第7章 Apache Camel K の有効化による OCP での Fuse Online デプロイメントの高速化

テクノロジープレビューの Apache Camel K を Fuse Online の任意のアドオンとしてインストールして、OCP でのインテグレーションのデプロイメントを迅速化することができます。

重要

Camel K はテクノロジープレビューの機能です。テクノロジープレビュー機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。Red Hat は実稼働環境でこれらを使用することを推奨していません。

テクノロジープレビュー機能では、最新の製品機能をいち早く提供します。これにより、お客様は開発段階で機能をテストし、フィードバックを提供できます。Red Hat のテクノロジープレビュー機能のサポート範囲に関する詳細は、https://access.redhat.com/ja/support/offerings/techpreview を参照してください。

以下のトピックでは Apache Camel K を紹介し、Fuse Online でインストールする方法を説明します。

7.1. Apache Camel K

Apache Camel K は、エンタープライズ統合パターン (Enterprise Integration Patterns) の Apache Camel フレームワークをベースとしたライトウェイトなクラウド統合プラットフォームです。Camel K は Kubernetes、OpenShift、および Knative でネイティブに実行され、特にサーバーレスおよびマイクロサービスアーキテクチャー向けに設計および最適化されています。

Camel K は、クラウドでのインテグレーションの実行時に、自動化およびパフォーマンスの最適化を提供します。これは Kubernetes Operator SDK を使用してインテグレーションをデプロイします (例: OCP でのサービスとルートの自動作成)。

Camel K は Apache Camel オープンソースコミュニティーのサブプロジェクトです。詳細は、https://github.com/apache/camel-k を参照してください。