5.2. CI/CD のインテグレーションのマーク付け

オンサイトの OCP で Fuse Online を稼働している場合、パイプラインのインテグレーションを特定するために、指定する CI/CD 環境のインテグレーションをマーク付けします。これにより、ラベルがインテグレーションに適用されます。

前提条件

Fuse Online がインストールされている OCP プロジェクトが必要です。

手順

  1. 左側の Fuse Online ナビゲーションパネルで Integrations をクリックします。
  2. インテグレーションのリストで、マーク付けするインテグレーションのエントリーの右側で Kebab をクリックし、ポップアップメニューを表示し、Manage CI/CD をクリックします。
  3. 表示されるダイアログで、以下のいずれかを行います。

    • このインテグレーションをマーク付けする環境が表示されている場合、その環境の左側にあるチェックボックスを選択します。
    • このインテグレーションをマーク付けする環境がすでに選択されている場合は、その環境を選択したままにしておきます。
    • 環境のラベルを作成する必要がある場合、Manage CI/CD をクリックすると、新しい環境ラベルを作成するダイアログが表示されます。必要なラベルを作成してから、この手順に戻り、インテグレーションをマーク付けします。

    Fuse Online によって、選択した環境ラベルがインテグレーションに適用されます。任意の数の環境ラベルをインテグレーションに適用できます。

  4. Save をクリックします。

結果

Fuse Online は、選択した環境のリリースのインテグレーションにラベルを付けます。バックエンド API はインテグレーションをフィルターリングして、たとえば test1 ラベルが付いたインテグレーションなどの検索を行うことができます。

次のステップ

パイプラインが特定の環境に対してマーク付けされたインテグレーションで動作できるようにするには、先に Fuse Online のパブリック API エンドポイントを公開する必要があります。外部ツールによって使用される Fuse Online パブリック REST API の公開 を参照してください。