第4章 Maven のローカルでの設定

一般的な Fuse アプリケーションの開発では、Maven を使用してプロジェクトをビルドおよび管理します。

以下のトピックで Maven をローカルで設定する方法を説明します。

4.1. Maven 設定の準備

Maven は、Apache の無料のオープンソースビルドツールです。通常は、Maven を使用して Fuse アプリケーションをビルドします。

手順

  1. Maven ダウンロードページ から最新バージョンの Maven をダウンロードします。
  2. システムがインターネットに接続していることを確認します。

    プロジェクトのビルド中、Maven が外部リポジトリーを探し、必要なアーティファクトをダウンロードするのがデフォルトの動作になります。Maven はインターネット上でアクセス可能なリポジトリーを探します。

    このデフォルト動作を変更し、Maven がローカルネットワーク上のリポジトリーのみを探すようにすることができます。これは Maven がオフラインモードで実行できることを意味します。Maven はローカルリポジトリーでアーティファクトを探します。「ローカル Maven リポジトリーの追加」 を参照してください。

4.2. Red Hat リポジトリーを Maven へ追加

Red Hat Maven リポジトリーあるアーティファクトにアクセスするには、Red Hat Maven リポジトリーを Maven の settings.xml ファイルに追加する必要があります。Maven は、.m2 ディレクトリーで settings.xml ファイルを探します。ユーザー指定の settings.xml ファイルがない場合、Maven は M2_HOME/conf/settings.xml のシステムレベルの settings.xml ファイルを使用します。

前提条件

Red Hat リポジトリーを追加する settings.xml ファイルがある場所を知っている必要があります。

手順

以下の例のように、settings.xml ファイルに Red Hat リポジトリーの repository 要素を追加します。

<?xml version="1.0"?>
<settings>

  <profiles>
    <profile>
      <id>extra-repos</id>
      <activation>
        <activeByDefault>true</activeByDefault>
      </activation>
      <repositories>
       <repository>
            <id>redhat-ga-repository</id>
            <url>https://maven.repository.redhat.com/ga</url>
            <releases>
                <enabled>true</enabled>
            </releases>
            <snapshots>
                <enabled>false</enabled>
            </snapshots>
        </repository>
        <repository>
            <id>redhat-ea-repository</id>
            <url>https://maven.repository.redhat.com/earlyaccess/all</url>
            <releases>
                <enabled>true</enabled>
            </releases>
            <snapshots>
                <enabled>false</enabled>
            </snapshots>
        </repository>
        <repository>
          <id>jboss-public</id>
          <name>JBoss Public Repository Group</name>
          <url>https://repository.jboss.org/nexus/content/groups/public/</url>
        </repository>
      </repositories>
      <pluginRepositories>
        <pluginRepository>
            <id>redhat-ga-repository</id>
            <url>https://maven.repository.redhat.com/ga</url>
            <releases>
                <enabled>true</enabled>
            </releases>
            <snapshots>
                <enabled>false</enabled>
            </snapshots>
        </pluginRepository>
        <pluginRepository>
            <id>redhat-ea-repository</id>
            <url>https://maven.repository.redhat.com/earlyaccess/all</url>
            <releases>
                <enabled>true</enabled>
            </releases>
            <snapshots>
                <enabled>false</enabled>
            </snapshots>
        </pluginRepository>
        <pluginRepository>
          <id>jboss-public</id>
          <name>JBoss Public Repository Group</name>
          <url>https://repository.jboss.org/nexus/content/groups/public</url>
        </pluginRepository>
      </pluginRepositories>
    </profile>
  </profiles>

  <activeProfiles>
    <activeProfile>extra-repos</activeProfile>
  </activeProfiles>

