Red Hat Training

A Red Hat training course is available for Red Hat Fuse

リリースノート

Red Hat Fuse 7.3

Red Hat Fuse の新機能

Fuse Documentation Team

概要

本リリースノートは、Red Hat Fuse のリリース間で変更になった内容の概要を取り上げます。

第1章 Fuse 7.3 の製品概要

1.1. Fuse のディストリビューション

Fuse 7.3 は、以下の 3 つのディストリビューションで提供されます。

Fuse スタンドアロン

複数のオペレーティングシステム上でサポートされる従来の Fuse ディストリビューションです。このディストリビューションは以下のコンテナータイプでサポートされます。

  • Apache Karaf
  • JBoss Enterprise Application Platform (EAP)
  • Spring Boot
Fuse on OpenShift

OpenShift でインテグレーションアプリケーションを実行するための Fuse ディストリビューションです (Red Hat Enterprise Linux オペレーティングシステムでサポートされます)。このディストリビューションでは、サポートされるコンテナータイプは docker 形式のコンテナーイメージで提供されます。

  • Java イメージ (Spring Boot 用)
  • Apache Karaf イメージ
  • JBoss EAP イメージ
Fuse Online

ブラウザーベースの UI を使用して簡単なワークフローにアクセスできる、インテグレーション初心者向けの Fuse ディストリビューションです。このディストリビューションは以下のようなデプロイメントで使用できます。

  • OpenShift Online Professional 層での事前インストール
  • Red Hat Managed Integration クラスター上のデプロイメント
  • オンプレミス Openshift クラスターのインストール

1.2. 新機能

Fuse 7.3 には、主要なコンポーネントのアップグレードや新機能が多く含まれています。詳細は、Fuse ディストリビューションの「新機能」のセクションを参照してください。

1.3. サポートされる構成

バージョン 7.3 でサポートされる構成、標準仕様、およびコンポーネントに関する詳細は、以下のカスタマーポータルの記事を参照してください。

第2章 Fuse Online

Fuse Online は、コードを作成せずに複数の異なるアプリケーションやサービスの統合を可能にする Web ブラウザーインターフェースを提供します。また、複雑なユースケースで必要な場合にコードを追加できる機能も提供します。

Fuse Online は、OpenShift のインテグレーションを Apache Camel を使用する Spring Boot として実行します。Camel-K はテクノロジープレビューのため、追加のランタイムとして使用できます。

2.1. Fuse Online ディストリビューション

Fuse Online は Red Hat の web ベースのインテグレーションプラットフォームです。Syndesis は Fuse Online のオープンソースプロジェクトです。Fuse Online は以下のような OpenShift 環境で実行されます。

ホスト環境

インストール

OpenShift Online
OpenShift Dedicated

Red Hat が Red Hat インフラストラクチャーに Fuse Online をインストールし、提供します。

OpenShift Container Platform

お客様がインストールし、管理します。

2.2. Fuse Online 7.3 の新機能

Fuse Online 7.3 は以下の新機能を提供します。

  • API プロバイダーインテグレーション がサポートされるようになりました。このインテグレーションは、これまでのリリースではテクノロジープレビューでした。API プロバイダーインテグレーションは、OpenAPI スキーマを提供した REST API サービスをパブリッシュします。REST API クライアントからの呼び出しによって、API プロバイダーインテグレーションが実行されます。

    API プロバイダーインテグレーションでないインテグレーションは、シンプルなインテグレーションと呼ばれるようになりました。

  • 以下に対して新しいコネクターが提供されます。

    • Google スプレッドシート

      Google Sheets への接続は、スプレッドシートデータやスプレッドシートプロパティーの返送、スプレッドシート値やプロパティーの更新、またはスプレッドシートへのチャートまたはピボットテーブルの挿入を行うことができます。

    • Apache Kudu

      Apache Kudu はApache Hadoop プラットフォーム向けに開発された列指向ストレージです。Fuse Online のインテグレーションは Kudu データストアに接続してテーブルをスキャンでき、テーブルのすべてのレコードをインテグレーションに返すか、レコードをテーブルに挿入します。

  • テキストベースの Internet Relay Chat に接続してメッセージを送受信する IRC コネクターがサポートされるようになりました。これは、これまでのリリースではテクノロジープレビューの機能でした。
  • インテグレーションのコレクションを処理するサポートには、以下の新機能が含まれます。

    • データマッパーの手順では、プリミティブ型のコレクションをマップ先またはマップ元とすることができ、複雑なコレクションにあるフィールドをマップ元またはマップ先とすることができるようになりました。実行中、データマッパーはソースコレクションを反復処理し、ターゲットにデータを追加します。
    • 新しい スプリットステップ (split step) はコレクションを個別の要素に分割します。インテグレーションは、後続のステップを各要素に対して 1 度処理します。コレクションが接続から以下のサービスの 1 つに返されると、スプリットステップはコレクションを分割できます。

      • Amazon S3
      • Google Sheets
      • Kudu
      • OData
      • ServiceNow
      • SQL データベース
    • 集約ステップ (aggregate step) は新しいステップで、要素を結合してコレクションにし、コレクションをフローの次のステップに渡します。インテグレーションは、後続のステップをコレクションに対して 1 度実行します。スプリットステップをフローに追加してから、集約ステップを追加する必要があります。集約ステップの後、通常はインテグレーションにデータマッパーステップ (data mapper step) が必要です。集約ステップの出力コレクションは、Google Sheets 接続のみへ直接入力 (データマッパーステップに干渉しない) できます。
  • テンプレートステップ (template step) では、Fuse Online は FreemarkerVelocity、および Mustache テンプレートをサポートするようになりました。
  • Fuse Online を OpenShift Container Platform (OCP) にてオンプレミスで実行している場合、以下の新機能を使用できます。

2.3. Fuse Online 7.3 での変更点

Fuse Online 7.3 では 7.2 の機能が以下のように変更されました。

  • これまでのリリースでは、以下のサービスの 1 つへの接続がコレクションを返すと、Fuse Online は返されたコレクションを個別の要素に分割し、後続のインテグレーションステップを各要素に対して 1 度実行しました。

    • Amazon S3
    • SQL データベース
    • ServiceNow

    Fuse Online 7.3 では、これらの接続は、以下に入力できるコレクションを返すようになりました。

    • データマッパーステップ。プリミティブ型のコレクションをマップ先またはマップ元としたり、複雑なコレクションのフィールドをマップ先またはマップ元とすることができます。
    • 7.3 で新規導入された、スプリットステップ。

    既存のインテグレーションおよびインポートしたインテグレーションでの動作を保持するため、Fuse Online は接続の 1 つの後に、新しい 7.3 でのスプリットステップを自動的にインテグレーションに追加します。これは、Fuse Online 7.3 へのアップグレードの一部として行われるか、7.2 のインテグレーションを Fuse Online 7.3 の環境にインポートするときに行われます。

    インテグレーションをコレクションで操作するには、アップグレードされたインテグレーションを編集し、スプリットステップを削除します。ほとんどの場合で、データマッパーステップの追加や再設定も必要になります。

    詳細は、「How to process a collection in a flow」を参照してください。

  • 以下の 1 つが、コレクションとして指定されたデータを返した場合にそのコレクションをデータマッパーステップでマップすることができるようになりました。

    • API プロバイダーインテグレーション
    • AMQP メッセージブローカー接続
    • HTTP/HTTPS 接続
    • Red Hat AMQ 接続
    • Webhook 接続
  • 入力がコレクションとして指定されている場合に、データマッパーステップがコレクションを以下への入力として提供できるようになりました。

    • API プロバイダーインテグレーションの戻りパス。これは、各 API プロバイダーインテグレーションの操作フローの最後のステップになります。
    • メッセージをパブリッシュする AMQP メッセージブローカー接続。
    • コンテンツを格納、更新、または削除する HTTP/HTTPS 接続。
    • メッセージをパブリッシュする Red Hat AMQ 接続。
  • ログステップ をシンプルなインテグレーションの終了接続として追加したり、実行フローの途中に追加することができるようになりました。ログ接続は、インテグレーションに追加できないようになり、本リリースで非推奨となりました。ログ接続は今後のリリースで削除される予定です。

    7.3 へのアップグレード後、フローにログ接続がある稼働中のインテグレーションは継続して実行されます。フローの準備ができているログ接続は編集することができ、ログ接続があるインテグレーションは編集およびパブリッシュすることができます。本リリースではインテグレーションからログ接続を削除する必要はありませんが、最終的に削除する必要があります。インテグレーションの編集時にログ接続をログステップに変更してください。インテグレーションの可視化フローで、ログステップを追加したい部分のプラスマークをクリックします。Fuse Online がステップの選択を要求したら、Log をクリックします。

    ログステップは、ログ接続によって提供されたすべてのロギングを提供しません。

    • ログステップは各メッセージの ID をログに記録できません (内部的には、この ID は交換 ID です)。
    • ログステップでは、ログに記録するメッセージのログレベル (ERRORWARNINFODEBUG、および TRACE) を指定できません。
  • API プロバイダーインテグレーションでは、SELECT ステートメントを実行する SQL データベースの接続は結果セットが含まれるコレクションを返すようになりました。これまでのリリースでは、接続は結果セットの最初の記録のみを返しました。
  • これまでのリリースでは、テンプレートステップをインテグレーションに追加するときに、テンプレートの各プレースホルダーの前に body. を追加する必要がありました。この作業は必要ではなくなり、プレースホルダーに . を使用することができなくなりました。プレースホルダーに . を指定すると、エディターに構文エラーが表示されます。
  • オンプレミスにて OCP 上で Fuse Online を実行している場合、Fuse Online をインストールまたはアップグレードするスクリプトの実行に新しい要件が追加されました。https://developers.redhat.com のアカウントが必要で、https://developers.redhat.com のユーザー名とパスワードを覚えている必要があります。スクリプトはクレデンシャルを要求します。アカウントの作成に関する詳細は、「Accessing and Configuring the Red Hat Registry」を参照してください。

2.4. OpenShift Online で実行されている既存インテグレーションのアップグレード

Fuse 7.3 のリリース時、OpenShift Online の Fuse Online インフラストラクチャーは自動的にアップグレードされます。インフラストラクチャーのアップグレード中、OpenShift Online で実行されている既存のインテグレーションはすべてアップグレード中およびアップグレード後の実行が継続されます。しかし、既存のインテグレーションは古いバージョンの Fuse ライブラリーおよび依存関係で実行を継続します。

Fuse Online のインフラストラクチャーが新しいリリースにアップグレードされたことを知らせる電子メールのメッセージを受け取った後、既存のインテグレーションを再パブリッシュ (再起動だけではなく) してアップグレードします。これはできるだけ早期に行ってください。

Fuse Online 環境でインテグレーションを再パブリッシュするには、左側のナビゲーションパネルで Integrations をクリックした後、インテグレーションごとに以下の作業を行います。

  1. インテグレーションエントリーの右側にある three vertical dots をクリックし、Edit を選択します。
  2. Fuse Online で編集するインテグレーションが表示されたら、右上の Publish をクリックします。

パブリッシュを行うと、最新の Fuse Online 依存関係を使用して再ビルドが強制されます。

注記

統合に更新の必要がある新しい依存関係がある場合、Fuse Online ユーザーインターフェースに警告が表示されます。

2.5. 重要事項

Fuse Online ディストリビューションの Fuse 7.3 リリースにおける重要事項

  • Fuse Online アカウントは、同時に実行可能なインテグレーションの数が制限されています。詳細は、価格プランを参照してください。Fuse Online の評価アカウントをご使用の場合は、1 度に 1 つのインテグレーションのみを実行できます。
  • Fuse Online にアップロードする OpenAPI スキーマに出入力タイプが定義されていないことがあります。Fuse Online が出入力タイプを指定しない OpenAPI からカスタム API クライアントを作成した場合、API クライアントが処理できるフィールドにインテグレーションデータをマップするインテグレーションや、API クライアントが処理したフィールドから統合データをマップするインテグレーションを作成できません。インテグレーションにカスタム API を起点または終点とするマッピングが必要な場合、OpenAPI スキーマをアップロードするときに Review/Edit をクリックして API デザインツールの Apicurio を開き、出入力タイプの仕様を追加します。
  • カスタム API クライアントコネクターまたは API プロバイダーインテグレーション に使用する OpenAPI ドキュメントは、循環スキーマ参照を持つことができません。たとえば、リクエストまたは応答ボディーを指定する JSON スキーマは、そのスキーマ自体を全体的に参照することはできず、任意数の中間スキーマを介してそれ自体を部分的に参照することもできません。

2.6. テクニカルサポートの利用

テクニカルサポートを受けるには、Fuse Online の右上にある InfoIcon をクリックし、Support をクリックして Fuse Online サポートページを表示します。このページを使用して、すべてのインテグレーションまたは指定したインテグレーションの診断情報をダウンロードします。このページでサポートチケットの作成手順やダウンロードした診断情報の提供手順を確認できます。

2.7. テクノロジープレビューの機能

本リリースには、以下に示すテクノロジープレビュー機能が含まれています。

重要

テクノロジープレビューの機能は、Red Hat の本番環境のサービスレベルアグリーメント (SLA) ではサポートされず、機能的に完全ではないことがあるため、Red Hat は本番環境での使用は推奨しません。テクノロジープレビューの機能は、最新の技術をいち早く提供して、開発段階で機能のテストやフィードバックの収集を可能にするために提供されます。詳細は、「テクノロジプレビュー機能のサポート範囲」を参照してください。

