第8章 メールサーバーへの接続 (IMAP、POP3、SMTP)

インテグレーションは、IMAP または POP3 メールサーバーに接続してメールを取得したり、SMTP メールサーバーに接続してメールを送信したりすることができます。メールの取得時にインテグレーションの実行をトリガーするには、IMAP または POP3 メールサーバーへのコネクションを作成し、そのコネクションをシンプルなインテグレーションの最初のコネクションとして追加します。フローからメールを送信するには、SMTP メールサーバーへのコネクションを作成し、そのコネクションをフローの途中に追加するか、シンプルなインテグレーションを終了するために追加します。

詳細は以下を参照してください。

8.1. IMAP または POP3 メールサーバーへのコネクションの作成

受信したメールによって実行がトリガーされるシンプルなインテグレーションを作成する前に、IMAP または POP3 メールサーバーへのコネクションを作成する必要があります。

前提条件

このコネクションによってアクセスされるメールサーバーについて熟知している必要があります。特に、以下を知っている必要があります。

  • メールサーバーが IMAP または POP3 プロトコルを使用するかどうか。
  • 認証クレデンシャルが必要かどうか。必要な場合、ユーザー名とパスワードが必要です。
  • セキュリティーメソッドが実装されているかどうか。実装されている場合はどのメソッドかを知っている必要があります。
  • サーバー証明書が必要かどうか。必要な場合、サーバー証明書を指定できる必要があります。

手順

  1. Fuse Online の左パネルで Connections をクリックし、利用可能なコネクションを表示します。
  2. Create Connection をクリックし、Fuse Online コネクターを表示します。
  3. Receive Emails コネクターをクリックします。
  4. コネクションを設定します。

    1. Protocol フィールドで、imap を使用するか、pop3 を選択します。
    2. Email Host Name フィールドに、メールサーバーのホスト名、仮想ホスト名、または IP アドレスを入力します。
    3. Email Server Port Number フィールドに、メールサーバーがリッスンするポート番号を入力します。
    4. User Name フィールドに、このコネクションのアクセスが許可されるメールアカウントのユーザー名を指定します。このコネクションは、インテグレーションの実行中にこのメールアカウントをポーリングしてメッセージを受信します。

      まれに、メールサーバーがアクセスを認証しないことがあります。このような場合、ユーザー名やパスワードを指定する必要はありません。

    5. Password フィールドに、このコネクションのアクセスが許可されるメールアカウントのパスワードを指定します。
    6. 任意手順:メールサーバーがセキュリティーメソッドを実装する場合は Security Method フィールドで StartTLS または SSL/TLS を選択します。
    7. 任意手順:メールサーバーが内部ネットワークにある非公開のサーバーで、セキュリティーとして StartTLS または SSL/TLS を選択した場合、Server Certificate フィールドに自己署名メールサーバー証明書を貼り付けます。サーバー証明書が必要な場合、証明書を指定しないと Fuse Online はこのコネクションを検証できません。
  5. Validate をクリックします。Fuse Online は即座にコネクションの検証を試み、検証の成功または失敗を示すメッセージを表示します。検証に失敗した場合は、必要に応じて設定の詳細を修正し、再度検証を行います。
  6. 検証に成功したら Next をクリックします。
  7. Name フィールドに、このコネクションを別のコネクションと区別するために使用する名前を入力します。たとえば、Obtain Info Emails を入力します。
  8. Description は任意のフィールドで、このコネクションに関する便利な情報を入力します。たとえば、Connect to our company email server to obtain messages sent to info@ourcompany.com. を入力します。
  9. Save をクリックし、作成したコネクションが利用可能になったことを確認します。上記の例の名前を入力した場合は、インテグレーションに追加できるコネクションとして Obtain Info Emails が表示されます。

8.2. SMTP メールサーバーへのコネクションの作成

SMTP メールサーバーに接続してメールを送信するため、インテグレーションフローを編集する前に SMTP メールサーバーへのコネクションを作成する必要があります。

