第3章 OCP 上の Fuse Online の管理

オンサイトで Fuse Online を OpenShift Container Platform (OCP) にインストールしたら、Prometheus を使用してインテグレーションアクティビティーを監視し、Fuse Online 環境の復元に使用できる Fuse Online の定期的なバックアップを設定できます。必要に応じて、Fuse Online のアップグレード、Fuse Online のアンインストール、または Fuse Online が含まれる OCP プロジェクトの削除を行うことができます。

詳細は以下のトピックを参照してください。

3.1. Prometheus を使用した OCP での Fuse Online インテグレーションの監視

Prometheus を使用して Fuse Online インフラストラクチャーおよび Fuse Online インテグレーションを監視できます。これには、syndesis カスタムリソースの ops アドオンを有効にします。ops を有効にすると、別の OpenShift プロジェクトにインストールされた Prometheus インスタンスで Fuse Online を監視できます。ops アドオンは、Fuse Online をインストールする前および後で有効にできます。

以下の手順では、Fuse Online 設定を変更して Prometheus を有効にします。Fuse Online をインストールする前に Prometheus を有効にする場合は Fuse Online の設定に使用するカスタムリソース属性の説明 を参照してください。

前提条件

  • オンサイトで Fuse Online が OCP にインストールされ、稼働している必要があります。
  • oc クライアントツールがインストール済みであり、Fuse Online がインストールされている OCP クラスターに接続されている必要があります。
  • クラスター管理者権限を持つユーザーは、該当ユーザーがクラスターでアクセス権限を持つプロジェクトに Fuse Online をインストールするための権限を付与済みである必要があります。
  • ユーザー名とパスワードを知っている Red Hat developer のアカウントが必要です。https://developers.redhat.com に対して認証できるよう、インストールスクリプトから認証情報を求められます。アカウントの作成に関する詳細は、Red Hat レジストリーへのアクセスおよびその設定 を参照してください。

手順

  1. Fuse Online をインストールする権限を持つアカウントで OpenShift にログインします。以下に例を示します。

    oc login -u developer -p developer

  2. Fuse Online が稼働しているプロジェクトに切り替えます。以下に例を示します。

    oc project my-fuse-online-project

  3. syndesis カスタムリソースを編集します。

    1. 以下のコマンドを実行します。通常、エディターでリソースが開かれます。

      oc edit syndesis

    2. 以下の行がリソースにあることを確認します。必要に応じて編集します。

      spec:
        addons:
          ops:
            enabled: true
    3. リソースを保存します。

結果

この変更を syndesis カスタムリソースに保存すると、新しい OpenShift リソースのインストールが syndesis-operator によって引き起こされます。syndesis-server を再デプロイメントする必要はありません。

次のステップ

Prometheus および Grafana をインストールする Application Monitoring Operator をインストールします。

その他のリソース