  • 以下に対するコネクターです。

    • FHIR: FHIR (Fast Healthcare Interoperability Resources) サーバーに接続します。
    • OData - OData (Open Data Protocol) サービスに接続します。
  • Camel-K は追加のランタイムとして使用できます。
  • OAuth を使用する REST API クライアントでは、API クライアントコネクターの作成時に、そのコネクターから作成する接続のデフォルト OAuth2 の動作を変更することができます。OpenAPI 仕様への Fuse Online ベンダーエクステンションは以下をサポートします。

    • クライアントクレデンシャルをパラメーターとして提供。
    • HTTP レスポンスステータスコードを基にした新しいアクセストークンの取得。

第3章 Fuse on OpenShift

Fuse on OpenShift (Fuse Integration Services 7.0 以降の新名称) は、Fuse アプリケーションを OpenShift Container Platform にデプロイすることができます。

3.1. OpenShift のサポート対象バージョン

Fuse on OpenShift と使用する OpenShift Container Platform のサポート対象バージョンについては「Red Hat Fuse でサポートされる構成」を参照してください。

3.2. サポートされるイメージ

Fuse on OpenShift は以下の Docker 形式のイメージを提供します。

  • fuse7/fuse-java-openshift — Spring Boot
  • fuse7/fuse-karaf-openshift — Apache Karaf
  • fuse7/fuse-eap-openshift — Red Hat JBoss Enterprise Application Platform
  • fuse7/fuse-console — Hawtio コンソール
  • fuse7/fuse-apicurito — Apicurito REST API エディター
  • fuse7/fuse-apicurito-generator — Apicurito REST アプリケーションジェネレーター

3.3. テクノロジープレビューの機能

以下の Fuse on OpenShift の機能は テクノロジープレビュー であるため、Fuse 7.3 ではサポートされません。

データ統合
Red Hat Data Integration は、Teiid データ仮想化プロジェクトをベースとする、コンテナーネイティブなデータ仮想化サービスです。Red Hat Data Integration は、リレーショナルデータベース、ファイル、web サービス、SaaS リポジトリーなどの複数の異種ソースからのデータを組み合わせます。詳細は、『Data Integration』を参照してください。
Hawtio Operator のインストール
Kubernetes Operator は、OpenShift (または Kubernetes) アプリケーションのインストールおよび管理を簡単にするスクリプトです。Hawtio コミュニティーから、テクノロジープレビューである Fuse on OpenShift の Hawtio Operator にアクセスできます。これは、OpenShift で Hawtio Console をインストール、アップグレード、およびアンインストールする手順を簡単にします。Hawtio Operator の使用方法に関する詳細は、Hawtio コミュニティーのサイトの「README」を参照してください。
注記

インストールする Hawtio Operator や Hawtio Console はサポートされません。これは、テクノロジープレビューの機能で、本番環境でのテストには適していません。

Apicurito Operator のインストール
Apicurito プロジェクトより、テクノロジープレビューである Fuse on OpenShift の Apicurito Operator にアクセスできます。これは、OpenShift で Apicurito をインストール、アップグレード、およびアンインストールする手順を簡単にします。Apicurito Operator の使用方法に関する詳細は、Apicurito コミュニティーのサイトの「README」を参照してください。
注記

インストールする Apicurito Operator や Apicurito インスタンスはサポートされません。これは、テクノロジープレビューの機能で、本番環境でのテストには適していません。

3.4. 重要事項

Fuse on OpenShift ディストリビューションの Fuse 7.3 リリースにおける重要事項

Fuse 7.3 で推奨される Container Development Kit (CDK) 3.8 バージョン

OpenShift でアプリケーションを試す開発者は CDK 3.8 を使用することが推奨されます。「Fuse on OpenShift」 で説明したとおり、それ以前 CDK バージョンは CDK-397 の影響を受ける可能性が高くなります。

注記

CDK は開発者の利便性のためにのみ提供され、サポートされる OpenShift ディストリビューションではありません。

Fabric8 Maven プラグインを使用したアプリケーションの再デプロイ

Fabric8 Maven プラグインを使用して、Fuse on OpenShift アプリケーションを OpenShift Container Platform にデプロイする場合、mvn fabric8:deploy コマンドを使用しただけではアプリケーションを再デプロイできません。以下のコマンドシーケンスを使用してください。

mvn fabric8:undeploy
mvn fabric8:deploy

第4章 Fuse スタンドアロン

4.1. サポートされるコンテナー

Fuse スタンドアロン 7.3 は以下のランタイムコンテナーでサポートされます。

  • Spring Boot (スタンドアロン)
  • Apache Karaf
  • Red Hat JBoss Enterprise Application Platform (JBoss EAP)

4.2. Fuse 7.3 の新機能

Fuse スタンドアロンのバージョン 7.3 の主な新機能は次のとおりです。

Elytron クレデンシャルストアをサポートする新しい Karaf コンソールのコマンド

Karaf で Elytron クレデンシャルストアをサポートするために、以下の新しいコンソールコマンドが追加されました。

  • jasypt:list-algorithms
  • jasypt:digest
  • jasypt:encrypt
  • jasypt:decrypt
  • credential-store:create
  • credential-store:list
  • credential-store:store
  • credential-store:remove
Fuse on JBoss EAP の追加 Camel コンポーネント

以下の追加の Camel コンポーネントが Fuse on JBoss EAP (Wildfly Camel) でサポートされるようになりました。

  • camel-cmis
  • camel-fhir
  • camel-ganglia
  • camel-ipfs
  • camel-lra
  • camel-pgevent
  • camel-solr
  • camel-tika
  • camel-wordpress
Fuse on JBoss EAP での Elytron を使用した camel-undertow コンシューマーエンドポイントのセキュア化のサポート
Fuse 7.3 では、Fuse on JBoss EAP で Elytron セキュリティーを使用して Camel Undertow コンシューマーエンドポイントをセキュア化することが可能になりました。

4.3. テクノロジープレビューの機能

以下の Fuse スタンドアロンの機能は テクノロジープレビュー であるため、Fuse 7.3 ではサポートされません。

Saga EIP
Saga EIP (Enterprise Integration Pattern) はテクノロジープレビューの機能で、実稼働環境に適していない インメモリー Saga サービスのみが対象になります。LRA Saga サービスはサポートされません。詳細は『Apache Camel Development Guide』の「Saga EIP」を参照してください。

4.3.1. Camel LSP の Fuse Tooling サポート

Fuse Tooling は、Camel LSP (Language Server Protocol) エクステンションや、Visual Studio Code、Eclipse IDE、および Eclipse Che のプラグインを使用して、Camel アプリケーションの開発でクロスプラットフォームおよびクロス IDE を提供します。

Visual Studio Code では、WSDL を Camel Rest DSL サポートに提供するエクステンションを追加することもできます。

注記: これらの機能は、デフォルトで Red Hat CodeReady Studio の Fuse Tooling に含まれています。

Visual Studio Code の機能

Language Support for Apache Camel エクステンションは Camel URIs の以下の機能を提供します。

XML DSL および Java DSL の場合:

  • エディターは入力時に Camel コンポーネント、属性、および属性値のリストでコード補完を提供します。
  • Camel コンポーネントにマウスオーバーすると、エディターにコンポーネントの簡単な説明が表示されます (Apache Camel component reference から)。
  • ファイルを編集すると、エディターは Camel コードで Apache Camel 検証チェックを実行します。

XML DSL の場合のみ:

  • VS Code Outline パネルおよび Go > Go to Symbol in File ナビゲーションパネルで、Camel コンテキストおよびルートに移動できます。
  • エディターは入力時に directdirect VMVM、および SEDA コンポーネントの参照された ID に対し、コード補完を提供します。
  • 開いているすべての Camel ファイルで direct および direct VM コンポーネントの参照を見つけることができます。

WSDL 2 Camel Rest DSL エクステンション (wsdl2rest 実装) は、WSDL を Camel Rest DSL サポートに提供します。既存の WSDL ファイルを指定すると、このエクステンションを使用して REST スタイルのアクセスの Camel Rest DSL + CXF ソリューションを生成できます。WSDL ファイルは、ローカルファイルシステム上にあるか、アクセス可能な web URL から見つけることができます。

Language Support for Camel LSP および WSDL to Camel Rest DSL 機能にアクセスするには、以下のエクステンションを 1 つ以上追加します。

Language Support for Apache Camel エクステンションは Camel URIs の以下の機能を提供します。

任意で、エクステンションを個別にインストールすることができます。

詳細は、以下の README ファイルを参照してください。

Eclipse IDE 機能

Language Support for Apache Camel Eclipse プラグインは Camel URIs に以下の機能を提供します。

XML DSL および Java DSL 両方の汎用 Eclipse テキストエディターの場合:

  • エディターは入力時に Camel コンポーネント、属性、および属性値のリストでコード補完を提供します。
  • Camel コンポーネントにマウスオーバーすると、エディターにコンポーネントの簡単な説明が表示されます (Apache Camel component reference から)。

Eclipse XML または Java エディターを使用する場合は、自動補完機能のみが提供されます。

Language Support for Apache Camel 機能にアクセスするには、Eclipse Marketplace から Eclipse プラグインをインストールします。詳細は、Apache Camel Language Server Protocol for Eclipse IDE の README file を参照してください。

Eclipse Che の機能

Eclipse Che 6 の Language Support for Apache Camel プラグインは、Camel URIs および XML DSL のみに機能を提供します。

  • エディターは入力時に Camel コンポーネント、属性、および属性値のリストでコード補完を提供します。
  • Camel コンポーネントにマウスオーバーすると、エディターにコンポーネントの簡単な説明が表示されます (Apache Camel component reference から)。
  • ファイルを保存すると、エディターは Camel コードで Apache Camel 検証チェックを実行します。

Eclipse Che 向けのこのプラグインをアクティベートするには、ワークスペースの設定を編集する必要があります。アクティベート方法の詳細は、Red Hat Developers のブログエントリー の「Use in OpenShift.io」を参照してください。

4.4. Fuse 7.3 の BOM ファイル

サポートされる Fuse 7.3 アーティファクトを使用するために Maven プロジェクトを設定するには、本セクションで説明する BOM バージョンを使用してください。

4.4.1. 旧スタイルの BOM

Fuse スタンドアロンアプリケーションをアップグレードして 7.3 の依存関係を使用するには、Maven の pom.xml を編集し、下表にある BOM と Maven プラグインのバージョンを変更します。

表4.1 旧スタイルの BOM を使用している 7.3 の Maven BOM およびプラグインのバージョン

コンテナータイプMaven BOM またはプラグインアーティファクト groupId/artifactIdFuse 7.3 向けのバージョン

Spring Boot

io.fabric8/fabric8-project-bom-camel-spring-boot

3.0.11.fuse-730075-redhat-00001

io.fabric8/fabric8-maven-plugin

3.5.33.fuse-730073-redhat-00001

org.springframework.boot/spring-boot-maven-plugin

1.5.17.RELEASE

Apache Karaf

org.jboss.fuse/jboss-fuse-parent

7.3.0.fuse-730079-redhat-00001

io.fabric8/fabric8-project-bom-fuse-karaf

3.0.11.fuse-730075-redhat-00001

org.apache.karaf.tooling/karaf-maven-plugin

4.2.0.fuse-730036-redhat-00001

JBoss EAP

org.wildfly.camel/wildfly-camel-bom

5.3.0.fuse-730041-redhat-00001

4.4.2. 新スタイルの BOM

Fuse スタンドアロンアプリケーションをアップグレードして 7.3 の依存関係を使用するには、Maven の pom.xml を編集し、下表にある BOM と Maven プラグインのバージョンを変更します。

表4.2 新スタイルの BOM を使用している 7.3 の Maven BOM およびプラグインのバージョン

コンテナータイプMaven BOM またはプラグインアーティファクト groupId/artifactIdFuse 7.3 向けのバージョン

Spring Boot

org.jboss.redhat-fuse/fuse-springboot-bom

7.3.0.fuse-730058-redhat-00001

org.jboss.redhat-fuse/fabric8-maven-plugin

7.3.0.fuse-730058-redhat-00001

org.jboss.redhat-fuse/spring-boot-maven-plugin

7.3.0.fuse-730058-redhat-00001

Apache Karaf

org.jboss.redhat-fuse/fuse-karaf-bom

7.3.0.fuse-730058-redhat-00001

org.jboss.redhat-fuse/karaf-maven-plugin

7.3.0.fuse-730058-redhat-00001

JBoss EAP

org.jboss.redhat-fuse/fuse-eap-bom

7.3.0.fuse-730058-redhat-00001

新スタイルの BOM の使用に関する詳細は、『Migration Guide』の「Migrate Maven Projects」を参照してください。

4.5. 重要事項

Fuse スタンドアロンディストリビューションの Fuse 7.3 リリースにおける重要事項

JBoss EAP 7.2 (JBoss EAP 7.1 から) を使用するようアップグレードされた Fuse on EAP
Fuse 7.3 リリースは、JBoss Enterprise Application Platform (EAP) 7.2 コンテナーで実行されるようになりました (Fuse の前リリースの JBoss EAP 7.1 からアップグレード)。詳細は、『JBoss EAP 7.2.0 リリースノート』を参照してください。
Apache Karaf での Servlet API 4.0 (Java EE 8 から) および Undertow 2.0 へのアップグレード

Fuse 7.3 は、Servlet API 3.1 (Java EE 7 から) ではなく Servlet API 4.0 (Java EE 8 から) を使用するようアップグレードされました。Servlet API 4.0 は Servlet API 3.1 と後方互換性があり、Karaf コンテナーに特定の変更が加えられたため、このアップグレードによるアプリケーションの移行リスクは小さくなります。以下に、Karaf ベースのアプリケーションを移行するときに注意すべき点を示します。

  • Undertow 2 サーバーはより新しい Servlet API 4.0 の実装です。
  • Karaf ユーザーまたは管理者の観点からでは、etc/undertow.xml または etc/org.ops4j.pax.web.cfg 設定ファイルに何も変更はありません。この設定はすべて同じです。
  • 開発者の観点から見ると、Servlet API 4.0 によってマイナーな変更が導入されています。

