2.7. ストレージ容量を増やす Fuse Online の設定

syndesis カスタムリソースは、複数のパラメーターの値を定義して Fuse Online 環境を設定します。このようなパラメーターの 1 つが volumeCapacity です。Fuse Online がコネクター、コネクション、インテグレーション、アクティビティー、および設定のデータを保存する内部 PostgreSQL データベースで利用可能なストレージの容量を決定します。volumeCapacity のデフォルト設定は 1Gi です。これは、ほとんどの Fuse Online 環境で十分なものです。

Fuse Online 設定は、OpenShift プロジェクトに Fuse Online をインストールする install_ocp.sh スクリプトを実行すると有効になります。内部データベースのボリューム容量を増やすことはできますが、保持するデータがない Fuse Online 環境でのみ可能です。つまり、コネクションとインテグレーションが含まれる Fuse Online 環境の volumeCapacity 設定を増やすことはできません。

前提条件

  • オンサイトで Fuse Online 7.5 が OCP にインストールされ、稼働している必要があります。
  • oc クライアントツールがインストールされ、ボリューム容量が増やされた Fuse Online をインストールする OCP クラスターに接続されている必要があります。
  • クラスター管理者権限を持つユーザーは、該当ユーザーがクラスターでアクセス権限を持つプロジェクトに Fuse Online をインストールするための権限を付与済みである必要があります。
  • 稼働している Fuse Online 環境で Fuse Online のサーバーエラーが発生し、Red Hat テクニカルサポートは、デフォルトよりも容量が大きいデータベースボリュームで Fuse Online 環境をインストールする必要があると判断している状況です。
  • Fuse Online が稼働している OpenShift プロジェクトで Fuse Online の内部ストレージ容量を増やす場合、この手順を開始する前に以下を実行する必要があります。

    1. 保持する Fuse Online インテグレーションをすべてエクスポートします。
    2. すべての Fuse Online インテグレーションを削除します。

手順

  1. Fuse Online インストールスクリプトが含まれるパッケージをダウンロードしていない場合は、以下の場所からダウンロードします。

    https://github.com/syndesisio/fuse-online-install/releases/tag/1.8

  2. ファイルシステムの任意の場所で、ダウンロードしたアーカイブを展開します。fuse-online-install-1.8 ディレクトリーには、Fuse Online をインストールするためのスクリプトとサポートファイルが含まれます。
  3. Fuse Online をインストールする権限を持つアカウントで OpenShift にログインします。以下に例を示します。

    $ oc login -u developer -p developer
  4. 現在のプロジェクトが Fuse Online をインストールするプロジェクトであることを確認します。現在のプロジェクトを表示するには、以下を実行します。

    $ oc project
  5. インストールスクリプトをダウンロードしたディレクトリーで、そのスクリプトを実行して syndesis リソースを取得します。これを後のステップで編集します。

    $ bash install_ocp.sh
  6. syndesis カスタムリソースを YAML ファイルとして取得します。

    oc get syndesis app -o yaml > syndesis.yaml
  7. syndesis.yaml を編集して、volumeCapacity パラメーター設定を増やします。以下に例を示します。

    apiVersion: "syndesis.io/v1alpha1"
    kind: "Syndesis"
    metadata:
      name: "app"
    spec:
      components:
        db:
          resources:
            volumeCapacity: 10Gi
  8. 編集した syndesis リソースを新しい名前 (例: custom-syndesis.yaml) で保存します。

    OpenShift は、新しい volumeCapacity の値を PersistentVolumeClaim オブジェクトにコピーします。

    警告

    削除しないコネクションやインテグレーションなどのデータがある Fuse Online 環境で、次のコマンドを実行しないでください。次の手順のコマンドを実行すると、この Fuse Online 環境にあるすべての Fuse Online オブジェクトのデータが削除されます。

  9. 以下を実行して Fuse Online データを削除します。

    oc delete syndesis app
  10. ボリュームの容量を増やして設定する新しい syndesis カスタムリソースを作成します。コマンドラインで、volumeCapacity 設定を更新した .yaml ファイルを指定します。以下に例を示します。

    oc create -f custom-syndesis.yaml

次のステップ

内部ストレージ容量を増やした Fuse Online 環境で、インテグレーションのインポート、インポートされたインテグレーションのコネクションの設定、およびインテグレーションのパブリッシュを行います。