Menu Close

D.2. fabric8-camel-maven プラグインのプロジェクトへの追加

fabric8-camel-maven プラグインをプロジェクトに追加するには、fabric8-camel-maven プラグインをプロジェクトの pom.xml ファイルに追加します。

手順

  1. プラグインを有効にするには、以下を pom.xml ファイルに追加します。

    <plugin>
      <groupId>io.fabric8.forge</groupId>
      <artifactId>fabric8-camel-maven-plugin</artifactId>
      <version>2.3.90</version>
    </plugin>

    注意: fabric8-forge リリースの現在のバージョン番号を確認してください。最新のリリースは https://github.com/fabric8io/fabric8-forge/releases にあります。

  2. その後、ゴールの検証はコマンドラインまたは IDEA や Eclipse などの Java エディターから実行できます。

    mvn fabric8-camel:validate

プラグインの自動実行

プラグインを有効にしてビルドの一部として自動的に実行し、エラーを検出することも可能です。以下の例では、プラグインが実行されるタイミングがフェーズによって決定されます。この例では、メインのソースコードの完了後に実行される process-classes がフェーズです。

<plugin>
  <groupId>io.fabric8.forge</groupId>
  <artifactId>fabric8-camel-maven-plugin</artifactId>
  <version>2.3.80</version>
  <executions>
    <execution>
      <phase>process-classes</phase>
    <goals>
      <goal>validate</goal>
    </goals>
    </execution>
  </executions>
</plugin>

テストソースコードの検証

Maven プラグインを設定して、テストソースコードを検証することもできます。以下のように process-test-classes のとおりにフェーズを変更します。

<plugin>
  <groupId>io.fabric8.forge</groupId>
  <artifactId>fabric8-camel-maven-plugin</artifactId>
  <version>2.3.80</version>
  <executions>
    <execution>
      <configuration>
        <includeTest>true</includeTest>
      </configuration>
      <phase>process-test-classes</phase>
      <goals>
        <goal>validate</goal>
      </goals>
    </execution>
  </executions>
</plugin>