2.2. Fuse Online の設定変更に関する一般的な手順

OCP にインストールされる Fuse Online 環境では、syndesis カスタムリソースを更新して設定を変更できます。変更を保存した後、構文が正しい場合は OpenShift によって syndesis-operator が更新されます。構文エラーがある場合は更新されません。

syndesis カスタムリソースの編集中、構文が正しい無効な設定を指定しないようにしてください。構文が正しい設定が無効であっても、更新された syndesis カスタムリソースが syndesis-operator によって使用されます。無効な設定を指定した場合、OpenShift の更新後でのみ判明します。更新中、OpenShift では無効な設定が削除されます。

前提条件

  • オンサイトで OCP に Fuse Online がインストールされている必要があります。
  • oc クライアントツールがインストール済みであり、Fuse Online がインストールされている OCP クラスターに接続されている必要があります。
  • Fuse Online の設定を変更するプロジェクトで Fuse Online をインストールする権限が必要です。
  • Fuse Online の設定に使用するカスタムリソース属性の説明 を読み、インストール後に変更可能な設定と、syndesis カスタムリソースを更新して設定変更を行う方法について理解する必要があります。

手順

  1. Fuse Online をインストールする権限を持つアカウントで OpenShift にログインします。以下に例を示します。

    oc login -u developer -p developer

  2. 設定を変更する Fuse Online 環境を実行している OpenShift プロジェクトに切り替えます。以下に例を示します。

    oc project my-fuse-online-project

  3. 任意手順:誤った内容を更新および保存した場合に備え、syndesis カスタムリソースに現在の設定のバックアップコピーを作成します。たとえば、以下のコマンドを実行すると、バックアップが syndesis_app_backup.yml ファイルに保存されます。

    oc get syndesis app -o yaml > syndesis_app_backup.yml

  4. 以下のコマンドを実行して、エディターで syndesis カスタムリソースを開きます。

    oc edit syndesis

  5. 必要に応じて syndesis カスタムリソースを編集します。
  6. リソースを保存します。
  7. 2 - 3 分間待ち、syndesis-operatorsyndesis カスタムリソースへの更新を使用できることを確認します。

    1. 以下のコマンドを実行して、syndesis カスタムリソースの内容を表示します。

      oc describe syndesis/app

    2. 内容を確認します。

      syndesis カスタムリソースに必要な設定が含まれていない場合は、これを再度編集して有効な設定を指定します。

結果

syndesis カスタムリソースのほとんどの変更によって syndesis-operator がトリガーされ、Fuse Online (syndesis-server) が再デプロイされます。よって、OpenShift によって新しいサーバーデプロイメントが作成されます。新しいサーバーの準備が整うまで、最大 1 - 2 分ほどかかります。準備が整うまで Fuse Online コンソールを使用することはできません。新しいサーバーのデプロイ中も、稼働中のインテグレーションは稼働し続けます。新しいデプロイメントの準備が整ったら、新しいサーバーによってインテグレーションの状態がロードされます。以下の場合に、Fuse Online コンソールを再度使用できます。

  • syndesis-server Pod の状態が Running である場合。
  • Fuse Online コンソールを更新すると、インテグレーション、コネクション、メッセージ、および稼働時間の値が表示される場合。

syndesis カスタムリソースの変更によっては、Fuse Online 設定が更新されても syndesis-server の再デプロイメントは必要ないものがあります。以下に例を示します。

  • syndesis カスタムリソースを更新してバックアップを指定する場合、バックアップジョブが利用可能になるまで数秒かかります。
  • Fuse Online 設定を更新して Data Virtualization を有効にするには、Fuse Online コンソールのユーザーインターフェイスを更新し、Data Virtualization Pod をデプロイする必要があります。通常、コンソールの更新には最大 10 秒かかりますが、Data Virtualization Pod のデプロイにかかる時間は多数の要因によって異なります。Fuse Online 環境で Data Virtualization が有効になっていることを確認するには、以下を行います。

    1. Fuse Online コンソールの左側のパネルで Data をクリックします。
    2. Data Virtualizations ページで、データビューを追加できるはずです。

各設定変更の影響については インストール後に変更可能な Fuse Online の設定 を参照してください。