Menu Close

11.2.2. 設定プロパティー Bean

設定プロパティー Bean は、インジェクションによって設定を受け取ることができる標準の Java Bean です。Java コードと外部設定メカニズムの間の基本的なインターフェースを提供します。

外部化設定および Bean レジストリー

以下のイメージは、spring-boot-camel-config クイックスタートで Spring Boot の外部化設定がどのように動作するかを示しています。

kube spring boot 01

設定メカニズムには以下の 2 つの主要部分があります。

プロパティーソース
設定へのインジェクションのプロパティー設定を提供します。デフォルトのプロパティーソースはアプリケーションの application.properties ファイルで、任意で ConfigMap オブジェクトまたは Secret オブジェクトによるオーバーライドが可能です。
設定プロパティー Bean
プロパティーソースから設定の更新を受け取ります。設定プロパティー Bean は、@Configuration または @ConfigurationProperties アノテーションが付けられた Java Bean です。
Spring Bean レジストリー
必要なアノテーションが付けられた 設定プロパティー Bean は、Spring Bean レジストリーに登録されます。
Camel Bean レジストリー
Camel Bean レジストリーは、自動的に Spring Bean レジストリーと統合されるため、登録された Spring Bean を Camel ルートで参照できます。

QuickstartConfiguration クラス

fuse78-configmap プロジェクトの設定プロパティー Bean は、以下のように QuickstartConfiguration Java クラス (src/main/java/org/example/fis/ ディレクトリー下) として定義されます。

package org.example.fis;

import org.springframework.boot.context.properties.ConfigurationProperties;
import org.springframework.context.annotation.Configuration;

@Configuration  1
@ConfigurationProperties(prefix = "quickstart")  2
public class QuickstartConfiguration {

    /**
     * A comma-separated list of routes to use as recipients for messages.
     */
    private String recipients;  3

    /**
     * The username to use when connecting to the async queue (simulation)
     */
    private String queueUsername;  4

    /**
     * The password to use when connecting to the async queue (simulation)
     */
    private String queuePassword;  5

    // Setters and Getters for Bean properties
    // NOT SHOWN
    ...
}
1
@Configuration アノテーションによって、QuickstartConfiguration クラスはインスタンス化され、quickstartConfiguration を ID として持つ Beanとして Spring に登録されます。これにより、Bean は自動的に Camel からアクセスできるようになります。たとえば、Camel 構文 ${bean:quickstartConfiguration?method=getQueueUsername} を使用すると、target-route-queue ルートは queueUserName プロパティーにアクセスできるようになります。
2
@ConfigurationProperties アノテーションは、プロパティーソースのプロパティー値を定義するときに使用する必要がある接頭辞 quickstart を定義します。たとえば、プロパティーファイルは recipients プロパティーを quickstart.recipients として参照します。
3
recipient プロパティーはプロパティーソースからインジェクトできます。
4
queueUsername プロパティーはプロパティーソースからインジェクトできます。
5
queuePassword プロパティーはプロパティーソースからインジェクトできます。