    • javax.servlet.http.HttpServletRequest および javax.servlet.http.HttpServletResponse インターフェースには新しいメソッドがいくつか追加されましたが、これらのメソッドは default となっています。そのため、開発者がこれらのインターフェースを実装しても問題はありません。どのような場合でも、これらのインターフェースの実装が必要になるのはまれです (サードパーティーライブラリーによって実装される可能性はあります)。
    • javax.servlet.ServletContext インターフェースには、default でない 新しいメソッドがいくつか追加されました。このインターフェースのバージョン 3.1 を実装するアプリケーションコードがある可能性は低く、また Fuse アプリケーションで新しいメソッドの 1 つを呼び出して java.lang.AbstractMethodError 例外がスローされる可能性も低くなります。すべての Fuse コンポーネント (Camel、CXF、pax-web を含む) には新しいメソッドが適切に実装されています (必要な場合)。
  • 潜在的に最も大きな影響は OSGi 制約に関連するものです (インポートパッケージ ↔ エクスポートパッケージ)。Karaf コンテナーの Fuse ディストリビューションでは、依存関係を指定したのがバージョン 3.1 か 4.0 のどちらであっても、アプリケーションが Servlet API 4.0 JAR を使用するよう Karaf コンテナーを変更すると問題が解決します。Servlet API 4.0 は 後方互換性があり、3.1 の代わりに使用する場合のリスクはありません。技術的な詳細は以下を続けてお読みください。

    Fuse 7.3 は、mvn:javax.servlet/javax.servlet-api/4.0.1 バンドルにアタッチする Fuse 固有の断片バンドル (mvn:org.jboss.fuse.modules/fuse-servlet-compatibility/7.3.0.fuse-730xxx) である Servlet API を提供するようになりました。

    karaf@root()> la|grep Servlet
    
     42 │ Active   │  30 │ 4.0.0                     │ Java Servlet API, Fragments: 191
    
    191 │ Resolved │  35 │ 7.3.0.fuse-730076         │ Red Hat Fuse :: Modules :: Servlet Compatibility, Hosts: 42

    Red Hat Fuse :: Modules :: Servlet Compatibility バンドルの役割は、Servlet API 4.0 バンドルのマニフェストを拡張することのみであるため、他のバンドルはすべて Servlet API のバージョンが 4.0 および 3.1 であることを認識できます。

第5章 非推奨となった機能および削除された機能

Fuse 7 の今後の変更に関するご質問やヘルプは、support@redhat.com にご連絡ください。

5.1. 非推奨となった機能

以下の機能は Fuse 7.3 で非推奨となったため、今後のリリースで削除される可能性があります。

非推奨となった HP-UX OS
HP-UX オペレーティングシステムは Fuse 7.2 より非推奨となり、このオペレーティングシステムのサポートは Fuse の今後のリリースで除外される可能性があります。JBoss EAP 7.2 コンテナーではすでに HP-UX のサポートが除外されたため、JBoss EAP 7.2 で実行される Fuse on JBoss EAP の今後のバージョンは HP-UX ではサポートされません
非推奨となった Camel MQTT コンポーネント
Camel MQTT コンポーネントは Fuse 7.0 で非推奨となり、Fuse の今後のリリースでは削除されます。このコンポーネントの代わりに、Eclipse Paho ライブラリーを使用して MQTT メッセージングプロトコルをサポートする Camel Paho コンポーネントを使用できます。
Linux 以外のオペレーティングシステムで非推奨となった Camel LevelDB コンポーネント
Camel LevelDB (camel-leveldb) コンポーネントは、Fuse 6.3 より Red Hat Enterprise Linux 以外のすべてのオペレーティングシステムで非推奨となりました。今後、Camel LevelDB コンポーネントは Red Hat Enterprise Linux でのみサポートされます。
非推奨となった Camel SJMS コンポーネントからの BatchMessage クラス
Camel SJMS コンポーネントからの BatchMessage クラスは Fuse 7 で非推奨となり (Apache Camel ではバージョン 2.17 より非推奨)、Apache Camel および Fuse の今後のバージョンで削除される可能性があります。

5.2. Fuse 7.3 で削除された機能

以下の機能は Fuse 7.3 で削除されました。

7.3 で削除された Camel YQL コンポーネント
Camel YQL コンポーネントは Fuse 7.3 で削除されました。
7.3 でブラックリスト指定された OpenJPA および OpenJPA3 Karaf 機能
openjpa 機能および openjpa3 機能は 7.3 の Apache Karaf コンテナーからブラックリスト指定 (削除) されました。Java Persistence Architecture (JPA) 実装では、代わりにサポートされる hibernate 機能を使用してください。
7.3 でブラックリスト指定された camel-jetty Karaf 機能
camel-jetty 機能は Jetty 8 を使用するため、7.3 の Apache Karaf コンテナーからブラックリスト指定 (削除) されました。この代わりに camel-jetty9 機能を使用してください。
7.3 でブラックリスト指定された pax-jms-oracleaq Karaf 機能
pax-jms-oracleaq 機能はサードパーティーの無償でない Oracle AQ ライブラリーを必要とするため、7.3 の Apache Karaf コンテナーからブラックリスト指定 (削除) されました。
7.3 の Fuse on EAP (Wildfly Camel) から削除された camel-elasticsearch コンポーネント
camel-elasticsearch コンポーネントは 7.3 の Fuse on EAP (Wildfly Camel) から削除されました。代わりに新しい camel-elasticsearch-rest コンポーネントを使用してください。

5.3. Fuse 7.2 で削除された機能

以下の機能は Fuse 7.2 で削除されました。

7.2 で削除された Camel XMLRPC コンポーネント
Camel XMLRPC コンポーネントは Fuse 7.2 で削除されました。
7.2 で削除された Camel Netty コンポーネント
Camel Netty コンポーネントは Fuse 7.2 で削除されました。この代わりに Camel Netty4 コンポーネントを使用することが推奨されます。

5.4. Fuse 7.0 で削除された機能

以下の機能は Fuse 7.0 で削除されました。

7.0 でサポートが除外された Red Hat JBoss Operations Network (JON)
Fuse 7.0 より Fuse on Karaf は JON をサポートしなくなり、JON ランタイムと統合するための JON プラグインの提供を停止しました。
7.0 で削除された組み込み ActiveMQ ブローカー
Fuse 7.0 より Fuse on Karaf は組み込み ActiveMQ ブローカーの提供を停止しました。そのため、サポートされるリモートブローカーへ直接接続するようにしてください。サポートされるブローカーの詳細は「Red Hat Fuse でサポートされる構成」の「サポートされるメッセージングプロバイダー」を参照してください。
7.0 で削除された Fuse インテグレーションパック
ルールやプロセスの実行に対するサポートは、Red Hat JBoss BPM Suite および Red Hat JBoss BRMS に含まれるコンポーネントによって提供されます。
7.0 で削除された子コンテナー管理用の Karaf コンソールコマンド

Fuse 7.0 より、子コンテナー管理用の Karaf コンソールコマンドはサポートされて いません。対象となる instance: (Karaf 4.x 構文) で始まるコンソールコマンドと、admin: (Karaf 2.x 構文) で始まるコンソールコマンドはサポートされません。

注記

Fuse 7.0 GA リリースでは、instance: コマンドはブラックリストに登録されていません。これは既知の問題です。

7.0 で削除された Switch Yard
Switch Yard は Fuse 7.0 で削除され、代わりに Apache Camel を直接使用する必要があります。詳細は、ナレッジベースの「SwitchYard Support Plan After Releasing Fuse 7」を参照してください。
7.0 で除外された Fabric8 1.x のサポート

Fuse 7.0 で Fabric8 v1 は Fabric8 v2 のコンポーネントが含まれる Fuse on OpenShift (旧名称 Fuse Integration Services) に置き換えられました。Fuse on OpenShift は、OpenShift 内でインテグレーションマイクロサービスの開発、デプロイメント、および管理を可能にするツールのセットと Docker 形式のイメージを提供します。

Fuse on OpenShift のアーキテクチャーは異なりますが、Fabric 8 v1 が提供する同じプロビジョニング、自動化、中央構成、管理要件に対応します。詳細は『Fuse on OpenShift Guide』を参照してください。

7.0で削除された Google App Engine の Camel コンポーネント
Google App Engine の Camel コンポーネント (camel-gae) は Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 で削除された Camel jBPM コンポーネント
Camel jBPM コンポーネント (camel-jbpm) は Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 で削除された Fuse をサービスとしてインストールするための Tanuki ベースのラッパー
Fuse をサービスとしてインストールするための Tanuki ベースのラッパースクリプト (wrapper:install Karaf コンソールコマンドを使用して生成) は Fuse 7.0 で削除されました。Apache Karaf コンテナーをサービスとしてインストールする場合、この代わりに bin/contrib ディレクトリーから新しい karaf-service-*.sh スクリプトを使用することが推奨されます。
7.0 で削除された Smooks
Switch Yard の Smooks コンポーネントは Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 で削除された BPEL
Riftsaw プロジェクトをベースとする BPEL は Fuse 7.0 で削除されました。BPEL を現在使用している場合は、Red Hat JBoss BPM Suite への移行を考慮することが推奨されます。
7.0 で削除された Design Time Governance
Design Time Governance コンポーネントは Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 で削除された Runtime Governance
Runtime Governance (RTGov) コンポーネントは Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 で削除された S-RAMP
S-RAMP (SOA Repository Artifact Model and Protocol) コンポーネントは Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 で削除された bin/patch スクリプト
bin/patch スクリプト (Windows O/S では bin\patch.bat) は Fuse 7.0 で削除されました。
7.0 でサポートされない Spring-DM (Spring Dynamic Modules)
Spring XML を Apache Karaf の OSGi サービスレイヤーと統合する Spring-DM は Fuse 7.0 ではサポートされないため、代わりに Blueprint フレームワークを使用する必要があります。Blueprint XML を使用しても、Spring フレームワークから Java ライブラリーを使用することはできます。最新バージョンの Spring は Blueprint と互換性があります。
7.0 でサポートされない Apache OpenJPA
JPA (Java Persistence API) の Apache OpenJPA 実装は Fuse 7.0 ではサポートされません。代わりに Hibernate 実装を使用することが推奨されます。

5.5. Fuse 7.0 で置き換えられた機能

以下の機能は Fuse 7.0 で置き換えられました。

7.0 で置き換えられた Geronimo トランザクションマネージャー
Fuse 7.0 では Karaf コンテナーの Geronimo トランザクションマネージャーが Narayana に置き換えられました。
7.0 で置き換えられた Jetty コンテナー
Fuse 7.0 では Jetty コンテナーが Undertow によって置き換えられました。この変更は最初に Jetty コンテナーの内部使用のみ (Karaf コンテナー内など) に適用されます。他の Jetty コンポーネントは今後のリリースで削除される可能性があります。

第6章 Fuse 7.3 でサポートされない機能

以下の機能は、Red Hat Fuse 7.3 ではサポートされません。

サポートされない Apache Karaf EclipseLink 機能
Apache Karaf EclipseLink 機能は Fuse ではサポートされません。この機能は JPA 2.2 に依存しますが、Fuse 7.2 の Karaf コンテナーは JPA 2.1と関連しているからです。
サポートされない Apache Aries Blueprint Web モジュール
Apache Aries Blueprint Web モジュールは Fuse ではサポートされません。Apache Camel のコミュニティー版で Blueprint Web を使用している例がありますが (個別ダウンロードとして提供)、Fuse でのサポートを意味するものではありません。
Apache Camel でサポートされない PHP スクリプト言語
PHP に使用できる OSGi バンドルがないため、PHP スクリプト言語は Apache Karaf コンテナーの Camel アプリケーションではサポートされません
Apache Camel でサポートされない Python スクリプト言語
Python に使用できる OSGi バンドルがないため、Python スクリプト言語は Apache Karaf コンテナーの Camel アプリケーションではサポートされません

第7章 既知の問題

以下の項ではバージョン 7.3 の既知の問題について説明します。

7.1. CVE セキュリティー脆弱性

Fuse はミドルウェア統合プラットフォームであるため、多くのサードパーティーコンポーネントと統合される可能性があります。そのため、サードパーティーの依存関係の一部にセキュリティーの脆弱性がある可能性を常に排除することは困難です。ここでは、Fuse 7.3 のサードパーティーの依存関係に影響する既知のセキュリティー脆弱性について説明します。

CVE-2017-12629 Solr/Lucene -security bypass to access sensitive data - CVE-2017-12629

Apache Solr は、Apache Lucene 検索エンジンを使用する一般的なオープンソースの検索プラットフォームです。アプリケーションが Apache Solar と Apache Lucene の組み合わせ (Camel Solr コンポーネントを使用している場合など) を使用する場合、このセキュリティー脆弱性の影響を受ける可能性があります。この脆弱性の詳細と軽減策について、リンク先のセキュリティーアドバイザリーを確認してください。

注記

Fuse ランタイムは Apache Solr や Apache Lucene を直接使用 しません。統合アプリケーションで Apache Solr と Apache Lucene を一緒に使用する場合のみセキュリティー上のリスクが発生します (Camel Solr コンポーネントを使用する場合など)。

