13.2. Fuse on OpenShift イメージのパッチ適用

Fuse on OpenShift イメージは、メインの Fuse 製品から独立して更新されます。Fuse on OpenShift イメージにパッチが必要な場合、更新されたイメージは標準の Fuse on OpenShift イメージストリームで利用可能になり、更新されたイメージは Red Hat イメージレジストリー registry.redhat.io からダウンロードできます。Fuse on OpenShift は以下のイメージストリームを提供します (OpenShift イメージストリーム名 によって識別されます)。

  • fuse7-java-openshift
  • fuse7-karaf-openshift
  • fuse7-eap-openshift
  • fuse7-console
  • apicurito-ui
  • fuse-apicurito-generator

手順

  1. 通常、Fuse on OpenShift イメージストリームは、OpenShift サーバーの openshift プロジェクトにインストールされます。OpenShift の Fuse on OpenShift イメージの状態をチェックするには、管理者として OpenShift にログインし、以下のコマンドを入力します。

    $ oc get is -n openshift
    NAME                            DOCKER REPO                                           TAGS                            UPDATED
    fuse7-console                   172.30.1.1:5000/openshift/fuse7-console               1.0,1.1,1.2,1.3,1.4,1.5,1.6     About an hour ago
    fuse7-eap-openshift             172.30.1.1:5000/openshift/fuse7-eap-openshift         1.0,1.1,1.2,,1.3,1.4,1.5,1.6    About an hour ago
    fuse7-java-openshift            172.30.1.1:5000/openshift/fuse7-java-openshift        1.0,1.1,1.2,1.3,1.4,1.5,1.6     About an hour ago
    fuse7-karaf-openshift           172.30.1.1:5000/openshift/fuse7-karaf-openshift       1.0,1.1,1.2,1.3,1.4,1.5,1.6     About an hour ago...
    fuse-apicurito-generator        172.30.1.1:5000/openshift/fuse-apicurito-generator    1.2,1.3,1.4,1.5,1.6             About an hour ago...
    apicurito-ui                    172.30.1.1:5000/openshift/apicurito-ui                1.2,1.3,1.4,1.5,1.6             About an hour ago...
  2. 各イメージストリームを 1 つずつ更新できるようになりました。

    oc import-image -n openshift fuse7-java-openshift:1.6
    oc import-image -n openshift fuse7-karaf-openshift:1.6
    oc import-image -n openshift fuse7-eap-openshift:1.6
    oc import-image -n openshift fuse7-console:1.6
    oc import-image -n openshift apicurito-ui:1.6
    oc import-image -n openshift fuse-apicurito-generator:1.6
注記

イメージストリームのバージョンタグの形式は 1.6-<BUILDNUMBER> です。タグを 1.6 として指定すると、1.6 ストリームの最新ビルドが取得されます。

注記

新しい Fuse on OpenShift イメージが利用できるようになったときに毎回再ビルドを自動的にトリガーするよう、Fuse アプリケーションを設定することもできます。詳細は、OpenShift Container Platform 3.11 開発者ガイドの デプロイメントトリガーの設定 を参照してください。