2.3. OCP で稼働している Fuse Online 環境へのサンプルデータの追加

新しいユーザーが Fuse Online でのインテグレーションの作成方法を学べるよう、Fuse Online 環境にサンプルデータを追加することができます。サンプルデータには以下が含まれます。

  • PostgresDB コネクション。これにより、タスクに関するレコードが含まれる SQL データベースへのアクセスを提供します。新規ユーザーは、このコネクションを 1 回または複数回使用してレコードをクエリー、追加、変更、または削除するインテグレーションを作成できます。
  • To Do アプリケーション。これにより、ユーザーは AMQ to REST API サンプルインテグレーションが想定どおりに機能することを確認できます。

また、Fuse Online 環境にサンプルデータを追加せずに、サンプルデータが含まれる Fuse Online 評価環境をリクエスト することもできます。新しいユーザーは、Fuse Online サンプルインテグレーションのチュートリアル の指示に従って、サンプルインテグレーションを作成できます。

前提条件

  • オンサイトで Fuse Online 7.5 が OCP にインストールされ、稼働している必要があります。
  • oc クライアントツールがインストール済みであり、Fuse Online がインストールされている OCP クラスターに接続されている必要があります。
  • クラスター管理者権限を持つユーザーは、該当ユーザーがクラスターでアクセス権限を持つプロジェクトに Fuse Online をインストールするための権限を付与済みである必要があります。
  • ユーザー名とパスワードを知っている Red Hat developer のアカウントが必要です。https://developers.redhat.com に対して認証できるよう、インストールスクリプトから認証情報を求められます。アカウントの作成に関する詳細は、Red Hat レジストリーへのアクセスおよびその設定 を参照してください。

手順

  1. Fuse Online をインストールする権限を持つアカウントで OpenShift にログインします。以下に例を示します。

    $ oc login -u developer -p developer

  2. 現在のプロジェクトが Fuse Online で稼働しているプロジェクトであることを確認します。現在のプロジェクトを表示するには、以下を実行します。

    $ oc project

  3. syndesis カスタムリソースを編集します。

    1. 以下のコマンドを実行します。通常、エディターでリソースが開かれます。

      oc edit syndesis
    2. 以下の行をリソースの最後に追加します。

      spec:
        demoData: true
        addons:
          todo:
            enabled: true
    3. リソースを保存します。

      syndesis カスタムリソースに対するこの変更を保存することにより、Fuse Online のインストールを担う syndesis-operatorsyndesis-server を再デプロイするようトリガーされます。

  4. 再デプロイされたサーバーがサンプルデータを提供することを確認します。

    1. ブラウザーで Fuse Online コンソールを表示します。
    2. 左側のナビゲーションパネルで Connections をクリックします。
    3. PostgresDB コネクションが表示されることを確認します。