7.2. Fuse Online

Fuse Online ディストリビューションの既知の問題は次のとおりです。

ENTESB-10577 Apicurito does not support YAML Open API spec files
Fuse 7.3.0 on OpenShift では、Picurito はデフォルトで OpenAPI 仕様ファイルを YAML 形式で生成しますが、生成された YAML ファイルを再インポートできません。現在、JSON 形式のみを Apicurito にインポートできます。
667 'null' when using "ItemAt" transformation from List<> → Number
ItemAt トランスフォーメーションを使用して List から Double へマップすると、データマッパーによって例外がスローされます。
1558 "Save as draft" and "Publish" buttons
Save as draft ボタンと Publish ボタンのいずれかをクリックし、手順が開始されても、両方のボタンがアクティブなままになります。
698 DB Connector: SQL parser doesn’t recognize parameters for LIKE
LIKE キーワードが含まれる SQL ステートメント (例: DELETE FROM TODO WHERE task LIKE ‘:#param’) では、LIKE キーワードを :#param などのデータマッパーパラメーターとともに使用できません。

7.3. Fuse on OpenShift

このセクションでは、OpenShift 上の Fuse アプリケーションのデプロイメントに影響する問題を取り上げます。特定のコンテナーに影響する問題の詳細は、Spring Boot、Fuse on Apache Karaf、および Fuse on JBoss EAP のセクションも参照にしてください。Fuse on OpenShift ディストリビューションの既知の問題を以下に示します。

ENTESB-10577 Apicurito does not support YAML Open API spec files
Fuse 7.3.0 on OpenShift では、Picurito はデフォルトで OpenAPI 仕様ファイルを YAML 形式で生成しますが、生成された YAML ファイルを再インポートできません。現在、JSON 形式のみを Apicurito にインポートできます。
ENTESB-9420 karaf-camel-rest-sql: Build creation stuck on "Receiving source from STDIN as archive"
初期のマイクロバージョンの OpenShift Container Platform (OCP) 3.10 にFuse アプリケーションをビルドまたはデプロイしようとすると、エラーが発生し、ビルドがハングする可能性があります。この問題が発生した場合、この問題が修正されている OCP 3.10.34 (またはそれ以降) にアップグレードすることが推奨されます。
CDK-397 OCP preflight check uses docker v1 API which is no longer available

一部の古い CDK バージョンを使用すると、minishift の起動時に以下のエラーが発生する可能性があります。

minishift start
-- Starting profile 'minishift'
-- Check if deprecated options are used ... OK
-- Checking if https://mirror.openshift.com is reachable ... OK
-- Checking if requested OpenShift version 'v3.11.16' is valid ... FAIL

この問題を回避するには、Fuse 7.3 で CDK 3.8 以上を使用します。

ENTESB-10362 multiple class javax/activation/DataHandler from different bundles

Fuse on OpenShift にデプロイされた Karaf ベースのアプリケーションがメッセージの添付を使用する場合 (暗黙的な javax.activation パッケージの依存関係)、この問題の影響を受けます。通常、以下のようなエラーメッセージが発生します。

Caused by: java.lang.LinkageError: loader constraint violation: when resolving overridden method "org.apache.cxf.jaxrs.provider.JAXBAttachmentMarshaller.addMtomAttachment(Ljavax/activation/DataHandler;Ljava/lang/String;Ljava/lang/String;)Ljava/lang/String;" the class loader (instance of org/apache/felix/framework/BundleWiringImpl$BundleClassLoader) of the current class, org/apache/cxf/jaxrs/provider/JAXBAttachmentMarshaller, and its superclass loader (instance of <bootloader>), have different Class objects for the type javax/activation/DataHandler used in the signature

OpenShift にデプロイされた Karaf ベースのアプリケーションからこのようなエラーメッセージが出力された場合、アプリケーションの Maven プロジェクトを以下のように編集すると、この問題を修正できます。Maven プロジェクトで新しい jre.properties ファイルを以下の場所に作成します。

src/main/resources/assembly/etc/jre.properties

以下の内容を jre.properties ファイルに追加します。

################################################################################
#
#    Licensed to the Apache Software Foundation (ASF) under one or more
#    contributor license agreements.  See the NOTICE file distributed with
#    this work for additional information regarding copyright ownership.
#    The ASF licenses this file to You under the Apache License, Version 2.0
#    (the "License"); you may not use this file except in compliance with
#    the License.  You may obtain a copy of the License at
#
#       http://www.apache.org/licenses/LICENSE-2.0
#
#    Unless required by applicable law or agreed to in writing, software
#    distributed under the License is distributed on an "AS IS" BASIS,
#    WITHOUT WARRANTIES OR CONDITIONS OF ANY KIND, either express or implied.
#    See the License for the specific language governing permissions and
#    limitations under the License.
#
################################################################################

#
# Java platform package export properties.
#

# Standard package set.  Note that:
#   - javax.transaction* is exported with a mandatory attribute
jre-1.6= \
 javax.accessibility, \
 javax.activation;version="1.1", \
 javax.activity, \
 javax.annotation;version="1.0", \
 javax.annotation.processing;version="1.0", \
 javax.crypto, \
 javax.crypto.interfaces, \
 javax.crypto.spec, \
 javax.imageio, \
 javax.imageio.event, \
 javax.imageio.metadata, \
 javax.imageio.plugins.bmp, \
 javax.imageio.plugins.jpeg, \
 javax.imageio.spi, \
 javax.imageio.stream, \
 javax.jws, \
 javax.jws.soap, \
 javax.lang.model, \
 javax.lang.model.element, \
 javax.lang.model.type, \
 javax.lang.model.util, \
 javax.management, \
 javax.management.loading, \
 javax.management.modelmbean, \
 javax.management.monitor, \
 javax.management.openmbean, \
 javax.management.relation, \
 javax.management.remote, \
 javax.management.remote.rmi, \
 javax.management.timer, \
 javax.naming, \
 javax.naming.directory, \
 javax.naming.event, \
 javax.naming.ldap, \
 javax.naming.spi, \
 javax.net, \
 javax.net.ssl, \
 javax.print, \
 javax.print.attribute, \
 javax.print.attribute.standard, \
 javax.print.event, \
 javax.rmi, \
 javax.rmi.CORBA, \
 javax.rmi.ssl, \
 javax.script, \
 javax.security.auth, \
 javax.security.auth.callback, \
 javax.security.auth.kerberos, \
 javax.security.auth.login, \
 javax.security.auth.spi, \
 javax.security.auth.x500, \
 javax.security.cert, \
 javax.security.sasl, \
 javax.sound.midi, \
 javax.sound.midi.spi, \
 javax.sound.sampled, \
 javax.sound.sampled.spi, \
 javax.sql, \
 javax.sql.rowset, \
 javax.sql.rowset.serial, \
 javax.sql.rowset.spi, \
 javax.swing, \
 javax.swing.border, \
 javax.swing.colorchooser, \
 javax.swing.event, \
 javax.swing.filechooser, \
 javax.swing.plaf, \
 javax.swing.plaf.basic, \
 javax.swing.plaf.metal, \
 javax.swing.plaf.multi, \
 javax.swing.plaf.synth, \
 javax.swing.table, \
 javax.swing.text, \
 javax.swing.text.html, \
 javax.swing.text.html.parser, \
 javax.swing.text.rtf, \
 javax.swing.tree, \
 javax.swing.undo, \
 javax.tools, \
 javax.transaction; javax.transaction.xa; partial=true; mandatory:=partial, \
 javax.xml, \
 javax.xml.bind;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.annotation;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.annotation.adapters;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.attachment;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.helpers;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.util;version="2.2.1", \
 javax.xml.crypto, \
 javax.xml.crypto.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig, \
 javax.xml.crypto.dsig.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig.keyinfo, \
 javax.xml.crypto.dsig.spec, \
 javax.xml.datatype, \
 javax.xml.namespace, \
 javax.xml.parsers, \
 javax.xml.soap;version="1.3", \
 javax.xml.stream;version="1.2", \
 javax.xml.stream.events;version="1.2", \
 javax.xml.stream.util;version="1.2", \
 javax.xml.transform, \
 javax.xml.transform.dom, \
 javax.xml.transform.sax, \
 javax.xml.transform.stax, \
 javax.xml.transform.stream, \
 javax.xml.validation, \
 javax.xml.ws;version="2.2", \
 javax.xml.ws.handler;version="2.2", \
 javax.xml.ws.handler.soap;version="2.2", \
 javax.xml.ws.http;version="2.2", \
 javax.xml.ws.soap;version="2.2", \
 javax.xml.ws.spi;version="2.2", \
 javax.xml.ws.wsaddressing;version="2.2", \
 javax.xml.ws.spi.http;version="2.2", \
 javax.xml.xpath, \
 org.ietf.jgss, \
 org.omg.CORBA, \
 org.omg.CORBA_2_3, \
 org.omg.CORBA_2_3.portable, \
 org.omg.CORBA.DynAnyPackage, \
 org.omg.CORBA.ORBPackage, \
 org.omg.CORBA.portable, \
 org.omg.CORBA.TypeCodePackage, \
 org.omg.CosNaming, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage, \
 org.omg.Dynamic, \
 org.omg.DynamicAny, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage, \
 org.omg.IOP, \
 org.omg.IOP.CodecFactoryPackage, \
 org.omg.IOP.CodecPackage, \
 org.omg.Messaging, \
 org.omg.PortableInterceptor, \
 org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage, \
 org.omg.PortableServer, \
 org.omg.PortableServer.CurrentPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAManagerPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAPackage, \
 org.omg.PortableServer.portable, \
 org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage, \
 org.omg.SendingContext, \
 org.omg.stub.java.rmi, \
 org.omg.stub.javax.management.remote.rmi, \
 org.w3c.dom, \
 org.w3c.dom.bootstrap, \
 org.w3c.dom.css, \
 org.w3c.dom.events, \
 org.w3c.dom.html, \
 org.w3c.dom.ls, \
 org.w3c.dom.ranges, \
 org.w3c.dom.stylesheets, \
 org.w3c.dom.traversal, \
 org.w3c.dom.views, \
 org.w3c.dom.xpath, \
 org.xml.sax, \
 org.xml.sax.ext, \
 org.xml.sax.helpers

# Standard package set.  Note that:
#   - javax.transaction* is exported with a mandatory attribute
jre-1.7= \
 javax.accessibility, \
 javax.activation;version="1.1", \
 javax.activity, \
 javax.annotation;version="1.0", \
 javax.annotation.processing;version="1.0", \
 javax.crypto, \
 javax.crypto.interfaces, \
 javax.crypto.spec, \
 javax.imageio, \
 javax.imageio.event, \
 javax.imageio.metadata, \
 javax.imageio.plugins.bmp, \
 javax.imageio.plugins.jpeg, \
 javax.imageio.spi, \
 javax.imageio.stream, \
 javax.jws, \
 javax.jws.soap, \
 javax.lang.model, \
 javax.lang.model.element, \
 javax.lang.model.type, \
 javax.lang.model.util, \
 javax.management, \
 javax.management.loading, \
 javax.management.modelmbean, \
 javax.management.monitor, \
 javax.management.openmbean, \
 javax.management.relation, \
 javax.management.remote, \
 javax.management.remote.rmi, \
 javax.management.timer, \
 javax.naming, \
 javax.naming.directory, \
 javax.naming.event, \
 javax.naming.ldap, \
 javax.naming.spi, \
 javax.net, \
 javax.net.ssl, \
 javax.print, \
 javax.print.attribute, \
 javax.print.attribute.standard, \
 javax.print.event, \
 javax.rmi, \
 javax.rmi.CORBA, \
 javax.rmi.ssl, \
 javax.script, \
 javax.security.auth, \
 javax.security.auth.callback, \
 javax.security.auth.kerberos, \
 javax.security.auth.login, \
 javax.security.auth.spi, \
 javax.security.auth.x500, \
 javax.security.cert, \
 javax.security.sasl, \
 javax.sound.midi, \
 javax.sound.midi.spi, \
 javax.sound.sampled, \
 javax.sound.sampled.spi, \
 javax.sql, \
 javax.sql.rowset, \
 javax.sql.rowset.serial, \
 javax.sql.rowset.spi, \
 javax.swing, \
 javax.swing.border, \
 javax.swing.colorchooser, \
 javax.swing.event, \
 javax.swing.filechooser, \
 javax.swing.plaf, \
 javax.swing.plaf.basic, \
 javax.swing.plaf.metal, \
 javax.swing.plaf.multi, \
 javax.swing.plaf.synth, \
 javax.swing.table, \
 javax.swing.text, \
 javax.swing.text.html, \
 javax.swing.text.html.parser, \
 javax.swing.text.rtf, \
 javax.swing.tree, \
 javax.swing.undo, \
 javax.tools, \
 javax.transaction; javax.transaction.xa; partial=true; mandatory:=partial, \
 javax.xml, \
 javax.xml.bind;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.annotation;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.annotation.adapters;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.attachment;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.helpers;version="2.2.1", \
 javax.xml.bind.util;version="2.2.1", \
 javax.xml.crypto, \
 javax.xml.crypto.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig, \
 javax.xml.crypto.dsig.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig.keyinfo, \
 javax.xml.crypto.dsig.spec, \
 javax.xml.datatype, \
 javax.xml.namespace, \
 javax.xml.parsers, \
 javax.xml.soap;version="1.3", \
 javax.xml.stream;version="1.2", \
 javax.xml.stream.events;version="1.2", \
 javax.xml.stream.util;version="1.2", \
 javax.xml.transform, \
 javax.xml.transform.dom, \
 javax.xml.transform.sax, \
 javax.xml.transform.stax, \
 javax.xml.transform.stream, \
 javax.xml.validation, \
 javax.xml.xpath, \
 org.ietf.jgss, \
 org.omg.CORBA, \
 org.omg.CORBA_2_3, \
 org.omg.CORBA_2_3.portable, \
 org.omg.CORBA.DynAnyPackage, \
 org.omg.CORBA.ORBPackage, \
 org.omg.CORBA.portable, \
 org.omg.CORBA.TypeCodePackage, \
 org.omg.CosNaming, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage, \
 org.omg.Dynamic, \
 org.omg.DynamicAny, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage, \
 org.omg.IOP, \
 org.omg.IOP.CodecFactoryPackage, \
 org.omg.IOP.CodecPackage, \
 org.omg.Messaging, \
 org.omg.PortableInterceptor, \
 org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage, \
 org.omg.PortableServer, \
 org.omg.PortableServer.CurrentPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAManagerPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAPackage, \
 org.omg.PortableServer.portable, \
 org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage, \
 org.omg.SendingContext, \
 org.omg.stub.java.rmi, \
 org.omg.stub.javax.management.remote.rmi, \
 org.w3c.dom, \
 org.w3c.dom.bootstrap, \
 org.w3c.dom.css, \
 org.w3c.dom.events, \
 org.w3c.dom.html, \
 org.w3c.dom.ls, \
 org.w3c.dom.ranges, \
 org.w3c.dom.stylesheets, \
 org.w3c.dom.traversal, \
 org.w3c.dom.views, \
 org.w3c.dom.xpath, \
 org.xml.sax, \
 org.xml.sax.ext, \
 org.xml.sax.helpers, \
 com.sun.nio.sctp

