38.3.2. コンポーネントの設定

概要

コンポーネントを追加する場合は、Apache Camel Spring 設定ファイル (META-INF/spring/camel-context.xml) でコンポーネントを設定します。コンポーネントを見つけるために、コンポーネントの URI 接頭辞は Spring 設定の bean 要素の ID 属性と照合されます。コンポーネント接頭辞が bean 要素 ID と一致する場合、Apache Camel は参照されたクラスをインスタンス化し、Spring 設定に指定されたプロパティーを注入します。

注記

このメカニズムは自動検出よりも優先されます。CamelContext が必須 ID で Spring Bean を見つけた場合は、自動検出を使用したコンポーネントの検索は行われません。

コンポーネントクラスで Bean プロパティーを定義します。

コンポーネントクラスに注入するプロパティーがある場合は、これを Bean プロパティーとして定義します。以下に例を示します。

public class CustomComponent extends
  DefaultComponent<CustomExchange> {
    ...
    PropType getProperty() { ... }
    void setProperty(PropType v) { ...  }
}

getProperty() メソッドと setProperty() メソッドは、プロパティー の値にアクセスします。

Spring のコンポーネントの設定

Spring でコンポーネントを設定するには、例38.1「Spring でのコンポーネントの設定」 にあるように設定ファイル META-INF/spring/camel-context.xml を編集します。

例38.1 Spring でのコンポーネントの設定

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xsi:schemaLocation="
       http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-2.0.xsd
       http://camel.apache.org/schema/spring http://camel.apache.org/schema/spring/camel-spring.xsd">

  <camelContext id="camel" xmlns="http://camel.apache.org/schema/spring">
    <package>RouteBuilderPackage</package>
  </camelContext>

  <bean id="component-prefix" class="component-class-name">
    <property name="property" value="propertyValue"/>
   </bean>
</beans>

component-prefix の ID が付いた bean 要素は component-class-name コンポーネントを設定します。property 要素を使用して、プロパティーをコンポーネントインスタンスに注入することができます。たとえば、前述の例の property 要素は、コンポーネントで setProperty() を呼び出して、propertyValue の値を property プロパティーに注入します。

例38.2「Spring JMS コンポーネントの設定」 は、ID が jms と等しい bean 要素を定義して Apache Camel の JMS コンポーネントを設定する方法の例を示しています。これらの設定は Spring 設定ファイル (camel-context.xml) に追加されます。

例38.2 Spring JMS コンポーネントの設定

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://www.springframework.org/schema/beans"
       xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
       xsi:schemaLocation="
       http://www.springframework.org/schema/beans http://www.springframework.org/schema/beans/spring-beans-2.0.xsd
       http://camel.apache.org/schema/spring http://camel.apache.org/schema/spring/camel-spring.xsd">

  <camelContext id="camel" xmlns="http://camel.apache.org/schema/spring">
    <package>org.apache.camel.example.spring</package> 1
  </camelContext>

  <bean id="jms" class="org.apache.camel.component.jms.JmsComponent"> 2
    <property name="connectionFactory"3
       <bean class="org.apache.activemq.ActiveMQConnectionFactory">
         <property name="brokerURL"
                   value="vm://localhost?broker.persistent=false&amp;broker.useJmx=false"/> 4
       </bean>
    </property>
  </bean>
</beans>
1
CamelContext は、指定された Java パッケージ (org.apache.camel.example.spring) にある RouteBuilder クラスを自動的にインスタンス化します。
2
ID jms の付いた bean 要素は、JMS コンポーネントを設定します。Bean ID は、コンポーネントの URI 接頭辞に対応します。たとえば、ルートが URI でエンドポイント (jms://MyQName) を指定する場合、Apache Camel は jms bean 要素の設定を使用して JMS コンポーネントを自動的に読み込みます。
3
JMS は、メッセージングサービスのラッパーです。JmsComponent クラスに connectionFactory プロパティーを設定して、メッセージングシステムの具象実装を指定する必要があります。
4
この例では、JMS メッセージングサービスの具象実装は Apache ActiveMQ です。brokerURL プロパティーは、メッセージブローカーがローカルの Java 仮想マシン (JVM) に組み込まれている ActiveMQ ブローカーインスタンスへの接続を初期化します。ブローカーが JVM にない場合、ActiveMQ はオプション broker.persistent=false (ブローカーはメッセージを永続化しない) および broker.useJmx=false (ブローカーは JMX ポートを開かない) でインスタンス化します。