6.3. インテグレーションをマーク付けし、未指定のタグを維持するためのエンドポイント

このエンドポイントは PATCH メソッドを使用して、指定された環境の指定のインテグレーションをマーク付けします。インテグレーションが指定の環境に対してすでにマーク付けされている場合、エンドポイントはその環境ラベルのタイムスタンプを更新します。インテグレーションが新しいリクエストで指定されていない環境に対してマーク付けされていた場合、エンドポイントはそのタグをそのまま残し、タイムスタンプを更新しません。

この PATCH エンドポイントは、他の既存のタグを削除しなくてもタグが追加されるため、CI/CD ツールに便利です。これは、指定環境に対してインテグレーションをマーク付けし、リクエストで指定されていない環境のタグを削除する、PUT エンドポイントとは対象的です。

メソッドとエンドポイント

PATCH

/public/integrations/{id}/tags

表6.3 パラメーター

名前タイプ説明

必須のヘッダーパラメーター

-H "Content-Type: <media-type>"

application/json

エンドポイントが必要とするメディアタイプ。

-H "SYNDESIS-XSRF-TOKEN: awesome"

カスタム

認証に必要です。

-H 'Authorization: Bearer <token> '

カスタム

Fuse Online のパブリック REST API を公開する OpenShift サービスアカウントのシークレットトークン。パブリック REST API エンドポイントを呼び出すためのシークレットトークンの取得 を参照してください。

パスパラメーター

{id}

文字列

必須。指定の環境に対してマーク付けするインテグレーションの名前または内部 ID。インテグレーション ID の検索方法 を参照してください。

追加のパラメーター

--request PATCH

 

PATCH メソッドを指定します。

-d [env{,…​}]

文字列

必須。指定のインテグレーションに追加する 1 つ以上の環境ラベルをコンマ区切りで指定します。環境ラベルがすでに作成されている必要があります。エンドポイントはラベルを作成できません。CI/CD のインテグレーションのマーク付け を参照してください。

リクエストの例

以下の例では、エンドポイントは test2 および test3 環境に対して timer-to-log インテグレーションをマーク付けします。

public/integrations/timer-to-log/tags --request PATCH -d '["test2","test3"]'

生成されるもの

application/json

応答の例

{"test2":{"name":"test2","releaseTag":"i-LcXydouUFtBJfR_ylgrz","lastTaggedAt":1555365010746},"test3":{"name":"test3","releaseTag":"i-LcXydouUFtBJfR_ylgsz","lastTaggedAt":1555365010746},"test":{"name":"test","releaseTag":"i-Lc5WI16UFtBJfR_ylggz","lastTaggedAt":1554887553159,"lastExportedAt":1554887330152,"lastImportedAt":1554888047271},"staging":{"name":"staging","releaseTag":"i-Lc5WI16UFtBJfR_ylgfz","lastTaggedAt":1554887553159}}