4.5. Fuse Online パブリックエンドポイントを呼び出す curl コマンドを指定するための形式

Fuse Online のパブリック REST API エンドポイントを呼び出す curl コマンドの形式は、以下のようになります。

curl [options] \
     -H "Content-Type: <media-type>" \
     -H "SYNDESIS-XSRF-TOKEN: awesome" \
     -H `Authorization: Bearer <token>` \
     <base-url><endpoint> \
     [--request <HTTP-method>] \
     [-d <data>] \
     [-o <filename>]

[options]

選択した curl オプションを指定します。

<media-type>

エクスポートおよびインポートエンドポイントに、multipart/form-data を指定します。他のすべてのエンドポイントに、application/json を指定します。

<token>

パブリック REST API を公開するときに作成した OpenShift サービスアカウントのシークレットトークンを指定します。

<base-url>

エンドポイントが操作するインテグレーション、コネクション、または環境ラベルのある Fuse Online 環境のベース URL を指定します。

<endpoint>

呼び出すエンドポイントを指定します。

[--request <HTTP-method>]

任意で、HTTP メソッドを指定します (例: --request POST)。

[-d <data>]

任意で、呼び出されるエンドポイントに応じて、エンドポイントが必要とする引数を指定します。たとえば、インテグレーションの環境ラベルを test に変更するには、-d `test` を指定します。

[-o <filename>]

任意で、出力が含まれるファイルの名前を指定する必要がある場合には、 curl-o オプションとファイル名を指定します (例: -o export.zip) 。

以下の curl コマンドは、指定する 1 つまたは複数の環境に対してインテグレーションをマーク付けする Fuse Online のパブリック API エンドポイントを呼び出します。

curl -v -k -L -H "Content-Type: application/json" -H "SYNDESIS-XSRF-TOKEN: awesome" -H 'Authorization: Bearer eyJhbGciOiJSUzI1NiIsImtpZCI6IiJ9.eyJpc3MiOiJrdWJlcm5ldGVzL3NlcnZpY2VhY2NvdW50Iiwia3ViZXJuZXRlcy5pby9zZXJ2aWNlYWNjb3VudC9uYW1lc3BhY2UiOiJzeW5kZXNpcyIsImt1YmVybmV0ZXMuaW8vc2VydmljZWFjY291bnQvc2VjcmV0Lm5hbWUiOiJzeW5kZXNpcy1jZC1jbGllbnQtdG9rZW4tMnZjNmwiLCJrdWJlcm5ldGVzLmlvL3NlcnZpY2VhY2NvdW50L3NlcnZpY2UtYWNjb3VudC5uYW1lIjoic3luZGVzaXMtY2QtY2xpZW50Iiwia3ViZXJuZXRlcy5pby9zZXJ2aWNlYWNjb3VudC9zZXJ2aWNlLWFjY291bnQudWlkIjoiNjUxMjYxNGMtMmYwMS0xMWU5LTk3OWEtNDI1YWNlMzY3MTcyIiwic3ViIjoic3lzdGVtOnNlcnZpY2VhY2NvdW50OnN5bmRlc2lzOnN5bmRlc2lzLWNkLWNsaWVudCJ9.uKsri0JSKJDbgHoQwAhBJSNuWKwJgjegf2QlrCkhxVssSK1zIMZQaF9P5a4R7ZcWRnrZ_345UTqxYVeRlfHWVH0PqBkD-n7PAS9dcKJIFdS1jUHOmL1FTGgc3YW-bz1SlWT93tvK1EhorZ4_-EBfXhSAP4Uumi5qAg3_QUTMDstq233NSwBKYtFOw3Pp1ys3p3y0hcaiLMimeCH60vR4iWvptqqzc5QDigHiPySZNWxs_5awZlwdoIDvR-nSj690aC-49UKFgyEEdzdFU4bI2W4hOyDyhN9fVaIAZQKeJUrJBU-lnFTHI_NAd2OwzOEBpWZuj31Za5w9fU4kf4UDGA'
https://public-syndesis.192.168.64.42.nip.io/api/v1/public/integrations/timer-to-log/tags -d '["test","staging"]' --request PUT

サンプル curl コマンドでは、以下のとおりです。

  • コマンドの最後にある URL は、呼び出すエンドポイントの Fuse Online 環境を識別します。
  • timer-to-log は、指定した環境の timer-to-log インテグレーションをマーク付けすることを示します。
  • test および staging を指定すると、これらの環境の timer-to-log インテグレーションをマーク付けします。