jre-1.8= \
 javax.accessibility, \
 javax.activation;version="1.1", \
 javax.activity, \
 javax.annotation;version="1.0", \
 javax.annotation.processing;version="1.0", \
 javax.crypto, \
 javax.crypto.interfaces, \
 javax.crypto.spec, \
 javax.imageio, \
 javax.imageio.event, \
 javax.imageio.metadata, \
 javax.imageio.plugins.bmp, \
 javax.imageio.plugins.jpeg, \
 javax.imageio.spi, \
 javax.imageio.stream, \
 javax.jws, \
 javax.jws.soap, \
 javax.lang.model, \
 javax.lang.model.element, \
 javax.lang.model.type, \
 javax.lang.model.util, \
 javax.management, \
 javax.management.loading, \
 javax.management.modelmbean, \
 javax.management.monitor, \
 javax.management.openmbean, \
 javax.management.relation, \
 javax.management.remote, \
 javax.management.remote.rmi, \
 javax.management.timer, \
 javax.naming, \
 javax.naming.directory, \
 javax.naming.event, \
 javax.naming.ldap, \
 javax.naming.spi, \
 javax.net, \
 javax.net.ssl, \
 javax.print, \
 javax.print.attribute, \
 javax.print.attribute.standard, \
 javax.print.event, \
 javax.rmi, \
 javax.rmi.CORBA, \
 javax.rmi.ssl, \
 javax.script, \
 javax.security.auth, \
 javax.security.auth.callback, \
 javax.security.auth.kerberos, \
 javax.security.auth.login, \
 javax.security.auth.spi, \
 javax.security.auth.x500, \
 javax.security.cert, \
 javax.security.sasl, \
 javax.sound.midi, \
 javax.sound.midi.spi, \
 javax.sound.sampled, \
 javax.sound.sampled.spi, \
 javax.sql, \
 javax.sql.rowset, \
 javax.sql.rowset.serial, \
 javax.sql.rowset.spi, \
 javax.swing, \
 javax.swing.border, \
 javax.swing.colorchooser, \
 javax.swing.event, \
 javax.swing.filechooser, \
 javax.swing.plaf, \
 javax.swing.plaf.basic, \
 javax.swing.plaf.metal, \
 javax.swing.plaf.multi, \
 javax.swing.plaf.synth, \
 javax.swing.table, \
 javax.swing.text, \
 javax.swing.text.html, \
 javax.swing.text.html.parser, \
 javax.swing.text.rtf, \
 javax.swing.tree, \
 javax.swing.undo, \
 javax.tools, \
 javax.transaction; javax.transaction.xa; partial=true; mandatory:=partial, \
 javax.xml, \
 javax.xml.bind;version="2.2.8", \
 javax.xml.bind.annotation;version="2.2.8", \
 javax.xml.bind.annotation.adapters;version="2.2.8", \
 javax.xml.bind.attachment;version="2.2.8", \
 javax.xml.bind.helpers;version="2.2.8", \
 javax.xml.bind.util;version="2.2.8", \
 javax.xml.crypto, \
 javax.xml.crypto.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig, \
 javax.xml.crypto.dsig.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig.keyinfo, \
 javax.xml.crypto.dsig.spec, \
 javax.xml.datatype, \
 javax.xml.namespace, \
 javax.xml.parsers, \
 javax.xml.stream;version="1.2", \
 javax.xml.stream.events;version="1.2", \
 javax.xml.stream.util;version="1.2", \
 javax.xml.transform, \
 javax.xml.transform.dom, \
 javax.xml.transform.sax, \
 javax.xml.transform.stax, \
 javax.xml.transform.stream, \
 javax.xml.validation, \
 javax.xml.ws;version="2.2", \
 javax.xml.ws.handler;version="2.2", \
 javax.xml.ws.handler.soap;version="2.2", \
 javax.xml.ws.http;version="2.2", \
 javax.xml.ws.soap;version="2.2", \
 javax.xml.ws.spi;version="2.2", \
 javax.xml.ws.wsaddressing;version="2.2", \
 javax.xml.ws.spi.http;version="2.2", \
 javax.xml.xpath, \
 javafx.animation, \
 javafx.application, \
 javafx.beans, \
 javafx.beans.binding, \
 javafx.beans.property, \
 javafx.beans.property.adapter, \
 javafx.beans.value, \
 javafx.collections, \
 javafx.collections.transform, \
 javafx.concurrent, \
 javafx.css, \
 javafx.embed.swing, \
 javafx.embed.swt, \
 javafx.event, \
 javafx.fxml, \
 javafx.geometry, \
 javafx.print, \
 javafx.scene, \
 javafx.scene.canvas, \
 javafx.scene.chart, \
 javafx.scene.control, \
 javafx.scene.control.cell, \
 javafx.scene.effect, \
 javafx.scene.image, \
 javafx.scene.input, \
 javafx.scene.layout, \
 javafx.scene.media, \
 javafx.scene.paint, \
 javafx.scene.shape, \
 javafx.scene.text, \
 javafx.scene.transform, \
 javafx.scene.web, \
 javafx.stage, \
 javafx.util, \
 javafx.util.converter, \
 netscape.javascript, \
 org.ietf.jgss, \
 org.omg.CORBA, \
 org.omg.CORBA_2_3, \
 org.omg.CORBA_2_3.portable, \
 org.omg.CORBA.DynAnyPackage, \
 org.omg.CORBA.ORBPackage, \
 org.omg.CORBA.portable, \
 org.omg.CORBA.TypeCodePackage, \
 org.omg.CosNaming, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage, \
 org.omg.Dynamic, \
 org.omg.DynamicAny, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage, \
 org.omg.IOP, \
 org.omg.IOP.CodecFactoryPackage, \
 org.omg.IOP.CodecPackage, \
 org.omg.Messaging, \
 org.omg.PortableInterceptor, \
 org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage, \
 org.omg.PortableServer, \
 org.omg.PortableServer.CurrentPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAManagerPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAPackage, \
 org.omg.PortableServer.portable, \
 org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage, \
 org.omg.SendingContext, \
 org.omg.stub.java.rmi, \
 org.omg.stub.javax.management.remote.rmi, \
 org.w3c.dom, \
 org.w3c.dom.bootstrap, \
 org.w3c.dom.css, \
 org.w3c.dom.events, \
 org.w3c.dom.html, \
 org.w3c.dom.ls, \
 org.w3c.dom.ranges, \
 org.w3c.dom.stylesheets, \
 org.w3c.dom.traversal, \
 org.w3c.dom.views, \
 org.w3c.dom.xpath, \
 org.xml.sax, \
 org.xml.sax.ext, \
 org.xml.sax.helpers, \
 com.sun.nio.sctp

jre-9= \
 javax.accessibility, \
 javax.activation;version="1.2", \
 javax.activity, \
 javax.annotation;version="1.0", \
 javax.annotation.processing;version="1.0", \
 javax.crypto, \
 javax.crypto.interfaces, \
 javax.crypto.spec, \
 javax.imageio, \
 javax.imageio.event, \
 javax.imageio.metadata, \
 javax.imageio.plugins.bmp, \
 javax.imageio.plugins.jpeg, \
 javax.imageio.spi, \
 javax.imageio.stream, \
 javax.lang.model, \
 javax.lang.model.element, \
 javax.lang.model.type, \
 javax.lang.model.util, \
 javax.management, \
 javax.management.loading, \
 javax.management.modelmbean, \
 javax.management.monitor, \
 javax.management.openmbean, \
 javax.management.relation, \
 javax.management.remote, \
 javax.management.remote.rmi, \
 javax.management.timer, \
 javax.naming, \
 javax.naming.directory, \
 javax.naming.event, \
 javax.naming.ldap, \
 javax.naming.spi, \
 javax.net, \
 javax.net.ssl, \
 javax.print, \
 javax.print.attribute, \
 javax.print.attribute.standard, \
 javax.print.event, \
 javax.rmi, \
 javax.rmi.CORBA, \
 javax.rmi.ssl, \
 javax.script, \
 javax.security.auth, \
 javax.security.auth.callback, \
 javax.security.auth.kerberos, \
 javax.security.auth.login, \
 javax.security.auth.spi, \
 javax.security.auth.x500, \
 javax.security.cert, \
 javax.security.sasl, \
 javax.sound.midi, \
 javax.sound.midi.spi, \
 javax.sound.sampled, \
 javax.sound.sampled.spi, \
 javax.sql, \
 javax.sql.rowset, \
 javax.sql.rowset.serial, \
 javax.sql.rowset.spi, \
 javax.swing, \
 javax.swing.border, \
 javax.swing.colorchooser, \
 javax.swing.event, \
 javax.swing.filechooser, \
 javax.swing.plaf, \
 javax.swing.plaf.basic, \
 javax.swing.plaf.metal, \
 javax.swing.plaf.multi, \
 javax.swing.plaf.synth, \
 javax.swing.table, \
 javax.swing.text, \
 javax.swing.text.html, \
 javax.swing.text.html.parser, \
 javax.swing.text.rtf, \
 javax.swing.tree, \
 javax.swing.undo, \
 javax.tools, \
 javax.transaction; javax.transaction.xa; partial=true; mandatory:=partial, \
 javax.xml, \
 javax.xml.bind;version="2.3.0", \
 javax.xml.bind.annotation;version="2.3.0", \
 javax.xml.bind.annotation.adapters;version="2.3.0", \
 javax.xml.bind.attachment;version="2.3.0", \
 javax.xml.bind.helpers;version="2.3.0", \
 javax.xml.bind.util;version="2.3.0", \
 javax.xml.crypto, \
 javax.xml.crypto.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig, \
 javax.xml.crypto.dsig.dom, \
 javax.xml.crypto.dsig.keyinfo, \
 javax.xml.crypto.dsig.spec, \
 javax.xml.datatype, \
 javax.xml.namespace, \
 javax.xml.parsers, \
 javax.xml.stream;version="1.2", \
 javax.xml.stream.events;version="1.2", \
 javax.xml.stream.util;version="1.2", \
 javax.xml.transform, \
 javax.xml.transform.dom, \
 javax.xml.transform.sax, \
 javax.xml.transform.stax, \
 javax.xml.transform.stream, \
 javax.xml.validation, \
 javax.xml.xpath, \
 javafx.animation, \
 javafx.application, \
 javafx.beans, \
 javafx.beans.binding, \
 javafx.beans.property, \
 javafx.beans.property.adapter, \
 javafx.beans.value, \
 javafx.collections, \
 javafx.collections.transformation, \
 javafx.concurrent, \
 javafx.css, \
 javafx.embed.swing, \
 javafx.embed.swt, \
 javafx.event, \
 javafx.fxml, \
 javafx.geometry, \
 javafx.print, \
 javafx.scene, \
 javafx.scene.canvas, \
 javafx.scene.chart, \
 javafx.scene.control, \
 javafx.scene.control.cell, \
 javafx.scene.effect, \
 javafx.scene.image, \
 javafx.scene.input, \
 javafx.scene.layout, \
 javafx.scene.media, \
 javafx.scene.paint, \
 javafx.scene.shape, \
 javafx.scene.text, \
 javafx.scene.transform, \
 javafx.scene.web, \
 javafx.stage, \
 javafx.util, \
 javafx.util.converter, \
 netscape.javascript, \
 org.ietf.jgss, \
 org.omg.CORBA, \
 org.omg.CORBA_2_3, \
 org.omg.CORBA_2_3.portable, \
 org.omg.CORBA.DynAnyPackage, \
 org.omg.CORBA.ORBPackage, \
 org.omg.CORBA.portable, \
 org.omg.CORBA.TypeCodePackage, \
 org.omg.CosNaming, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextExtPackage, \
 org.omg.CosNaming.NamingContextPackage, \
 org.omg.Dynamic, \
 org.omg.DynamicAny, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyFactoryPackage, \
 org.omg.DynamicAny.DynAnyPackage, \
 org.omg.IOP, \
 org.omg.IOP.CodecFactoryPackage, \
 org.omg.IOP.CodecPackage, \
 org.omg.Messaging, \
 org.omg.PortableInterceptor, \
 org.omg.PortableInterceptor.ORBInitInfoPackage, \
 org.omg.PortableServer, \
 org.omg.PortableServer.CurrentPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAManagerPackage, \
 org.omg.PortableServer.POAPackage, \
 org.omg.PortableServer.portable, \
 org.omg.PortableServer.ServantLocatorPackage, \
 org.omg.SendingContext, \
 org.omg.stub.java.rmi, \
 org.omg.stub.javax.management.remote.rmi, \
 org.w3c.dom, \
 org.w3c.dom.bootstrap, \
 org.w3c.dom.css, \
 org.w3c.dom.events, \
 org.w3c.dom.html, \
 org.w3c.dom.ls, \
 org.w3c.dom.ranges, \
 org.w3c.dom.stylesheets, \
 org.w3c.dom.traversal, \
 org.w3c.dom.views, \
 org.w3c.dom.xpath, \
 org.xml.sax, \
 org.xml.sax.ext, \
 org.xml.sax.helpers

