Menu Close

C.5.4. Karaf

Karaf ジェネレーターは、pom.xml ファイルで karaf-maven-plugin を見つけるとアクティベートされます。このジェネレーターは、一般的なジェネレーターオプションに加え、以下のオプションで設定が可能です。

表C.5 Karaf 設定オプション

要素説明デフォルト

baseDir

検出されたアーティファクトが配置される生成されたイメージ内のディレクトリー。ベースイメージも変更された場合のみ変更します。

/deployments

jolokiaPort

ベースイメージによって公開される Jolokia エージェントのポート。Jolokia ポートを公開したくない場合はこれを 0 に設定します。

8778

mainClass

呼び出すメインクラス。指定のない場合は次のようにジェネレーターがメインクラスを検索します。最初に、fat-jar を検出するためにチェックが実行されます。次に、main メソッドを持つ単一のクラスを探すために target/classes ディレクトリーがスキャンされます。何も見つからなかった場合や複数のクラスが見つかった場合は、ジェネレーターは何もしません。

 

user

ファイルを追加するユーザーやグループ。ベースイメージにユーザーがすでに存在している必要があります。通常の形式は <user>[:<group>[:<run-user>]]` です。ユーザーおよびグループは数値のユーザー id およびグループ id、または名前として指定することができます。グループ id は任意です。

jboss:jboss:jboss

webPort

サービスとして公開するポート。Web アプリケーションのポートであるはずです。ポートを公開しない場合はこれを 0 に設定します。

8080