前提条件

このコネクションによってアクセスされるメールサーバーについて熟知している必要があります。特に、以下を知っている必要があります。

  • 認証クレデンシャルが必要かどうか。必要な場合、ユーザー名とパスワードが必要です。
  • セキュリティーメソッドが実装されているかどうか。実装されている場合はどのメソッドかを知っている必要があります。
  • サーバー証明書が必要かどうか。必要な場合、サーバー証明書を指定できる必要があります。

手順

  1. Fuse Online の左パネルで Connections をクリックし、利用可能なコネクションを表示します。
  2. Create Connection をクリックし、Fuse Online コネクターを表示します。
  3. Send Email コネクターをクリックします。
  4. コネクションを設定します。

    1. Email Host Name フィールドに、メールサーバーのホスト名、仮想ホスト名、または IP アドレスを入力します。
    2. Email Server Port Number フィールドに、メールサーバーがリッスンするポート番号を入力します。
    3. User Name フィールドに、このコネクションのアクセスが許可されるメールアカウントのユーザー名を指定します。このコネクションは、インテグレーションの実行中にこのメールアカウント使用してメッセージを送信します。

      まれに、メールサーバーがアクセスを認証しないことがあります。このような場合、ユーザー名やパスワードを指定する必要はありません。

    4. Password フィールドに、このコネクションのアクセスが許可されるメールアカウントのパスワードを指定します。
    5. 任意手順:メールサーバーがセキュリティーメソッドを実装する場合は Security Method フィールドで StartTLS または SSL/TLS を選択します。
    6. 任意手順:メールサーバーが内部ネットワークにある非公開のサーバーで、セキュリティーとして StartTLS または SSL/TLS を選択した場合、Server Certificate フィールドに自己署名メールサーバー証明書を貼り付けます。サーバー証明書が必要な場合、証明書を指定しないと Fuse Online はこのコネクションを検証できません。
  5. Validate をクリックします。Fuse Online は即座にコネクションの検証を試み、検証の成功または失敗を示すメッセージを表示します。検証に失敗した場合は、必要に応じて設定の詳細を修正し、再度検証を行います。
  6. 検証に成功したら Next をクリックします。
  7. Name フィールドに、このコネクションを別のコネクションと区別するために使用する名前を入力します。たとえば、Send Emails to Leads を入力します。
  8. Description は任意のフィールドで、このコネクションに関する便利な情報を入力します。たとえば、Connect to our company email server to send messages from info@ourcompany.com. を入力します。
  9. Save をクリックし、作成したコネクションが利用可能になったことを確認します。上記の例の名前を入力した場合は、インテグレーションに追加できるコネクションとして Send Emails to Leads が表示されます。

8.3. メールを取得してインテグレーションの実行をトリガー

メールの受信時にインテグレーションの実行をトリガーするには、IMAP または POP3 メールサーバーコネクションをシンプルなインテグレーションの最初のコネクションとして追加します。

前提条件

  • メールの取得元であるアカウントにアクセスできるように設定された IMAP または POP3 メールサーバーコネクションが作成されている必要があります。
  • メッセージを取得するフォルダーの名前を知っている必要があります。

手順

  1. Fuse Online パネルの左側にある Integrations をクリックします。
  2. Create Integration をクリックします。
  3. Choose a connection ページで、インテグレーションを開始するために使用するメールサーバーコネクションをクリックします。
  4. Choose an action ページで、Receive Email を選択し、コネクションのアクセスが許可されるメールアカウントからメッセージを定期的に取得します。
  5. アクションを設定するには以下を行います。

    1. Folder フィールドを空白のままにして受信トレイからメールを取得します。特定のフォルダーからメッセージを取得する場合は、そのフォルダーの名前を入力します。

      コネクションが POP3 メールサーバーにアクセスする場合、Inbox (受信トレイ) や Sent (送信済み) などの標準のフォルダーのみがサポートされます。

