2.10. 定期実行ルートポリシー

2.10.1. 定期実行ルートポリシーの概要

概要

定期実行ルートポリシーは、実行時にルートに影響するイベントをトリガーすることができます。特に、現在利用可能な実装では、ポリシーで指定された任意の時刻 (または複数時刻) にルートを開始、停止、中断、または再開することができます。

タスクのスケジューリング

定時実行ルートポリシーは、次のようなイベントを発生させることができます。

  • ルートの開始: 指定した時刻 (または複数時刻) でルートを開始します。このイベントは、ルートが現在停止状態にあり、起動を待っている場合にのみ有効になります。
  • ルートの停止: 指定した時刻 (または複数時刻) でルートを停止します。このイベントは、ルートが現在アクティブの場合にのみ有効になります。
  • ルートの一時停止: ルートの先頭にあるコンシューマーエンドポイントを (from() で指定したように) 一時的に非アクティブにします。ルートの残りの部分はアクティブですが、クライアントはルートに新しいメッセージを送信することはできません。
  • ルートの再開 : ルートの先頭にあるコンシューマーエンドポイントを再アクティブにし、ルートを完全にアクティブな状態に戻します。

Quartz コンポーネント

Quartz コンポーネントは、ジョブスケジューラーのオープンソース実装である Terratania の Quartz をベースにした Timer コンポーネントです。Quartz コンポーネントは、単純な定期実行ルートポリシーと cron 定期実行ルートポリシーの両方の基礎となる実装を提供しています。