jre-10 = ${jre-9}
jre-11 = ${jre-10}

アプリケーションが再デプロイされたとき、このカスタム jre.properties ファイルは Karaf マイクロコンテナーの デフォルトの JRE プロパティーをオーバーライドします。特に、jre.properties ファイルはデフォルトでは存在しない以下の行を jre-1.8 プロパティーに追加します。

javax.activation;version="1.1", \
注記

Fuse スタンドアロンの Apache Karaf はこの問題の影響を受けません。

7.4. Fuse on Spring Boot

Fuse on Spring Boot の既知の問題は次のとおりです。

ENTESB-10486 Failing CXF tests on AIX using Karaf runtime

Fuse 7.3 GA リリースでは、IBM AIX 7.2 プラットフォーム上で Apache CXF を Spring Boot スタンドアロンコンテナーと使用するには以下の回避策が必要です。Spring Boot アプリケーションを実行するときに、Java システムプロパティー java.version=1.8.0_131 を設定します。たとえば、Spring Boot アプリケーションを Maven プロジェクトから実行するには、以下を実行します。

mvn spring-boot:run -Djava.version=1.8.0_131

7.5. Fuse on Apache Karaf

Fuse on Apache Karaf の既知の問題は次のとおりです。

ENTESB-10487 keycloak-cxf quickstart test fails with RH-SSO 7.3.0.GA
Fuse 7.3 GA リリースでは、Apache Karaf のクイックスタートパッケージに quickstarts/security/keycloak/keycloak-cxf クイックスタートが含まれています。このクイックスタートを Red Hat Single Sign-On (RH-SSO) 7.3.0.GA に対してテストする場合は、etc/jaxws-keycloak.json ファイルおよび etc/jaxrs-keycloak.json ファイルで verify-token-audience プロパティーを false に設定する必要があります。詳細は ENTESB-10487 を参照してください。
ENTESB-10486 Failing CXF tests on AIX using Karaf runtime

Fuse 7.3 GA リリースでは、IBM AIX 7.2 プラットフォーム上で Apache CXF を Apache Karaf コンテナーと使用するには以下の回避策が必要です。$KARAF_HOME/etc/system.properties ファイルを編集し、以下の行を追加します。

java.version=1.8.0_131
ENTESB-8140 Start level of hot deploy bundles is 80 by default

Fuse 7.0 GA リリースの Apache Karaf コンテナーでは、ホットデプロイバンドルの開始レベルがデフォルトで 80 になっています。同じ開始レベルを持つシステムバンドルや機能が多く存在するため、ホットデプロイバンドルに問題が発生することがあります。この問題を回避し、ホットデプロイバンドルが確実に開始するようにするには、etc/org.apache.felix.fileinstall-deploy.cfg ファイルを編集し、felix.fileinstall.start.level 設定を以下のように変更します。

felix.fileinstall.start.level = 90
ENTESB-7664 Installing framework-security feature kills karaf

--no-auto-refresh オプションを使用して framework-security OSGi 機能をインストールしないと、Apache Karaf コンテナーがシャットダウンします。例を以下に示します。

feature:install -v --no-auto-refresh framework-security

7.6. Fuse on JBoss EAP

Fuse on JBoss EAP の既知の問題は次のとおりです。

ENTESB-10400 Performance regression in camel-cbr-xpath integration example on EAP
Fuse 7.3 on JBoss EAP での XPath と Camel の統合に影響するパフォーマンス低下がテストによって発見されました。テストケースには、指定の XPath 式に対してメッセージの内容を評価するCamel のコンテンツベースルートが関係します。
ENTESB-10401 Performance regression in camel-cxf-proxy-xslt integration example on EAP
Camel XSLT コンポーネントと Fuse 7.3 on JBoss EAP の統合に影響するパフォーマンス低下がテストによって発見されました。テストケースには、SOAP メッセージの CXF エンドポイントへの送信が関係し、Camel XSLT コンポーネントを介して呼び出される XSL スクリプトによってメッセージが処理されます。
ENTESB-10402 Performance regression in Fuse Http Camel SSH integration example on EAP
Camel SSH コンポーネントと Fuse 7.3 on JBoss EAP の統合に影響するパフォーマンス低下がテストによって発見されました。テストケースには、HTTP メッセージの Jetty HTTP エンドポイントへの 送信が関係し、SSH エンドポイントの呼び出しにメッセージが使用されます (Camel SSH コンポーネントを使用)。

7.7. Apache Camel

Apache Camel の既知の問題は次のとおりです。

ENTESB-7469 Camel Docker component cannot use Unix socket connections on EAP
Fuse 7.0 より、camel-docker コンポーネントは UNIX ソケットではなく REST API のみを介して Docker に接続できます。
ENTESB-5231 PHP script language does not work
PHP に使用できる OSGi バンドルがないため、PHP スクリプト言語は Apache Karaf コンテナーの Camel アプリケーションではサポートされません
ENTESB-5232 Python language does not work
Python に使用できる OSGi バンドルがないため、Python スクリプト言語は Apache Karaf コンテナーの Camel アプリケーションではサポートされません
ENTESB-2443 Google Mail API - Sending of messages and drafts is not synchronous
メッセージまたは下書きを送信すると、応答には ID を持つ Message オブジェクトが含まれます。API への別の呼び出しを介してこのメッセージを即座に取得できない可能性があります。このような場合、待機して呼び出しを再試行する必要があります。
ENTESB-2332 Google Drive API JSON response for changes returns bad count of items for the first page
変更に対する Google Drive API JSON 応答によって返される最初のページのアイテム数は適切でありません。リスト操作の maxResults を設定すると、最初のページにすべての結果が返されないことがあります。この場合、複数のページを確認して完全リストを取得する必要があります (新しいリクエストに pageToken を設定して行います)。

第8章 Fuse 7.3 で修正された問題

以下のセクションには、Fuse 7.3 で修正された問題が記載されています。

8.1. Fuse 7.3 で改良された機能

以下の表に Fuse 7.3 で改良された機能を示します。

表8.1 Fuse 7.3 で改良された機能

問題説明

ENTESB-9342

Support securing Undertow endpoints with Elytron (Elytron での Undertow エンドポイントセキュア化のサポート)

ENTESB-9809

[camel-slack] Parametrize hardcoded url. (ハードコードされた URL のパラメーター化)

ENTESB-9731

Installer should verify supported version of EAP (インストーラーは EAP のサポートされるバージョンを検証すべき)

ENTESB-9729

HTTP producer - Ignore content length header (HTTP プロデューサー - コンテンツ長ヘッダーの無視)

ENTESB-9846

Remove usage of classifier of all Camel/Fuse SpringBoot based quickstarts/templates/boosters (全 Camel/Fuse SpringBoot ベースクイックスタート/テンプレート/ブースターの分類子の使用を削除)

ENTESB-9826

Data source creation registers multiple DS under the same name (データソース作成により同じ名前の DS が複数登録される)

ENTESB-9825

black-list Karaf commands that allow to create child containers in Fuse 7 (Fuse 7 の子コンテナーが作成可能な Karaf コマンドをブラックリスト)

ENTESB-9913

Please consider certifying DB2 11.1 (DB2 11.1 の認定の考慮を要請)

ENTESB-7299

Evaluate the possibility of moving fuse 7 quickstarts in their own repository(ies) (独自のリポジトリーから Fuse 7 クイックスタートを移動する可能性を評価)

ENTESB-9770

Port AS2 Component to Fuse Camel (Fuse Camel への Port AS2 コンポーネント)

ENTESB-9394

Please consider certifying MySQL 8.0 (My SQL 8.0 の認定の考慮を要請)

ENTESB-9923

Make Camel RAW() parser more flexible (Camel RAW() パーサーをより柔軟にする)

ENTESB-9132

Use Elytron Credential Store in custom PersistenceManager with new felix.configadmin 1.9.0 (カスタム PersistenceManager の Elytron クレデンシャルストアを新しい felix.configadmin 1.9.0 で使用する)

ENTESB-10265

Backport KARAF-6167 (KARAF-6167 のバックポート)

ENTESB-10081

[Hawtio] ProxyWhitelist - Exclude/Control the IP addresses that are automatically collected (自動的に収集された IP アドレスの除外/制御)

ENTESB-9346

Add camel-rest-swagger (camel-rest-swagger の追加)

ENTESB-9638

Update AMQ 7.1.1 clients in Fuse to AMQ 7.2 so that their are aligned with AMQ 7.2 Broker (AMQ 7.2 ブローカーに合わせるため Fuse の AMQ 7.1.1 クライアントを AMQ 7.2 に更新)

ENTESB-8155

Create Fuse launcher booster - Istio - Distributed Tracing (Fuse ランチャーブースターの作成 - Istio - 分散トレース)

8.2. Fuse 7.3 の機能リクエスト

以下の表に Fuse 7.3 の機能リクエストを示します。

表8.2 Fuse 7.3 の機能リクエスト

問題説明

ENTESB-9560

Update quickstarts that generate openapi docs so that they are discoverable by 3scale (3scale によって検出されるされるように openapi ドキュメントを生成するクイックスタートを更新)

ENTESB-10270

Add support for camel-ipfs (camel-ipfs のサポートを追加)

ENTESB-9480

MDC custom properties logging not visible from Hawtio Console (Hawtio Console から MDC カスタムプロパティーのロギングを認識できない)

ENTESB-10260

Upgrade to Artemis/QPid/Proton libraries from EAP 7.2 (EAP 7.2 から Artemis/QPid/Proton ライブラリーをアップグレード)

8.3. Fuse 7.3 で解決されたバグ

以下の表に Fuse 7.3 で解決されたバグを示します。

表8.3 Fuse 7.3 で解決されたバグ

問題説明

ENTESB-9249

Use fuse-bom in camel-wildfly examples (camel-wildfly 例の fuse-bom の使用)

ENTESB-9803

Create a set of generic camel REST DSL tests (汎用の camel REST DSL テストのセットを作成)

ENTESB-9758

Test CXF RS endpoints with Elytron (Elytron での CXF RS エンドポイントのテスト)

ENTESB-9747

Remove redundant dependency redefinitions from fuse-eap-bom (fuse-eap-bom から冗長な依存関係の再定義を削除)

ENTESB-9739

Create Grafana dashboard for Fuse (Fuse の Grafana ダッシュボードの作成)

ENTESB-9722

Remove unused CXF interceptors from cxf-jaxws-secure example (cxf-jaxws-secure サンプルから未使用の CXF インターセプターを削除)

ENTESB-9721

remove quickstarts dir from https://github.com/jboss-fuse/fuse-karaf/ (https://github.com/jboss-fuse/fuse-karaf/ から quickstarts dir を削除)

ENTESB-9720

Update karaf-quickstarts to use new repackeged BOM org.jboss.redhat-fuse (新たに再パッケージされた BOM org.jboss.redhat-fuse を使用するよう karaf-quickstarts を更新)

ENTESB-9714

Add CXF RS example secured by Elytron (Elytron によってセキュア化される CXF RS サンプルを追加)

ENTESB-9850

[camel-irc] cherry-pick camel fix (camel 修正のチェリーピック)

ENTESB-9834

Provide template SIFT logging configuration (テンプレート SIFT ロギング設定の提供)

ENTESB-9573

Rest DSL Quickstart: Update to productised FMP version that supports service discovery (REST DSL クイックスタート: サービス検出をサポートする製品化された FMP バージョンの更新)

ENTESB-10126

Backport camel-sjms test refactor (camel-sjms テストリファクタリングのバックポート)

ENTESB-10079

Decide/align between javax.annotation 1.2 and 1.3

ENTESB-10055

Backport CAMEL-13066 (CAMEL-13066 のバックポート)

ENTESB-10057

Backport CAMEL-13072 (CAMEL-13072 のバックポート)

ENTESB-10056

Backport CAMEL-13077 (CAMEL-13077 のバックポート)

ENTESB-10043

Align with Hibernate from EAP 7.2 (EAP 7.2 から Hibernate と適合)

ENTESB-10040

google-calendar-stream is not working on Karaf (google-calendar-stream が Karaf で動作しない)

ENTESB-10013

Backport CAMEL-12498 (CAMEL-12498 のバックポート)

ENTESB-10006

"Backport CAMEL-12980 to jboss-fuse/camel (CAMEL-12980 を jboss-fuse/camel へバックポート)

ENTESB-10004

Backport CAMEL-13044 (CAMEL-13044 のバックポート)

ENTESB-10000

Backport CAMEL-13041 (CAMEL-13041 のバックポート)

ENTESB-9973

Deprecate / remove YQL component (YQL コンポーネントを非推奨/削除)

ENTESB-9947

Backport CAMEL-12932 (CAMEL-12932 のバックポート)

ENTESB-9946

Backport CAMEL-12631 (CAMEL-12631 のバックポート)

ENTESB-9928

make system tests on FUSE 7.3 CXF branch run against http-undertow transport (FUSE 7.3 CXF ブランチのシステムテストが http-undertow トランスポートに対して実行されるようにする)

ENTESB-9909

Update the documentation link for Fuse Online to point to 7.2 (7.2 を示すよう Fuse Online のドキュメントリンクを更新)

ENTESB-10169

Fuse console on Karaf/EAP: Partial upgrade to PatternFly 4 (Karaf/EAP の Fuse Console: PatternFly 4 への部分アップグレード)

