1.5. Fuse Online をインストールする前にデフォルトのカスタムリソースファイルを編集

デフォルトの Fuse Online 環境をインストールする場合、デフォルトのカスタムリソースファイルを編集する必要はありません。OCP での Fuse Online のインストール を参照してください。

Fuse Online のカスタマイズ環境をインストールする場合は、Fuse Online をインストールする前に、 default-cr.yml ファイルを編集する必要があります。このファイルは、Fuse Online のダウンロードパッケージに含まれます。Fuse Online のインストール前にのみ指定できるカスタムリソース設定がいくつかあります。Fuse Online のインストール前にデフォルトのカスタムリソースファイルを編集する必要がある場合 を参照してください。

Fuse Online のインストール前または後に指定できる、その他のカスタムリソース設定があります。Fuse Online の設定に使用するカスタムリソース属性の説明 を参照してください。

Fuse Online のインストールプロセスでは default-cr.yml ファイルに指定された設定を使用して syndesis カスタムリソースを作成します。syndesis カスタムリソース設定によって、インストールされた Fuse Online 環境の設定が決定されます。

前提条件

  • オンサイトで Fuse Online を OCP にインストールし、実行する計画があります。
  • oc クライアントツールがインストール済みで、Fuse Online をインストールする計画のある OCP クラスターに接続されている必要があります。
  • クラスター管理者権限を持つユーザーは、該当ユーザーがクラスターでアクセス権限を持つプロジェクトに Fuse Online をインストールするための権限を付与済みである必要があります。

手順

  1. Fuse Online のインストールスクリプトが含まれるパッケージをダウンロードしていない場合は、以下を行います。

    1. 以下の場所からダウンロードします。

      https://github.com/syndesisio/fuse-online-install/releases/tag/1.9

    2. ファイルシステムの任意の場所で、ダウンロードしたアーカイブを展開します。fuse-online-install-1.9 ディレクトリーには、Fuse Online をインストールするためのスクリプトとサポートファイルが含まれます。
  2. Fuse Online をインストールする権限を持つアカウントで OpenShift にログインします。以下に例を示します。

    oc login -u developer -p developer

  3. エディターで fuse-online-install-1.9/default-cr.yml ファイルを開きます。
  4. 必要な機能を有効にし、必要なパラメーターを設定するために、Default-cr.yml ファイルを編集します。指定の必要がある項目を判断するには、Fuse Online の設定に使用するカスタムリソース属性の説明 を参照してください。
  5. default-cr.yml ファイルを保存します。

結果

default-cr.yml ファイルに新しい Fuse Online インストールの設定が指定されます。

次のステップ

default-cr.yml ファイルを編集し、外部データベースを指定した場合は、Fuse Online をインストールする前に 外部データベースで Fuse Online をインストールするためのシークレットの作成 の手順にしたがいます。それ以外の場合は、OCP での Fuse Online のインストール の手順にしたがいます。