    2. Unseen Only チェックボックスを選択すると、メールサーバーで未読となっているメッセージのみを取得します。
    3. Delay フィールドで、デフォルトの 5 秒をメッセージのポーリング間隔の経過時間として指定します。別のポーリング間隔を指定する場合は、数値を入力し、時間の単位を選択します。
    4. Maximum Emails フィールドで、1 回のポーリング操作が返すことが可能な最大メッセージ数を入力します。デフォルトは 5 です。受信トレイまたはフォルダーに返信可能な最大数を超えるメッセージが含まれる場合、コネクションは最も古いメッセージを Maximum Emails に設定された数まで返します。

      ポーリングごとに以下を取得する場合は、Maximum Emails-1 に設定します。

      • Unseen Only が選択されている場合、指定フォルダーの新しいメッセージすべてを取得。
      • Unseen Only が選択されていない場合、指定フォルダーのメッセージすべてを取得。
  6. Next をクリックします。

結果

インテグレーションフローの最初にコネクションが表示されます。実行中にポーリングがメールを返した場合、コネクションはメッセージをインテグレーションの次のステップに渡します。ポーリングが返すメールがない場合、インテグレーションは実行を継続しますが、Fuse Online は残りのインテグレーションステップをトリガーしません。

以下のように設定された Receive Email アクションを例として取り上げます。

  • Folder フィールドを空白にして、コネクションが受信トレイをポーリングするようにします。
  • Unseen Only を選択します。
  • デフォルトの Delay (5 秒) および Maximum Emails (5) を指定します。

遅延中、次のポーリングが行われる前に 10 個のメッセージが受信トレイに受信されたとします。コネクションは最も古い 5 つのメッセージを返します。5 秒後に次のポーリングが行われ、コネクションは残りの 5 つのメッセージを返します。Maximum Emails に設定された数よりも多くのメッセージがある場合、コネクションは古いメッセージから返すため、新しいメッセージが受信されても残りの 5 つのメッセージが返されます。

8.4. インテグレーションからのメールの送信

メッセージを送信するメールサーバーコネクションは、フローの途中に追加したり、シンプルなインテグレーションを終了するために追加することができます。

前提条件

  • メッセージの送信元となるアカウントにアクセスできるように設定された SMTP メールサーバーコネクションが作成されている必要があります。
  • Fuse Online はインテグレーションの追加を要求したり、シンプルなインテグレーションの最後のコネクションを選択するよう要求します。

手順

  1. Add to Integration ページで、コネクションの追加先のプラス記号をクリックします。Fuse Online が最後のコネクションを選択するよう要求する場合は、このステップをスキップします。
  2. メッセージの送信に使用するメールサーバーコネクションをクリックします。
  3. Send Email アクションを選択します。
  4. メッセージを送信するメールアドレスを Email from フィールドに入力します。これは、メールアドレスを前のインテグレーションステップからこのコネクションにマップするデータマッパーステップを追加する場合でも必要です。
  5. 推奨手順: 以下の各フィールドに値を指定します。複数のメールアドレスはコンマで区切ります。

    1. Email to
    2. Email subject
    3. Email text
    4. Email cc
    5. Email bcc
  6. Parameter Priority フィールドで Input Values を指定するか、Consumed Data を選択します。これにより、以下のいずれかが優先されることを決定します。

    • このアクション設定の入力値
    • このコネクションにマップするデータ値

    Consumed Data の選択が推奨されます。これにより、メールフィールドに指定する値がデフォルトの値になります。

  7. Next をクリックして、コネクションをフローに追加します。

結果

インテグレーションフローで追加した場所にコネクションが表示されます。

次のステップ

必要な他のコネクションをすべてフローに追加します。その後、メールを送信するコネクションの前にデータマッパーステップを追加します。データマッパーステップでは、メールを送信するためにソースフィールドをターゲットフィールドにマップします。