ENTESB-10262

Backport Salesforce Maven plugin improvements (Salesforce Maven プラグイン改良点のバックポート)

ENTESB-10307

Backport CAMEL-13284 (CAMEL-13284 のバックポート)

ENTESB-10271

Karaf exit command has no effect (Karaf の exit コマンドが無効)

ENTESB-9835

Backport CAMEL-12774 (CAMEL-12774 のバックポート)

ENTESB-9175

Openshift Online Catalog should contains only Fuse 7 entries (OpenShift Online Catalog には Fuse 7 エントリーのみが含まれるべきである)

ENTESB-10035

Camel leaks invalid CXF runtime version (cxf-rt-ws-policy) (Camel が無効な CXF ランタイムバージョン cxf-rt-ws-policy をリークする)

ENTESB-10015

Remove dependency on hibernate-jpa-2.1-api (hibernate-jpa-2.1-api の依存関係を削除)

ENTESB-9180

Spring-Boot - Narayana: upgrade to latest version and use internal check for orphan detection (最新バージョンへのアップグレードおよび孤立検出の内部チェックの使用)

ENTESB-10030

Backport CAMEL-13012 (CAMEL-13012 のバックポート)

ENTESB-10029

Backport CAMEL-13008 (CAMEL-13008 のバックポート)

ENTESB-10027

Backport CAMEL-13005 (CAMEL-13005 のバックポート)

ENTESB-10028

Backport CAMEL-13006 (CAMEL-13006 のバックポート)

ENTESB-10026

Backport CAMEL-13063 (CAMEL-13063 のバックポート)

ENTESB-10025

Backport CAMEL-13061 (CAMEL-13061 のバックポート)

ENTESB-10024

Backport CAMEL-13059 (CAMEL-13059 のバックポート)

ENTESB-10023

Backport CAMEL-13058 (CAMEL-13058 のバックポート)

ENTESB-10022

Backport CAMEL-13054 (CAMEL-13054 のバックポート)

ENTESB-9866

Fuse console operator (Fuse Console オペレーター)

ENTESB-10197

Update activemq-client to 630377 (Fuse 6.3.R11) (activemq-client を 630377 に更新 (Fuse 6.3.R11))

ENTESB-10038

Geocoder may fail when endpoint is offline (エンドポイントがオフラインのときにジオコーダーが失敗する)

ENTESB-10065

Backport CAMEL-13123 (CAMEL-13123 のバックポート)

ENTESB-10021

Backport CAMEL-13042 (CAMEL-13042 のバックポート)

ENTESB-10205

Align to AMQ 7.2.3 release (AMQ 7.2.3 リリースへの適合)

ENTESB-10311

Backport utility methods used by Camel K Runtime (Camel K Runtime によって使用されるユーティリティーメソッドのバックポート)

ENTESB-10300

Remove the support of camel-jbpm in Fuse 7.3 (Fuse 7.3 の camel-jbpm のサポートを削除)

ENTESB-9843

Adjust jboss-fuse/camel/2.21.x.redhat-7-x to work with CXF 3.2 (CXF 3.2 と動作するよう jboss-fuse/camel/2.21.x.redhat-7-x を調整)

ENTESB-9730

Investigate using CXF 3.2 from EAP 7.2 (EAP 7.2 から CXF 3.2 を使用した調査)

ENTESB-9734

Investigate using Undertow 2 from EAP 7.2 (EAP 7.2 から Undertow 2 を使用した調査)

ENTESB-9732

Update camel-linkedin quickstart after changes in ENTESB-8088 (ENTESB-8088 の変更後に camel-linkedin クイックスタートを更新)

ENTESB-10112

Convert example-camel-distro artifact to zip (example-camel-distro アーティファクトを zip に変換)

ENTESB-8162

"Verify if we ship camel-infinispan in our kits (standalone) (キット (スタンドアロン) に camel-infinispan が同梱されるかどうか確認)

ENTESB-10255

Syndesis integration-bom not aligned to productised atlasmap (Syndesis integration-bom が製品化された atlasmap に適合しない)

ENTESB-10280

Backport CAMEL-13082 (CAMEL-13082 のバックポート)

ENTESB-10281

Backport CAMEL-13185 (CAMEL-13185 のバックポート)

ENTESB-10070

Backport CAMEL-13132 (CAMEL-13132 のバックポート)

ENTESB-9510

Exposing camel-servlet as OSGI service (camel-servlet を OSGI サービスとして公開)

ENTESB-9481

ValidationException is not thrown when EndpointValidation fails (EndpointValidation の失敗時に ValidationException がスローされない)

ENTESB-9818

Metric label values enclosed in double quotes twice (メトリクスラベルの値が 2 重引用符で 2 回囲まれる)

ENTESB-9814

"Hawtio: OSGi Features tab no longer has ""Add repository"" and ""Remove repository"" buttons" (Hawtio: OSGi Features タブに 「Add repository」と「Remove repository」ボタンがなくなった)

ENTESB-9765

Change to org.osgi.service.http.port is not reflected on Fuse branding (org.osgi.service.http.port への変更が Fuse ブランディングに反映されていない)

ENTESB-9757

BusDeploymentAspect creates CXF DefaultBus using wrong class loader (BusDeploymentAspect が誤ったクラスローダーを使用して CXF DefaultBus を作成する)

ENTESB-9750

Swagger doesn’t work in karaf-camel-rest-sql (karaf-camel-rest-sql で Swagger が動作しない)

ENTESB-9748

Fix CAMEL-12911 after upgrading to Jetty 9.4.12 (Jetty 9.4.12 へのアップグレード後に CAMEL-12911 を修正)

ENTESB-9719

[camel-salesforce] limits API throws InvalidFormatException (imits API が InvalidFormatException をスローする)

ENTESB-9643

[camel-jcache] MBeans are not properly undeployed (MBean が適切にアンデプロイされない)

ENTESB-9885

Typo in Apicurito wizard (Apicurito ウィザードの誤植)

ENTESB-9869

[camel-rest, camel-swagger-java] Wrong protocol in swagger.json (swagger.json の誤ったプロトコル)

ENTESB-9868

Camel rest DSL does not work with SSL configuration and API doc on spring-boot (Camel rest DSL が SSL 設定および spring-boot の API ドキュメントと動作しない)

ENTESB-9867

the build for fabric8-quickstarts/karaf-cxf-rest is broken. (fabric8-quickstarts/karaf-cxf-rest のビルドが破損している)

ENTESB-9851

secure-soap quickstart throws NPE in 7.3 (7.3 で secure-soap クイックスタートが NPE をスローする)

ENTESB-9848

Fix compilation failure in CamelCxfClientImpl of camel in 2.21.xredhat-7-x branch (2.21.xredhat-7-x ブランチの camel の CamelCxfClientImpl コンパイルエラーを修正)

ENTESB-9845

Getting ClassNotFoundException after camel route restart (camel ルート再起動後に ClassNotFoundException が発生)

ENTESB-9837

Intermittent failures when using CXF JAX-RS over JMS connecting to external AMQ-7 (外部 AMQ-7 に接続する JMS 上で CXF JAX-RS を使用すると断続的なエラーが発生)

ENTESB-9829

"Fix ""No tests found in org.apache.camel.impl.validator.ValidatorXmlSchemaTest""" (「No tests found in org.apache.camel.impl.validator.ValidatorXmlSchemaTest」の修正)

ENTESB-9828

Fix issue detected by failing test CamelInfinispanTest (失敗する CamelInfinispanTest のテストによって検出された問題を修正)

ENTESB-9821

[camel-dropbox] Fix DropboxAPIFacade.java (DropboxAPIFacade.java の修正)

ENTESB-9820

[camel-dropbox] Problem with put operation (put 操作の問題)

ENTESB-10272

Camel-hl7 quickstart fails to install with new fuse-karaf (Camel-hl7 クイックスタートが新しい fuse-karaf でインストールできない)

ENTESB-10124

[Hawtio EAP] Disabled buttons are active in right drop-down menu with actions (右側のアクションが含まれるドロップダウンメニューで無効化されたボタンを使用できる)

ENTESB-10118

[karaf] unzip of karaf doesn’t work on OSX (karaf の展開が OSX で動作しない)

ENTESB-10116

[FUSE-KARAF] ssh connection lost (ssh 接続が切断される)

ENTESB-10114

Unable to install feature cxf-wsn (cxf-wsn 機能をインストールできない)

ENTESB-10093

Encryption Commands not Present in Fuse 7 Karaf Console (Fuse 7 Karaf コンソールに暗号化コマンドが存在しない)

ENTESB-10064

Unable to deploy any blueprint.xml file due to IllegalArgumentException: Not supported: http://javax.xml.XMLConstants/property/accessExternalDTD" (IllegalArgumentException により blueprint.xml ファイルがすべてデプロイできない。サポートされない http://javax.xml.XMLConstants/property/accessExternalDTD)

ENTESB-10050

camel-telegram not works on spring-boot (camel-telegram が spring-boot で動作しない)

ENTESB-10044

Backport CAMEL-13093 TO Red Hat Fuse 7.x and 6.3. (CAMEL - 13093 を Red Hat Fuse 7.x および 6.3 にバックポート)

ENTESB-10041

Backport CAMEL-13098 (CAMEL-13098 のバックポート)

ENTESB-9238

CVE-2018-1131 camel: infinispan: deserialization of data in XML and JSON transcoders [fuse-6.3.0] (CVE-2018-1131 camel: infinispan: XML および JSON トランスコーダーのデータのデシリアライズ [fuse-6.3.0])

ENTESB-9237

CVE-2018-1131 camel: infinispan: deserialization of data in XML and JSON transcoders [fuse-6.3.0] (CVE-2018-1131 camel: infinispan: XML および JSON トランスコーダーのデータのデシリアライズ [fuse-7.0.0])

ENTESB-10011

Backport IRC connector fix from upstream (アップストリームからの IRC コネクター修正のバックポート)

ENTESB-10008

Fuse 7.x freezing during initialization in Windows10 (Windows 10 の初期化中に Fuse 7.x がフリーズする)

ENTESB-9998

[REGRESSION] Unable to run camel-servicenow on spring-boot ([回帰] spring-boot で camel-servicenow を実行できない)

ENTESB-9997

Camel-Salesforce Karaf feature doesn’t work (Camel-Salesforce Karaf 機能が動作しない)

ENTESB-9984

application-templates should contain productized fixes (application-templates に製品化された修正が含まれるべき)

ENTESB-9983

application-templates refer to old quickstarts (application-templates が古いクイックスタートを参照する)

ENTESB-9979

Fix issue detected by org.apache.camel.itest.karaf.CamelOptaplannerTest.test (org.apache.camel.itest.karaf.CamelOptaplannerTest.test によって検出された問題の修正)

ENTESB-9976

[Hawtio on Spring Boot] Not found page after Refresh and Click to go back in a web browser (web ブラウザーで更新後またはクリックして戻った後に見つからないページ)

ENTESB-9964

[Fuse_on_EAP] Camel FTPS throws java.lang.NoClassDefFoundError: javax/net/ssl/SSLException (Camel FTPS が java.lang.NoClassDefFoundError: javax/net/ssl/SSLException をスロー)

ENTESB-9962

karaf - ${karaf.home}/etc should use ${karaf.etc} in etc configs (karaf - ${karaf.home}/etc は etc 設定で ${karaf.etc} を使用すべき)

ENTESB-9961

[Hawtio Springboot] Authentication for new connection doesn’t work (新しい接続の認証が動作しない)

ENTESB-9960

Align javax.ws.rs-api-version (javax.ws.rs-api-version の適合)

ENTESB-9955

spring-boot-camel-xa - 2 found in /deployments (expected 1) (/deployments で spring-boot-camel-xa - 2 が見つかる)

ENTESB-9952

karaf-cxf-rest quickstart missing probes (karaf-cxf-rest クイックスタートにプローブがない)

ENTESB-9950

[Fuse Karaf] There are no quickstarts in 7.3 dev builds (7.3 dev ビルドにクイックスタートがない)

ENTESB-9945

spring-boot-cxf-jaxrs quickstart doesn’t work (spring-boot-cxf-jaxrs クイックスタートが動作しない)

ENTESB-9943

camel-linkedin: fields property behaves differently on EAP (camel-linkedin: EAP で fields プロパティーの動作が異なる)

ENTESB-9941

nullpointer with cxf-transport-jetty (cxf-transport-jetty で null ポインター)

ENTESB-9933

Fuse metaspace is filled with ProxyClassLoader classes (Fuse のメタスペースが ProxyClassLoader クラスで満たされる)

ENTESB-9927

Missing module dependency in camel-irc on EAP (EAP の camel-irc にモジュール依存関係がない)

ENTESB-10306

the replacement for org.glassfish javax.el 3.x isn’t correct (org.glassfish javax.el 3.x の置き換えが正しくない)

ENTESB-10264

camel-sql cannot resolve nested simple expression (camel-sql が入れ子の簡単な式を解決できない)

ENTESB-9289

CVE-2017-7656 jetty: HTTP request smuggling using the range header [fuse-7.0.0] (range ヘッダーを使用した HTTP リクエストスマグリング [fuse-7.0.0])

ENTESB-9287

CVE-2017-7658 jetty: Incorrect header handling [fuse-7.0.0] (不適切なヘッダー処理 [fuse-7.0.0])

ENTESB-9288

CVE-2017-7657 jetty: HTTP request smuggling [fuse-7.0.0] (HTTP リクエストスマグリング [fuse-7.0.0])

ENTESB-10267

Servlet API resolution failures in OSGi (OSGi での Servlet API 解決エラー)

ENTESB-10177

"Keycloak-cxf quickstarts fails with ""Unable to initialize bean kc-cxf-endpoint-config""" (「Unable to initialize bean kc-cxf-endpoint-config」により Keycloak-cxf クイックスタートが失敗する)