</settings>

4.3. ローカル Maven リポジトリーの追加

インターネットへ接続せずに Apache Karaf コンテナーを実行し、オフライン状態では使用できない依存関係を持つアプリケーションをデプロイする場合、Maven 依存関係プラグインを使用してアプリケーションの依存関係を Maven オフラインリポジトリーにダウンロードすることができます。ダウンロード後、このカスタマイズされた Maven オフラインリポジトリーをインターネットに接続していないマシンに提供することができます。

手順

  1. pom.xml ファイルが含まれるプロジェクトディレクトリーで、以下のようなコマンドを実行し、Maven プロジェクトのリポジトリーをダウンロードします。

    mvn org.apache.maven.plugins:maven-dependency-plugin:3.1.0:go-offline -Dmaven.repo.local=/tmp/my-project

    この例では、プロジェクトのビルドに必要な Maven 依存関係とプラグインは /tmp/my-project ディレクトリーにダウンロードされます。

  2. etc/org.ops4j.pax.url.mvn.cfg ファイルを編集し、org.ops4j.pax.url.mvn.offline を true に設定します。これによりオフラインモードが有効になります。

    ##
    # If set to true, no remote repository will be accessed when resolving artifacts
    #
    org.ops4j.pax.url.mvn.offline = true
  3. このカスタマイズされた Maven オフラインリポジトリーを、インターネットに接続していない内部のマシンに提供します。

4.4. Maven アーティファクトおよびコーディネート

Maven ビルドシステムでは、アーティファクト が基本のビルドブロックです。ビルド後、アーティファクトの出力は通常 JAR や WAR ファイルなどのアーカイブになります。

Maven の主な特徴は、アーティファクトを見つけることができ、アーティファクト間の依存関係を管理できることです。Maven コーディネート は、特定のアーティファクトの場所を識別する値のセットです。基本的なコーディネートには、以下の形式の 3 つの値があります。

groupId:artifactId:version

基本的なコーディネートに packaging の値、または packagingclassifier の値の両方を追加することがあります。Maven コーディネートには以下の形式のいずれかを使用することができます。

groupId:artifactId:version
groupId:artifactId:packaging:version
groupId:artifactId:packaging:classifier:version

値の説明は次のとおりです。

groupdId
アーティファクトの名前の範囲を定義します。通常、パッケージ名のすべてまたは一部をグループ ID として使用します (例: org.fusesource.example)。
artifactId
グループ名に関連するアーティファクト名を定義します。
version
アーティファクトのバージョンを指定します。バージョン番号には n.n.n.n のように最大 4 つの部分を含めることができ、最後の部分には数字以外の文字を含めることができます。たとえば 1.0-SNAPSHOT の場合、最後の部分は英数字のサブ文字列 0-SNAPSHOT です。
packaging
プロジェクトのビルド時に生成されるパッケージ化されたエンティティーを定義します。OSGi プロジェクトでは、パッケージングは bundle になります。デフォルト値は jar です。
classifier
同じ POM からビルドされた内容が異なるアーティファクトを区別できるようにします。

アーティファクトの POM ファイルの要素は、以下のようにアーティファクトのグループ ID、アーティファクト ID、パッケージング、およびバージョンを定義します。

<project ... >
  ...
  <groupId>org.fusesource.example</groupId>
  <artifactId>bundle-demo</artifactId>
  <packaging>bundle</packaging>
  <version>1.0-SNAPSHOT</version>
  ...
</project>

前述のアーティファクトの依存関係を定義するには、以下の dependency 要素を POM ファイルに追加します。

<project ... >
  ...
  <dependencies>
    <dependency>
      <groupId>org.fusesource.example</groupId>
      <artifactId>bundle-demo</artifactId>
      <version>1.0-SNAPSHOT</version>
    </dependency>
  </dependencies>
  ...
</project>
注記

バンドルは特定タイプの JAR ファイルで、jar はデフォルトの Maven パッケージタイプであるため、前述の依存関係に bundle パッケージを指定する必要はありません。依存関係でパッケージタイプを明示的に指定する必要がある場合は、type 要素を使用できます。