します。

fabric8:log

実行中のアプリケーションのログを表示します。

fabric8:debug

リモートのデバッグを有効にします。

fabric8:watch

プロジェクトワークスペースで変更を監視し、アプリケーションの再デプロイメントを自動的にトリガーします。