ENTESB-10287

Problems with keycloak-httpservice quickstart (keycloak-httpservice クイックスタートの問題)

ENTESB-9852

keycloak-cxf quickstart fails after upgrading to CXF 3.2.x (CXF 3.2.x へのアップグレード後に keycloak-cxf クイックスタートが失敗する)

ENTESB-10108

CXF JAX-RS priority doesn’t work again in Karaf (CXF JAX-RS 優先度が再び Karaf で動作しない)

ENTESB-9830

Fix issue detected by failing test MllpTcpClientProducerConnectionErrorTest.testConnectionResetAndServerShutdownBeforeSendingHL7Message (テスト MllpTcpClientProducerConnectionErrorTest.testConnectionResetAndServerShutdownBeforeSendingHL7Message の失敗によって検出された問題の修正)

ENTESB-10328

commons-lang artifact version mismatch between cxf-parent-3.1.11.fuse-720057-redhat-00001.pom and a bundled package for Fuse 7.2 karaf container (cxf-parent-3.1.11.fuse-720057-redhat-00001.pom と Fuse 7.2 karaf コンテナー間での commons-lang アーティファクトバージョンのミスマッチ)

ENTESB-9987

Different versions of Undertow across platforms (プラットフォーム間で異なるバージョンの Undertow)

ENTESB-10297

karaf-camel-log: ClassNotFoundException: javax.servlet.Servlet

ENTESB-10007

javax.ws.rs-api should be 2.1.1 (javax.ws.rs-api は 2.1.1 であるべき)

ENTESB-9528

Patch method is missing in restlet (restlet に patch メソッドがない)

ENTESB-10198

Unaligned version of Narayana in Spring Boot BOM (Spring Boot BOM の適合されていないバージョンの Narayana)

ENTESB-10357

Incorporate fuse-extras-distro prod license changes in profile (プロファイルに fuse-extras-distro 製品ライセンスの変更を反映)

ENTESB-10380

Unable to install 18 features (18 個の機能をインストールできない)

ENTESB-10160

camel-linkedin - IllegalArgumentException: Error authorizing application during linkedin authentication (camel-linkedin - IllegalArgumentException: linkedin 認証中のアプリケーション承認エラー)

ENTESB-10379

manager role can execute setStartLevel with start level below 50 (開始レベルが 50 未満でもマネージャーロールが setStartLevel を実行できる)

ENTESB-10308

Wrong artifact version for pax-jdbc-postgresql comes with Fuse 7.2 (Fuse 7.2 に含まれる pax-jdbc-postgresql の誤ったアーティファクトバージョン)

ENTESB-10161

[Fuse Online] The button view_log_on_openshift redirect to the wrong page (view_log_on_openshift ボタンで誤ったページにリダイレクトされる)

ENTESB-9965

org.apache.karaf.specs.timeout should be removed (org.apache.karaf.specs.timeout を削除するべき)

ENTESB-9174

camel yammer component is accessing non-existent page (camel yammer コンポーネントが存在しないページにアクセスする)

ENTESB-10181

Camel Undertow tests fail after upgrading to Undertow 2 (Undertow 2 へのアップグレード後に Camel Undertow テストに失敗する)

ENTESB-10168

Path resolution in rest-swagger fails to include the whole path (rest-swagger のパス解決にパス全体が含まれない)

ENTESB-10075

ClassNotFoundException: com.sun.el.ExpressionFactoryImpl not found by org.hibernate.validator

ENTESB-9975

[Hawtio Spring Boot] Debug attribute is changing its readonly state (Debug 属性がランダム状態を変更)

ENTESB-10121

Cxf-soap, keycloak-httpservice quickstart - there is a java.io.FileNotFoundException in log during servlet alias change (Cxf-soap、keycloak-httpservice quickstart - サーブレットエイリアスの変更中、ログに java.io.FileNotFoundException が存在)

ENTESB-9745

Fuse Online install doesn’t work when "oc version" contains other "oc" occurences (oc バージョンに別の oc の発生が含まれると Fuse Online のインストールが動作しない)

ENTESB-10292

Can’t install karaf features (karaf 機能をインストールできない)

ENTESB-9993

Different versions of Spring across platforms (プラットフォーム間で異なるバージョンの Spring)

ENTESB-10095

Karaf BOM contains wrong version javax.ws.rs-api dependency (Karaf BOM に誤ったバージョンの javax.ws.rs-api 依存関係が含まれる)

ENTESB-9990

Different versions of Narayana across platforms (プラットフォーム間で異なるバージョンの Narayana)

ENTESB-9727

Please ship org.apache.servicemix.bundles.jasypt-1.9.3.redhat_3.jar or get associated fixes (org.apache.servicemix.bundles.jasypt-1.9.3.redhat_3.jar を同梱または関連する修正を取得)

ENTESB-10289

Camel-linkedin quickstart rely on jetty and terefore on servlet-api < 4.0 (Camel-linkedin クイックスタートは jetty に依存するため、servlet-api < 4.0 に依存する)

ENTESB-9629

Maven wrappers not working on Windows for boosters (Maven ラッパーは Windows のブースターで動作しない)

ENTESB-10294

Upgrade javassist to 3.24.0-GA (javassist を 3.24.0-GA にアップグレード)

ENTESB-9992

Different versions of Hibernate across platforms (プラットフォーム間で異なるバージョンの Hibernate)

ENTESB-9766

narayana-spring-boot not aligned to fuse version of kubernetes-client (narayana-spring-boot は Fuse バージョンの kubernetes-client と適合しない)

ENTESB-10185

Camel BAM test fails after Hibernate upgrade (Hibernate のアップグレード後に Camel BAM テストに失敗する)

ENTESB-10309

Unable to install features (機能をインストールできない)

ENTESB-10299

FMP expects image stream 1.3 (FMP がイメージストリームを想定する)

ENTESB-10338

fuse karaf: Warning with ServletContainerInitializer (ServletContainerInitializer の警告)

ENTESB-10356

karaf-camel-amq, karaf-camel-rest-sql: Readiness probe doesn’t work (karaf-camel-amq、karaf-camel-rest-sql: 準備プローブが動作しない)

ENTESB-9953

fabric8-maven-plugin - no RBAC policy matched (fabric8-maven-plugin - マッチする RBAC ポリシーがない)

ENTESB-10371

Spring Boot BOM doesn’t define hibernate-core (Spring Boot BOM が hibernate-core を定義しない)

ENTESB-10361

camel-undertow: xnio-nio not installed (xnio-nio がインストールされない)

ENTESB-9622

karaf image has wrong KARAF_FRAMEWORK_VERSION env (karaf イメージに誤った KARAF_FRAMEWORK_VERSION env がある)

ENTESB-10422

No license information available for: org.apache.kafka:kafka-clients (org.apache.kafka:kafka-clients のライセンス情報がない)

ENTESB-10419

Syndesis uses different version of spring boot than Fuse dists (Syndesis が Fuse ディストリビューションとは異なるバージョンの Spring boot を使用する)

ENTESB-10352

Fuse 7.3 blacklisted features

ENTESB-10440

spring-camel-dozer: javax.el missmatch

ENTESB-10438

karaf-camel-rest-sql: No bean could be found in the registry for: servlet of type: org.apache.camel.spi.RestConsumerFactory (タイプ org.apache.camel.spi.RestConsumerFactory のサーブレットのレジストリーに bean が見つからない)

ENTESB-10439

karaf-camel-amq: ClassNotFoundException: io.netty.handler.ssl.OpenSslX509KeyManagerFactory not found by io.netty.handler

ENTESB-10017

CVE-2018-11788 karaf: XML external entity processing [fuse-7.2.0] (XML 外部エンティティー処理 [fuse-7.2.0])

ENTESB-10396

ReadConsoleInput error in Karaf Console on Windows Server 2016 (Windows Server 2016 の Karaf Console の ReadConsoleInput エラー)

ENTESB-10332

Hawtio: error while installing feature from general Features page (汎用 Features からの機能のインストール中にエラー)

ENTESB-10276

"Hawtio + Keycloak - no ""logout"" button/link" (「logout」ボタン/リンクがない)

ENTESB-9137

Hawtio: Installation of some features disconnects the Hawtio console (一部機能のインストールによって Hawtio コンソールの接続が切断される)

ENTESB-9453

"Version in Fuse Online support page still contains ""Ignite""" (Fuse Online サポートページのバージョンに「Ignite」が含まれる)

ENTESB-9208

XA transaction doesn’t work with MSSQL database (XA トランザクションが MSSQL データベースと動作しない)

ENTESB-9736

org.apache.kafka:kafka_2.11:jar:2.0.0.redhat-00003 not built for Camel (org.apache.kafka:kafka_2.11:jar:2.0.0.redhat-00003 はCamel 向けにビルドされていない)

ENTESB-9211

"Failure in loading native library db2jcct2 (ネイティブライブラリー db2jcct2 のロードに失敗)

ENTESB-10472

application-templates: points to wrong spring-boot-camel-xa tag (application-templates: 誤った spring-boot-camel-xa タグを示す)

ENTESB-10078

Missing javax.annotation 1.3 version in Karaf (Karaf に javax.annotation 1.3 バージョンがない)

ENTESB-10086

"One of the dependency ""json-smart-action"" for camel-jsonpath feature is not listed in redhat-fuse-7.2.0-offline-manifest file." (camel-jsonpath 機能の依存関係の 1 つ json-smart-action が redhat-fuse-7.2.0-offline-manifest ファイルにリストされない)

ENTESB-10444

Include this upstream jira https://issues.apache.org/jira/browse/CAMEL-12638 in fuse 7.3 (アップストリーム jira https://issues.apache.org/jira/browse/CAMEL-12638 を Fuse 7.3 に追加)

ENTESB-9926

Incorrect label - Generate Fuse 7.1 Camel Project (誤ったラベル - Generate Fuse 7.1 Camel Project)

ENTESB-10127

CXF http-undertow transport does not work with mutual SSL when setting both want and required attributes to true (want および required 属性を両方 true に設定すると CXF http-undertow トランスポートが相互の SSL と動作しない)

ENTESB-10429

Camel version not substituted for productized version in syndesis' integration-bom (syndesis の integration-bom で Camel バージョンが製品化されたバージョンに対して置き換えされない)

ENTESB-10468

[Hawtio] Direct url gives an access to Hawtio without authentication (認証がなくても URL で直接 Hawtio にアクセスできる)

ENTESB-10184

CxfEndpointBeansTest tests fail after upgrading to blueprint.core 1.10 (blueprint.core 1.10 へのアップグレード後に CxfEndpointBeansTest テストに失敗する)

ENTESB-10533

istio booster documentation issues (istio ブースタードキュメントの問題)

ENTESB-10393

Fuse 7.3 CR1 on EAP doesn’t contain productized quickstarts (Fuse 7.3 CR1 on EAP に製品化されたクイックスタートが含まれない)

ENTESB-10249

Jackson bundle is missing in rhba-features file (rhba-features ファイルに Jackson バンドルがない)

ENTESB-10576

Quickstarts are pointing to non-productized BOMs (クイックスタートが製品化されていない BOM を示している)

ENTESB-10009

Restore Fusesource components for EAP-7.2 (EAP 7.2 の Fusesource コンポーネントのリストア)

ENTESB-10549

CVE-2018-11788 karaf: XML external entity processing [fuse-6.3.0] (XML 外部エンティティー処理 [fuse-6.3.0])

ENTESB-10383

EAR deployments may fail with NPE in deployment settings (デプロイメントの設定で NPEの により EAR デプロイメントに失敗する)

ENTESB-9191

Multiple Elytron security domains per WAR for CXF endpoints (CXF エンドポイントで WAR ごとに複数の Elytron セキュリティードメイン)

ENTESB-9733

Update to EAP 7.2 (EAP 7.2 への更新)

ENTESB-10512

In Fuse Karaf, etc/key.properties admin role is missing the 'ssh' role by default. (デフォルトで Fuse Karaf の etc/key.properties 管理ロールに ssh ロールがない)

法律上の通知

Copyright © 2019 Red Hat, Inc.
The text of and illustrations in this document are licensed by Red Hat under a Creative Commons Attribution–Share Alike 3.0 Unported license ("CC-BY-SA"). An explanation of CC-BY-SA is available at http://creativecommons.org/licenses/by-sa/3.0/. In accordance with CC-BY-SA, if you distribute this document or an adaptation of it, you must provide the URL for the original version.
Red Hat, as the licensor of this document, waives the right to enforce, and agrees not to assert, Section 4d of CC-BY-SA to the fullest extent permitted by applicable law.
Red Hat, Red Hat Enterprise Linux, the Shadowman logo, the Red Hat logo, JBoss, OpenShift, Fedora, the Infinity logo, and RHCE are trademarks of Red Hat, Inc., registered in the United States and other countries.
Linux® is the registered trademark of Linus Torvalds in the United States and other countries.
Java® is a registered trademark of Oracle and/or its affiliates.
XFS® is a trademark of Silicon Graphics International Corp. or its subsidiaries in the United States and/or other countries.
MySQL® is a registered trademark of MySQL AB in the United States, the European Union and other countries.
Node.js® is an official trademark of Joyent. Red Hat is not formally related to or endorsed by the official Joyent Node.js open source or commercial project.
The OpenStack® Word Mark and OpenStack logo are either registered trademarks/service marks or trademarks/service marks of the OpenStack Foundation, in the United States and other countries and are used with the OpenStack Foundation's permission. We are not affiliated with, endorsed or sponsored by the OpenStack Foundation, or the OpenStack community.
All other trademarks are the property of their respective owners.

このページには機械翻訳が使用されている場合があります (詳細はこちら)。